62件中 41 - 50件表示
  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た北海道鵡川高等学校

    3年春に秋の試合内容が高く評価され、逆転で第81回選抜に出場。初戦の鵡川高校戦では最速152km/hを記録、9回1死まで無安打の投球で2安打完封。2回戦明豊戦でも9安打を浴びたが、勝負どころでは凄みを見せ2試合連続の完封。準々決勝・南陽工戦ではビハインドの状況でリリーフ登板、4回無失点で逆転勝利。準決勝・利府戦では2点本塁打を浴び初失点を喫したが5安打2失点完投。決勝では、清峰高校の今村猛(現・広島)との投手戦になるも0対1で敗れ、岩手県勢初の優勝とはならなかった。3年夏は春に続き第91回選手権に出場。春の選抜決勝で戦った清峰高校は、長崎大会準々決勝で長崎日大高校に敗れていたが、選手権1回戦で奇しくも清峰を破った長崎日大とあたり、3本塁打を打たれながらも8対5で勝利。岩手県勢では夏の甲子園41年ぶりのベスト8進出を決めた東北高校戦では自己最速となる154km/hをマーク(甲子園の電光掲示板には154km/hと表示、ロッテスカウトのスピードガンでは155km/hを計時)。準々決勝では今宮健太(現・ソフトバンク)を擁する明豊高校と当たり、4回までパーフェクトと好投を見せ、7対6で勝利するも、腰痛を訴え5回にベンチに退いた。準決勝の中京大中京戦では背筋痛のため先発せず、4回2死満塁から登板するも打ち込まれ、わずか11球でマウンドを降板、1対11で敗れた。その後の精密検査で、左の5本目の肋骨が折れていたことが判明した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たスライダー (球種)

    肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいフォームから投げる平均球速約140km/h、最速155km/h(プロ入り後の最速は152km/h)のストレートと、スライダー、スプリットチェンジ、ツーシーム、縦のカーブを武器とし、他にもフォークボール、カットボール、チェンジアップを投げ、クイックも1.0秒台を記録する。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た西武ドーム

    初登板・初先発:2011年6月12日、対阪神4回戦(西武ドーム)、2回1/3を4失点菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た神戸総合運動公園野球場

    初セーブ:2012年7月15日、対オリックス10回戦(ほっともっとフィールド神戸)、6回裏に2番手として救援登板・完了、4回無失点菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たアメーバブログ

    菊池雄星 オフィシャルブログ 「You Say Dream.」 Powered by Ameba(2011年3月28日 - )菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た大阪ドーム

    初勝利:2011年6月30日、対オリックス6回戦(京セラドーム大阪)、5回2失点菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た東北福祉大学

    1月19日、球団から登録名を「雄星」とすることが発表された。このため背ネームが「KIKUCHI」のユニフォームは入団発表で着用しただけで、キャンプからは背ネームも「YUSEI」となった。2月16日には入学願書を提出していた東北福祉大学総合福祉学部通信教育部に合格。これは、野球選手を引退後もスムーズに働けるようにとの考えからである。また、プロ入り後に大学に合格した例は極めて珍しく、プロ野球選手としての生活の傍ら、通信教育で教員免許取得を目指すこととなった。同年の新人としては非常に注目され、かつ契約金等も高かったことから、その契約金を元手に「ぜひ先輩にも使ってほしい」との心意気で、3月24日には420万円の酸素カプセルを購入し、寮の自室に設置した。しかし、部屋の一角を大きく占有したうえ、取扱説明書をよく読まずに操作したため、機械から蒸気が出て部屋の温度が30度という熱帯状態を作りだした揚句、故障したという。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たカット・ファスト・ボール

    肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいフォームから投げる平均球速約140km/h、最速155km/h(プロ入り後の最速は152km/h)のストレートと、スライダー、スプリットチェンジ、ツーシーム、縦のカーブを武器とし、他にもフォークボール、カットボール、チェンジアップを投げ、クイックも1.0秒台を記録する。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た三重殺

    、開幕を二軍で迎え、稲尾和久の背番号『24』が永久欠番となることを記念するメモリアルゲームとして開催された7月1日の日本ハム戦で一軍に昇格し先発。勝敗はつかず、8回を投げ6安打3失点の投球だったが、プロ入り後の最速となる150km/hを記録。この試合ではこのシーズン初の三重殺が達成された。15日のオリックス戦では6回から登板し4回を無失点に抑え、プロ入り後初セーブを記録。8月から9月にかけては8試合に先発し3勝2敗、防御率2.20、WHIP1.05と好投を続けた。12月4日に300万円増の年俸2300万円で契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た第89回全国高等学校野球選手権大会

    高校1年時、第89回夏の甲子園に出場。一回戦・新潟明訓高校戦にリリーフ登板し5回を1失点に抑えるもその1点が決勝点になりに0対1で敗退。この試合では145km/hの速球を投げたが、速球にこだわりすぎたことにより制球が乱れ、秋の県大会では1回戦敗退に終わった。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「菊池雄星」のニューストピックワード