661件中 71 - 80件表示
  • 二重忠誠

    二重忠誠から見た雇用雇用

    二重忠誠(にじゅうちゅうせい)とは、経営学用語の一つ。これは企業においての労働者が、所属している企業と労働組合の双方に対して忠誠心を持っているような状態のことをいう。二重忠誠となっているような労働者というのは、企業と労働組合の双方が自身の生活感情の上での一員であり、双方の集団を自身の生活根拠であると感じられている。このような二重忠誠となるのは、企業において労働者の雇用の保証が実現できているためである。そして企業と労働組合の双方が労働者の生活のための経営をできているということである。労働者が二重忠誠となっているような企業というのは、労使協調が実現できている企業であるということでもある。二重忠誠 フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策委員会

    金融政策委員会から見た雇用雇用

    金融政策委員会は総裁、2名の副総裁、チーフ・エコノミスト、エグゼクティブ・ディレクター、4名の外部委員(外部委員は3年ごとに入れ替え。財務大臣より任命される)からなる9名の委員で構成され、それぞれ平等に1票ずつ有している。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁となっている。これは決定投票となった場合その票を実際上の決議とするからである。また会合には大蔵省の代表者が投票権を持たないオブザーバーとして参加する。会合の内容は行内エコノミストや地域代表者がイギリス経済、世界経済に関する資料の提示をし、それを各委員が精査するということが行われていて、決議を取りまとめる第一の目的は、政府が定めたインフレターゲットに基づき物価の安定を図ること。第二が成長や雇用に関わる政府の経済政策を支援することである。金融政策委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 輸入割当制

    輸入割当制から見た雇用雇用

    国内雇用: 輸入量が減少し国内生産量が増えるため、国内の雇用が増加する。輸入割当制 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国の農業

    タイ王国の農業から見た雇用雇用

    農業が収入の観点から相対的な財政的重要性が衰えていくに連れ、1960年からタイ王国の産業化とアメリカナイズが進んだが、雇用と自給自足、地域の社会支援、文化的保護という利益を提供し続けた。技術的及び経済的グローバリゼーションの力は農業を食品産業へ変え続け、その結果、伝統的環境や人間の価値が比較的貧しい地域以外で著しく減少したこのような広がりに小規模農家を晒した。タイ王国の農業 フレッシュアイペディアより)

  • ものづくり基盤技術振興基本法

    ものづくり基盤技術振興基本法から見た雇用雇用

    「ものづくり基盤技術は、我が国の基幹的な産業である製造業の発展を支えることにより、生産の拡大、貿易の振興、新産業の創出、雇用の増大等国民経済のあらゆる領域にわたり、その発展に寄与するとともに、国民生活の向上に貢献してきた。また、ものづくり基盤技術に係る業務に従事する労働者は、このようなものづくり基盤技術の担い手として、その水準の維持及び向上のために重要な役割を果たしてきた。ものづくり基盤技術振興基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 経済新生対策

    経済新生対策から見た雇用雇用

    経済新生対策(けいざいしんせいたいさく)とは1999年に内閣府によって行われていた経済政策である。目的というのは、日本経済にとって必要で避けることのできない経済構造の基本構造と、この根底の発想と概念を改めるということであった。当時はデフレスパイラルに陥りかねなかった経済状況を、大規模かつ迅速な経済政策によって脱却してきた。この結果、金融改革などといった構造改革が進むと同時に国家の経済というのは成長してきたものの、民間においての需要や雇用は厳しい状態であった。そのような時代において、経済新生対策というのは民間の不安を払拭しつつ、公需から民需への切り替えをはかり、国内経済を回復軌道に乗せるとともに、新たな考え方の確立や基盤の整備を行う契機を作ることを目的としていた。経済新生対策 フレッシュアイペディアより)

  • 入営者職業保障法

    入営者職業保障法から見た被用者雇用

    大日本帝国臣民の義務である兵役に服する入営者が、入営のために、被用者の地位を失い、退営後、復帰することができない事態や、あるいは将来入営するために、就職の際に不利益な取扱いを受ける等それまでしばしば見られた問題を、法律によって是正・解決することを目的に制定された、社会立法のひとつである。入営者職業保障法 フレッシュアイペディアより)

  • 使用

    使用から見た雇用雇用

    使用(しよう)とは、道具を使う(役立たせること)である。また、賃金を支払い、または権限によって他人を労務に就かせることも言う。前者は利用ともいい、本項では前者、特に法律における使用を解説する。後者は雇用を参照。使用 フレッシュアイペディアより)

  • 代理

    代理から見た雇用雇用

    古くは任意代理の内部関係は委任契約であると考えられたため、任意代理を委任代理と呼ぶことがある。しかし、現在では請負・雇用・組合などの契約を内部契約として成立する任意代理も存在すると考えられ、また、問屋のように委任でありながら代理権が無い場合もあるため、「委任代理」の語はあまり用いられなくなった。代理 フレッシュアイペディアより)

  • 加工 (法律)

    加工 (法律)から見た雇用雇用

    添付については強行規定である。したがって、添付が生じた場合の旧所有者からの復旧請求は封じられる。しかし、新所有権を前提にその帰属について定める規定は任意規定である。つまり、添付によって生じた加工物の所有権を誰にするかについては任意規定である。雇用契約や請負契約に基づいて加工がなされる場合には当事者意思に鑑みて246条は適用されない。労働者が雇い主の所有する材料を加工する場合、労働者は雇い主の加工の機関であり、加工者は雇い主であるから246条1項但書の適用はない。他人の依頼に応じ他人の提供した材料を加工することを業とする者の場合にも所有権を取得することはない(大刑判大正6・6・13刑録23輯637頁)。生地を仕立業者が預かって加工した事例についての判例として最判昭45・4・8判時590号91頁がある。加工 (法律) フレッシュアイペディアより)

661件中 71 - 80件表示

「雇用問題」のニューストピックワード