371件中 31 - 40件表示
  • 社会人

    社会人から見た雇用雇用

    現代日本のような会社社会(会社と社会が同一視されるような社会)にあっては、社会人になることは会社員になることとほぼ同義化されており、会社組織に所属して一定の雇用上の地位を得ること(例えば正社員となること)を指し示すことも多い。社会人 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・フィリップス

    フレデリック・フィリップスから見た雇用雇用

    第二次世界大戦時、オランダはナチス・ドイツの占領下にあり、会社も軍需工場として通信機器などの製造をさせられていた。そのため連合国軍の攻撃目標となり、会社は大被害を受けた。彼はナチスによるユダヤ人の迫害や虐殺を知り、軍需物資の増産を口実にユダヤ人を 雇用、彼等を事実上工場に匿うことで命を救った。戦後は会社を再建するため奔走し、世界的企業へと復興、成長させることに成功する。フレデリック・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • 松井三都男

    松井三都男から見た雇用雇用

    2009年 - 定年退職するが、再雇用される。松井三都男 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本APEC

    2010年日本APECから見た雇用雇用

    9月に奈良市で開かれた観光大臣会合では、アジア太平洋地域における成長にとっての観光の重要性を確認。雇用創出や貧困克服、環境保全に向けて連携して観光振興を図ることを柱とした「奈良宣言」を採択した。2010年日本APEC フレッシュアイペディアより)

  • 第2回20か国・地域首脳会合

    第2回20か国・地域首脳会合から見た雇用雇用

    また、首脳宣言の原案には雇用の維持・創出として2009年に1900万人、2010年に500万人との数値目標が明記されていたが、閉幕直前に首脳の一人が数値の根拠について質問したところ、誰も算出根拠を答えられず議論が中断する事態となり、首脳宣言から数値目標は削除された。第2回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の労働界

    2011年の労働界から見た雇用雇用

    2011年の労働界では、2011年(平成23年)の労働運動、労働環境、雇用、賃金など労働分野に関する出来事について記述する。2011年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 在宅ワーク

    在宅ワークから見た雇用雇用

    雇用関係のある場合とない場合に大別される。前者の場合は、社員がノートパソコンを自宅に持ち帰って仕事をする、あるいは出社せずに自宅で仕事をするようなケースであり、後者は業務委託・請負的なケースである。自営業者的なSOHOが在宅ワークと呼ばれるケースもあるが、SOHOが事業のスタイルを表すのに対して、在宅ワークは勤務のスタイルを表す。1990年代末から2000年代初頭にかけて、「在宅ワーク」という単語がブームとなった時期もあったが、対面で仕事をした方が意思伝達の効率が良いことや、情報漏洩などの問題から、自宅で可能なビジネスはデザインや作曲、著述などクリエイティブな領域を除いて、決して広くはないのが実情である。在宅ワーク フレッシュアイペディアより)

  • 嘱託制度

    嘱託制度から見た雇用雇用

    嘱託制度(しょくたくせいど)とは雇用形態のひとつ。臨時に人材を、非常勤職員(嘱託員)、嘱託社員として雇用する制度。嘱託制度 フレッシュアイペディアより)

  • キャリア裁判官

    キャリア裁判官から見た雇用雇用

    キャリア裁判官(キャリアさいばんかん)とは、日本において、司法試験合格後、司法修習を経て長期の雇用を前提に裁判官として任官した者に対する俗称。職業裁判官とも言われる。キャリア裁判官 フレッシュアイペディアより)

  • 世代間競争

    世代間競争から見た雇用雇用

    経済においては、特に雇用の面で顕著である。世代間競争 フレッシュアイペディアより)

371件中 31 - 40件表示

「雇用問題」のニューストピックワード