661件中 91 - 100件表示
  • 標準レベルキャリア・コンサルタント

    標準レベルキャリア・コンサルタントから見た雇用雇用

    厚生労働省は、個人の主体的なキャリア形成や求人・求職のマッチングを支援するため、キャリア・コンサルティングを担う人材(キャリア・コンサルタント)の養成を推進している。そのため、職業能力評価推進給付金(キャリア形成促進助成金)は、民間機関が実施しているキャリア・コンサルタントに関する能力評価試験を雇用する労働者に受けさせる事業主に対して支給される。標準レベルキャリア・コンサルタント フレッシュアイペディアより)

  • 糸満売り

    糸満売りから見た雇用雇用

    特に沖縄本島の北部(山原)や離島には貧困層が非常に多く、多くの少年が糸満売りに出された。兄弟全員が売りに出されたり、家族を救うために本人が志願して売りに出された例もある。彼らは「雇子(ヤトイングァ)」と呼ばれ、雇用主の下で住み込みで働き、糸満漁業の技術を叩き込まれた。糸満売り フレッシュアイペディアより)

  • 大衆国家

    大衆国家から見た雇用者雇用

    大衆国家(たいしゅうこっか)とは国家の形態の一つ。これは大衆社会を基盤として成立している国家であり、19世紀から20世紀にかけて現れてきた。これは産業革命の進展により出来始めた国家であり、国家が独占資本主義になったならば、人口の多くは雇用者となり、国民の消費財や生活様式というのは一様化した。そしてマス・コミュニケーションも拡張し始めて、国民の意識面も一様化してきた。このようにして国民というのは大衆と呼ぶべき存在となっていき、このような大衆を基盤として成り立っている国家というのが大衆国家というわけである。大衆国家 フレッシュアイペディアより)

  • 給料日

    給料日から見た雇用主雇用

    給料日(きゅうりょうび、(ペイデイ、ペイデー))とは、雇用主が従業員に給料を支払う日のこと。何日に一度支払うかによって日払い、週払い、月払いなどの種類があり、日本の月払いでは下1桁が5、0の日または月末のことが多い。給料日 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用調整助成金

    雇用調整助成金から見た被雇用者雇用

    景気変動や金融危機などの理由で企業の収益が悪化し、被雇用者を一時的に休業・教育訓練・出向させる場合に、日本国政府がその費用の一部を負担するというもの。雇用調整助成金 フレッシュアイペディアより)

  • 第2回20か国・地域首脳会合

    第2回20か国・地域首脳会合から見た雇用雇用

    また、首脳宣言の原案には雇用の維持・創出として2009年に1900万人、2010年に500万人との数値目標が明記されていたが、閉幕直前に首脳の一人が数値の根拠について質問したところ、誰も算出根拠を答えられず議論が中断する事態となり、首脳宣言から数値目標は削除された。第2回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • バスター・マーティン

    バスター・マーティンから見た雇用雇用

    ピエール・ジーン・"バスター"・マーティン(Pierre Jean "Buster" Martin、1906年9月1日 ? - 2011年4月12日)は、1906年生まれと自称し、イギリスで最も高齢の被雇用者と称していた人物。バスター・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • 障害を持つアメリカ人法

    障害を持つアメリカ人法から見た雇用雇用

    一定の公的機関や15人以上の従業員を有する民間企業などに雇用時において身体や精神の障害を理由とする差別的取扱いを行うことを禁ずるもの。定義の第9項には「合理的配慮」について、設備を利用可能なものにすること(A)、求職にあたっての介護機具の調整、訓練のための器具や政策の適切な調整と変更、資格を有した読み上げ人や通訳の配備(B)が規定されている。この項目は障害者権利条約第2条が定義する「合理的配慮」にも影響を与えた。障害を持つアメリカ人法 フレッシュアイペディアより)

  • 労働対象

    労働対象から見た雇用雇用

    労働対象(ろうどうたいしょう)とは、経済学用語の一つ。これは労働過程において、人間が働きかけることで変化を与えるような対象のこと。原材料、土地、樹木、鉱石などが労働対象に当てはまる。マルクス経済学においては、資本主義社会の資本家は労働対象・労働手段を購入し、これらを雇用された労働者が使用することで商品を生産・販売していき、この過程によって資本家は利潤を得ている。労働対象 フレッシュアイペディアより)

  • ファン・ネレ工場

    ファン・ネレ工場から見た労使関係雇用

    ファン・ネレ工場は1931年に竣工したが、実現したのは当初の建築計画の半分ほどであった。その理由としては、世界恐慌(1929年)の影響による業績の悪化や、ケース・ファン・デル・レーウが思い描いたような理想的な労使関係の創出にはつながらなかったことによる彼の失望などが挙げられている。ファン・ネレ工場 フレッシュアイペディアより)

661件中 91 - 100件表示

「雇用問題」のニューストピックワード