661件中 61 - 70件表示
  • エンプロイアビリティ

    エンプロイアビリティから見た雇用雇用

    エンプロイアビリティとは経営学用語の一つ。企業が従業員を雇用する場合に、その従業員が持っている雇用に値する能力のこと。現代社会では産業の変化が激しいことや、終身雇用制の崩壊などで自身の地位の安泰も厳しくなっていることから、従業員は常に自身の能力を高めておいて、異動や転職などといった環境の変化にもスムーズに適応できる必要性が高まってきていることからもエンプロイアビリティというのは重要とされる事柄となっている。そのために従業員の個人は常に自身のキャリアデザインを念頭に置いた上でのエンプロイアビリティの向上のための努力が求められる。企業側にとっても従業員のエンプロイアビリティを伸ばせるような環境を整えておくと言うことで自社の労働力の向上が期待できる。エンプロイアビリティ フレッシュアイペディアより)

  • 特定求職者雇用開発助成金

    特定求職者雇用開発助成金から見た雇用雇用

    特定求職者雇用開発助成金(とくていきゅうしょくしゃこようかいはつじょせいきん)とは、厚生労働省の政策のうち、雇用に関するものであり、事業主のための雇用関係助成金とされるもののうち、対象労働者をハローワーク等の紹介により、継続雇用労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部を助成するものである。特定就職困難者雇用開発助成金とも呼ぶ。特定求職者雇用開発助成金 フレッシュアイペディアより)

  • 心理的契約

    心理的契約から見た雇用雇用

    心理的契約(しんりてきけいやく)とは経営学用語の一つ。これは企業において従業員が雇用されることとなる場合においての契約であるが、内容が暗黙の了解において結ばれるようなもののことを言う。契約というのは通常は契約書などを通じることにより明文化されることとなっているものの、心理的契約にはこのような契約書は存在しない。心理的契約というのは、信頼に基づいた上で結ばれるという側面が強い。心理的契約というのは労働条件や業務内容が状況に応じて変化するということが激しい業界において行われており、そのような業界ならば状況に応じて明文化された契約内容を示すということができないために行われているということである。心理的契約 フレッシュアイペディアより)

  • 労働契約

    労働契約から見た雇用雇用

    労働契約(ろうどうけいやく)とは、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことを内容とする労働者と使用者の間の契約である(労働契約法6条)。契約の形態としては民法上の雇用契約(623条以下に規定がある)とほぼ同じであるが、労働法学では労働契約は従属的な性格を有するなどの点で民法上の雇用契約とは区別して把握されることが多い。なお、一般には民法上の請負契約(632条)や委任契約(643条)は労働契約とは性格が異なるが、これらの場合でも実質的な点から労働契約と評価される場合もある(後述)。労働契約 フレッシュアイペディアより)

  • 労使関係

    労使関係から見た雇用雇用

    労使関係 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用動向調査

    雇用動向調査から見た雇用雇用

    雇用動向調査(こようどうこうちょうさ)とは厚生労働省が定期的に実施している雇用に関する調査。これは統計法に基づいて各年上半期と下半期の年2回の実施である。雇用労働調査では求職者が国内の主要な産業へ就職している状況や、産業に従事していた労働者が離職している状況や事情についての調査が行われている。この調査を通じて国内での労働力の動向や求人情報などの実態を明らかにするということが目的とされている。雇用動向調査 フレッシュアイペディアより)

  • フランス語憲章

    フランス語憲章から見た雇用主雇用

    雇用主と従業員の会話や、企業内部での言語はフランス語に限定することフランス語憲章 フレッシュアイペディアより)

  • ファンダメンタル

    ファンダメンタルから見た雇用雇用

    マクロ経済においては、雇用・生産・物価などの基礎的な事項を指す。それら基礎的な事項を元に、金利や資産価格などが正当化される。ファンダメンタル フレッシュアイペディアより)

  • 直接雇用

    直接雇用から見た雇用雇用

    直接雇用(ちょくせつこよう)とは企業において行われている雇用形態の一つ。これは企業が従業員を採用する際に、企業と従業員の間で直接契約を交わすということで雇用するという形態。これに対して企業と従業員の間に派遣会社などが入るということで、間接的に企業で働くことになるという形態は間接雇用と言う。労働者派遣法においては間接雇用という形態で従業員を受け入れている場合でも、その働く期間が3年を超えるようならば、その従業員に対して直接雇用という形で働くように切り替えるということを申し込むことが義務付けられている。直接雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 新中間層

    新中間層から見た雇用雇用

    なお、社会学の立場では、新中間層に対応する階層は自作農や商店主などの旧中間層である。2000年代初頭の日本の政治状況では、都市部の新中間層が民主党を支持し、農村部の旧中間層が自由民主党を支持しているとも考えられていた。しかし、旧中間層が僅かとは言え生産手段を私有しているのに対し、新中間層は生産手段を私有している資本に雇用されている点に注目しなければならない。新中間層 フレッシュアイペディアより)

661件中 61 - 70件表示