371件中 21 - 30件表示
  • 採用の自由

    採用の自由から見た雇用雇用

    採用の自由(さいようのじゆう)とは、雇用主がどのような者をどのような条件で雇用するかは自由であるとした法律の原則。採用の自由 フレッシュアイペディアより)

  • 新中間層

    新中間層から見た雇用雇用

    なお、社会学の立場では、新中間層に対応する階層は自作農や商店主などの旧中間層である。2000年代初頭の日本の政治状況では、都市部の新中間層が民主党を支持し、農村部の旧中間層が自由民主党を支持しているとも考えられていた。しかし、旧中間層が僅かとは言え生産手段を私有しているのに対し、新中間層は生産手段を私有している資本に雇用されている点に注目しなければならない。新中間層 フレッシュアイペディアより)

  • 関連病院

    関連病院から見た雇用雇用

    日本では、医師数が医療機関の数に対して十分ではない。そのため、公立・私立を問わず多くの病院で医師の確保が問題となっている。そこで、ある程度の質を保証された医師を安定して確保する方法として、大学病院の各診療科の医局から医局員の派遣を受けることがよく用いられる。この場合、通常の労働者派遣事業とは違い、病院は医師を直接雇用し給与を支払う。しかし派遣した医師の交代など人事は医局側に属するのが通例である。関連病院 フレッシュアイペディアより)

  • 家田愛子

    家田愛子から見た雇用雇用

    家田 愛子(いえだ あいこ、1951年 - )は、日本の法学者・文筆家。札幌学院大学教授。専門は労働法、労働法制のジェンダー法。特に日本や、英米法圏・EU圏の雇用法制を研究。愛知県名古屋市生まれ。家田愛子 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀直人

    志賀直人から見た雇用雇用

    雇用の法学』(中央経済社、1997年)志賀直人 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の労働界

    2010年の労働界から見た雇用雇用

    2010年の労働界では、2010年(平成22年)の労働運動、労働環境、雇用、賃金など労働分野に関する出来事について記述する。2010年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 受託訓練

    受託訓練から見た雇用雇用

    中小企業事業主は当該雇用者の訓練修了後も継続雇用すること。受託訓練 フレッシュアイペディアより)

  • 受託訓練

    受託訓練から見た雇用者雇用

    国及び都道府県が中小企業事業主(中小企業基本法に基づく中小企業)に対する援助等の一環として、中小企業事業主が自らの雇用者に対して訓練が行いがたい場合、事業主と公共職業訓練の長の間で協定を結び、職業訓練を行うものである。受託訓練 フレッシュアイペディアより)

  • ものづくり

    ものづくりから見た雇用雇用

    「ものづくり基盤技術は、我が国の基幹的な産業である製造業の発展を支えることにより、生産の拡大、貿易の振興、新産業の創出、雇用の増大等国民経済のあらゆる領域にわたり、その発展に寄与するとともに、国民生活の向上に貢献してきた。また、ものづくり基盤技術に係る業務に従事する労働者は、このようなものづくり基盤技術の担い手として、その水準の維持及び向上のために重要な役割を果たしてきた。ものづくり フレッシュアイペディアより)

  • 社会参加

    社会参加から見た雇用雇用

    従来、通常の就職が出来ない障害者は、地域活動支援センター(旧・小規模作業所など)、病院などに設置されているデイケアのお世話になるしかなかった。が、近年、障害者雇用制度が創設され、一部仕事ができないことがあることを承知の上で雇用し、代わりに政府から補助金の交付を受ける事業所が増えている。社会参加 フレッシュアイペディアより)

371件中 21 - 30件表示

「雇用問題」のニューストピックワード