371件中 41 - 50件表示
  • マヌエル・マリン

    マヌエル・マリンから見た雇用雇用

    協議はうまく進み、スペインは1986年1月1日にポルトガルとともに欧州諸共同体に加盟した。マリンはスペイン出身として初の欧州委員会委員に任命され、要職につくことになった。当時の欧州委員会は規模の大きい国からは2人の委員が任命され、1人は政権党から、もう1人は野党から選ばれることになっていた。マリンは第1次ドロール委員会の副委員長に指名され、社会問題、教育、雇用を担当することになった。これらの分野はマリンが委員会に加わる前年の1985年に発足した第1次ドロール委員会においてはピーター・サザーランドが担当していた。マリンは欧州統合の象徴としてなおも推進されている Erasmus Programme の提唱にあたるなど、数多くの職責を担っていたが、その多くでマリンはスペインの欧州諸共同体への統合に大きく寄与していった。マヌエル・マリン フレッシュアイペディアより)

  • ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派

    ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派から見た雇用雇用

    ブータン政府は、無料の教育と雇用を保証する必要がある。ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派 フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見た雇用雇用

    勤労: 雇用の創出と喪失、労働基準(産業医学)、職場の安全、職場の信頼関係、職務への不安健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • アフメド・アブドラ・モハメド・サンビ

    アフメド・アブドラ・モハメド・サンビから見た雇用雇用

    貧困問題への対策や、雇用創出、コモロ国家崩壊危機の回避を掲げ、2006年5月14日の大統領選挙に無所属候補として出馬し、アザリ・アスマニ大統領(当時)の支援を受けたイブラヒム・ハリディや、フランス空軍の退役軍人で連合議会副議長などを歴任したモハメド・ジャーンファリなどを退け、58.02%の得票で当選した。宗教家であるが、コモロをイスラム国家へと改変することを否定し、女性の社会進出を擁護している。アフメド・アブドラ・モハメド・サンビ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉勝

    小泉勝から見た雇用雇用

    志賀町の町長に就任した際には、「拓く」をキーワードとして掲げ、財政の健全化、若年層の雇用、地場産業の活性化、暮らしの安全、教育に力点を置いて町政に取り組むと語った。小泉勝 フレッシュアイペディアより)

  • 臨床研修指定病院

    臨床研修指定病院から見た雇用契約雇用

    「指定」とあるように厚生労働省の審査を受け、指定を受けた病院のみ研修医と雇用契約を結び(研修医であると同時に勤務医でもある)受け入れることができる。臨床研修指定病院 フレッシュアイペディアより)

  • 特産品

    特産品から見た雇用雇用

    それぞれの国や地域では、観光や雇用、収入源などを創出する産業として特産品の新規開拓や生産を大いに奨励しており、観光地との相乗効果で主要な産業へと発展をとげている。こういった観光に役立つ生産物に関しては観光資源にも位置づけられる。特産品 フレッシュアイペディアより)

  • 三助

    三助から見た雇用雇用

    江戸時代初期までは女性(湯女)によってこの種のサービスが提供されていたが、次第に性的なサービス(現在のソープランドに相当する)に変質してゆき、時の為政者によって禁止された。湯女の禁止に伴い、代わって男性(三助)が浴客の垢かきの役割を担うようになった。三助は、銭湯の主に仕える男衆の中の階級の一つであり、被用者としての最高の位にあたる。三助になるには、まず見習いとして木拾いを勤め、湯を沸かす釜焚きを経て湯番へと昇格する。湯番には湯の調節という役目の他に、浴場の混み具合や流し場の様子を見るという比較的重要な役割があり、そこで多くの経験を積むことでようやく三助へとなることができる。三助 フレッシュアイペディアより)

  • 接遇

    接遇から見た雇用雇用

    クレームは客が商品やサービス内容に不満を抱いた時に発生するが、特に商品品質に問題が無い・接客態度の問題で発生した場合は、対応した従業員の態度以前に、その従業員を雇用する側の教育に疑いの目を向ける事態に発展するケースもある。こうなると幾ら商品品質が良くとも、その前駆段階で否定的に扱われるため、企業にとっては大きな損失となり得る。接遇 フレッシュアイペディアより)

  • 末高信

    末高信から見た雇用雇用

    のちの早稲田大学総長の田中穂積及び海運論担当の教授伊藤重治郎の推薦によって日本郵船公社に入社したのち、再び田中の推薦により1919年(大正8年)に教授候補者として渡米、ペンシルベニア大学の大学院商学部で交通経済学教授のもと学ぶが、法律や数学は最小限度であり、その内容は専ら経営の立場であった。そこでの保険経営学の研究が、戦後の国民皆保険や雇用政策等に関する日本政府への提言に影響したものと思われる。末高信 フレッシュアイペディアより)

371件中 41 - 50件表示

「雇用問題」のニューストピックワード