661件中 11 - 20件表示
  • コロンビア (サウスカロライナ州)

    コロンビア (サウスカロライナ州)から見た雇用雇用

    しかし、1865年2月17日、南北戦争の最中、コロンビアの大部分は北軍に破壊された。その後の市の建てなおしにおいては、元黒人奴隷が州議会に参政したこともあって、全米からレポーター、ジャーナリスト、旅行者が集まり、注目を集めた。建設ブームも起こり、鉄道の修復も進み、周辺への雇用創出ともなった。コロンビア (サウスカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 内定辞退

    内定辞退から見た雇用契約雇用

    内定辞退(ないていじたい)とは、就職活動、転職などで用いられている用語である。これは内定となり就職が決まっていたものの、本人の都合でそれを辞退することである。内定が成立した時点で雇用契約は成立したこととなるため、内定辞退をしたならば契約の不履行ということになる。だが憲法上では職業選択の自由が保障されているため、内定辞退は認められている。それでも内定を承諾した後には企業側は受け入れ準備を行っているということもあるため、内定辞退をしたならば企業側から損害賠償を請求される場合がある。採用経費は会社が負担すべきものであるため、内定辞退をしようとも入社予定者が求められるということはない。民法においては退職を伝えてから2週間が経過すれば雇用契約は解除できるということになっているため、入社直前になってから内定辞退をした場合に損害賠償が求められるならば、2週間勤務した場合に会社が得られる利益相当額と考えられる。学生に対して内定を出した場合にでも、その学生の親が入社を認めないために内定辞退をするといった場合が存在している。そのために企業側はオヤカクを行うようになっている場合がある。内定辞退 フレッシュアイペディアより)

  • 新卒一括採用

    新卒一括採用から見た雇用雇用

    新卒一括採用(しんそついっかつさいよう)は、企業が卒業予定の学生(新卒者)を対象に年度毎に一括して求人し、在学中に採用試験を行って内定を出し、卒業後すぐに勤務させるという世界に類を見ない日本独特の雇用慣行である。新卒一括採用 フレッシュアイペディアより)

  • 逆差別

    逆差別から見た雇用雇用

    アメリカなどの国々においては、過去の差別政策の結果により生じた民族間、経済的階級間の格差を是正するために、伝統的に被差別グループ(少数民族、貧困層など)に属する人々を企業や官公庁の雇用や大学入学などで優遇する積極的差別是正措置が行われた。逆差別 フレッシュアイペディアより)

  • 地域おこし

    地域おこしから見た雇用雇用

    地方の雇用の絶対数が少ない。あるいは減っている。地域おこし フレッシュアイペディアより)

  • 整理解雇

    整理解雇から見た雇用雇用

    整理解雇(せいりかいこ)とは、解雇の種類の中の「普通解雇」に属するもので、法律上の用語ではなく、裁判での判例により浮上してきた労働慣例での用語である。事業を継続することが困難な場合に行う人員整理としての使用者からの労働契約(雇用契約)の解除のことを指す。整理解雇 フレッシュアイペディアより)

  • 日本未来の党

    日本未来の党から見た雇用雇用

    大胆な省エネルギーや再生可能エネルギーの飛躍的な普及を実現して石油・石炭への依存を減らし、地域の雇用を拡大し、経済を活性化する。日本未来の党 フレッシュアイペディアより)

  • 委任

    委任から見た雇用雇用

    委任は雇用や請負などと同様に労務供給契約の一種である。委任 フレッシュアイペディアより)

  • 契約

    契約から見た雇用雇用

    労働法・経済法・社会法の分野では契約内容決定の自由は制限されており、雇用契約や不動産賃貸借契約などに関する規定は、労働法の各法、借地借家法や農地法などの特別法により強行法規化している。契約 フレッシュアイペディアより)

  • ワークシェアリング

    ワークシェアリングから見た雇用雇用

    ワークシェアリング()とは、勤労者同士で雇用を分け合うこと。各々の労働時間を短くする時短によるのが典型的な方法である。ワークシェアリング フレッシュアイペディアより)

661件中 11 - 20件表示

「雇用問題」のニューストピックワード