371件中 61 - 70件表示
  • 大韓民国雇用労働部

    大韓民国雇用労働部から見た雇用雇用

    雇用政策の総括、雇用保険、職業能力開発訓練、雇用平等と仕事・家庭の両立支援、勤労条件の基準、勤労者の福利厚生、労使関係の調整、労使協力の増進、産業安全保健、産業災害補償保険、その他雇用と労働に関する事務を遂行する。大韓民国雇用労働部 フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見た雇用雇用

    国際通貨基金(IMF)の支援と助言の元、減税、雇用創出、公共投資、中小企業支援等を内容とする経済政策を打ち出した。特に不良債権処理を促進するための政策を行った。これらの政策は一定の成果を挙げたが、国民には不人気であった。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・セシル・ピグー

    アーサー・セシル・ピグーから見た雇用雇用

    ピグーの著作物は膨大だが、特に「3部作」、すなわち『厚生経済学』、『産業変動論』(初版1927年)、『財政の研究』(初版1928年)が重要とされる。雇用に関するピグー効果を主張し、創成期のケインズ経済学と真っ向から対立した、そのためケインズ、ケインズサーカス、ケインジアンたちとの大論争を巻き起こした。後の経済学者にピグー・ケインズ論争と呼ばれる。この論争で用いたピグーのケインズ経済学批判は現代経済学においても重要なケインズ経済学批判として認識されている。アーサー・セシル・ピグー フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の映画

    1973年の映画から見た雇い人雇用

    グランプリ - 『スケアクロウ』(ジェリー・シャッツバーグ)、『雇い人』(アラン・ブリッジス)1973年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略産業

    戦略産業から見た雇用雇用

    戦略産業(せんりゃくさんぎょう)は経済成長を推進する核になる役割をする産業部門である。生産の波及効果が大きく雇用吸収力が大きい点が特徴である。戦略産業 フレッシュアイペディアより)

  • ハロー・トーキョー

    ハロー・トーキョーから見た雇用雇用

    また、顧客満足の徹底を図るには、まず「乗務員たちの会社への満足度を高める環境を整備しなければならない」との考えに基いて、社員教育や福利厚生が実施されている。さらに「乗務員のために乗務員が集まって創業した会社」であることをアピールしており、慢性的な乗務員不足や退職率の高さといった問題に悩む業種にあって、新入社員や在籍社員の安定した雇用にも成功しているハロー・トーキョー フレッシュアイペディアより)

  • 糸満売り

    糸満売りから見た雇用雇用

    特に沖縄本島の北部(山原)や離島には貧困層が非常に多く、多くの少年が糸満売りに出された。兄弟全員が売りに出されたり、家族を救うために本人が志願して売りに出された例もある。彼らは「雇子(ヤトイングァ)」と呼ばれ、雇用主の下で住み込みで働き、糸満漁業の技術を叩き込まれた。糸満売り フレッシュアイペディアより)

  • 技術士総合技術監理部門

    技術士総合技術監理部門から見た雇用雇用

    3.3.2 雇用管理 :従業員区分、裁量労働制度、ホワイトカラー、ブルーカラー、終身雇用技術士総合技術監理部門 フレッシュアイペディアより)

  • 一人親方

    一人親方から見た雇用雇用

    一人親方(ひとりおやかた)とは、建設業などで労働者を雇用せずに自分自身と家族などだけで事業を行う事業主のこと。もともとは職人をまとめて仕事ができる能力をもっているという職階をしめす。しかし現代においては労務管理上の問題として取り上げられることが多い。一般的には、建設業や林業に携わる個人事業主をさすが、労災保険の特別加入制度(後述)では、一人親方等として、建設業、林業の他に、職業ドライバー、漁業従事者、医薬品の配置販売業、廃棄物処理業、船員を挙げている。なお、建設業には、大工工事業、左官工事業のほかにも、電気通信工事業、しゅんせつ工事業なども含まれる。一人親方 フレッシュアイペディアより)

  • 内定

    内定から見た雇用雇用

    就職活動において内定(ないてい)とは、始期付解約権留保付労働契約と呼ばれる一種の労働契約のことである。一般的な意味と異なり、この場合は正式に労働契約が成立している。内定 フレッシュアイペディアより)

371件中 61 - 70件表示

「雇用問題」のニューストピックワード