661件中 21 - 30件表示
  • 労働基本権

    労働基本権から見た雇用雇用

    労働基本権(ろうどうきほんけん)とは労働者がその労働に関して持つ権利のことであり、特に雇用者に対し労働条件・労働環境の促進または維持を求める行為に係る基本権を言う。労働基本権 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊作戦執行部

    特殊作戦執行部から見た雇用雇用

    SOEは英国の主要な同盟国であったアメリカ合衆国およびソビエト連邦の合意の元、これらの同盟国が特別に定める場合を除き、基本的に枢軸国および被占領国全域での展開が認められており、任務によっては中立国領内で活動する場合もあった。SOEが直接雇用していた構成員は13,000名ほどで、そのうちおよそ3,200名が女性であった。特殊作戦執行部 フレッシュアイペディアより)

  • Amazon.co.jp

    Amazon.co.jpから見た雇用契約書雇用

    アマゾンジャパンの求職者を取材したジャーナリストの古川琢也による調査報道によれば、アマゾンジャパンの採用担当者は、求職者に対し面接中も内定が出た段階も雇用条件の明示をせず、入社10日前に雇用契約書案を渡たし「契約書を持ち帰っての検討は不可」「この場でサインしなければ内定取り消し」と通告したうえで、基本給に月70時間分の残業代が予め組み込まれていること、賞与の代わりとなる制限付き株が4年勤続しないと満額支給されないこと、「できるだけシフトは固定」「転勤なし」との面接時の約束は含まれないことなど、不利益条件を含んだ雇用契約書への同意を事実上強制した。こうしたアマゾンジャパンの採用活動を古川は「姑息な採用手口」と批判している。Amazon.co.jp フレッシュアイペディアより)

  • 日本の年金

    日本の年金から見た雇用雇用

    また、被用者を有する企業や組織には所得に応じて保険料が課される公的年金(厚生年金や共済年金)への加入が義務付けられている。日本の年金 フレッシュアイペディアより)

  • 日雇い

    日雇いから見た雇用雇用

    日雇い(ひやとい)とは、雇用形態のひとつ。一日限りの有期労働契約でやとうこと。またはそのやとわれる人。法律上は、これより広い意味で用いられることもある。「ニコヨン」などの俗称がある。日雇い フレッシュアイペディアより)

  • トライアル雇用

    トライアル雇用から見た雇用雇用

    トライアル雇用(とらいあるこよう)とは、公共職業安定所(ハローワーク)の紹介によって、特定の求職者を短期間の試用期間を設けて雇用し、企業側と求職者側が相互に適性を判断した後、両者が合意すれば本採用が決まる制度。トライアル雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 偽装請負

    偽装請負から見た雇用雇用

    一般に使用者が雇用契約を締結する場合には、雇用契約に基づいて労務を提供する者は労働者として、労働法による保護を受けることになる。ところが、民法におけるいわゆる典型契約としては、類似するものとして請負という契約類型が用意されており、請負人にはいわゆる労働法の適用がないのが原則である。偽装請負 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た雇用雇用

    中野剛志は2011年現在のアメリカは貧富の格差が拡大し、中間層が失われており、オバマ政権も中間層の再生に失敗したとしており、アメリカが対外的に稼げそうな分野は、農業のような一次産業か、金融・保険・ソフトウェアのような三次産業であるが、農業は大規模効率化しており、金融・保険・ソフトウェアの分野で稼ぐことができるのは高学歴のエリート層だけであり、雇用の拡大や所得格差の是正には程遠いとしている。さらに、格差是正には権力と地位を支配している富裕層が既得権益を諦めて所得の再分配に同意する必要があることや、アメリカはイデオロギー的に貧富の格差には寛容な国民であること、自助努力を求める建国以来の精神などが障害となっており、アメリカはさらなる金融化・帝国化を進め、グローバル・インバランスをさらに拡大させていくというプロセスに入っていかざるを得ないとしている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 給料泥棒

    給料泥棒から見た雇用雇用

    給料泥棒(きゅうりょうどろぼう)とは日本においての会社の社員ないし、使用者に雇用されている労働者を形容する言葉。給料泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション事件

    日本ボクシングコミッション事件から見た雇用雇用

    A1は2012年5月7日、JBCを相手どり、雇用契約上の権利を有する地位にあることの確認等を求め、東京地方裁判所に提訴した。A1の懲戒解雇を受け、安河内はもはやJBC内の自浄作用で組織を変えることは不可能と考え、2012年5月24日付でJBCに対し、本部事務局長であることの確認、配転先に勤務する雇用契約上の義務のないことの確認、本部事務所・試合会場への立入禁止の業務命令が無効であることの確認などを求め東京地方裁判所に訴えを提起した。日本ボクシングコミッション事件 フレッシュアイペディアより)

661件中 21 - 30件表示

「雇用問題」のニューストピックワード