661件中 81 - 90件表示
  • 無主物先占

    無主物先占から見た雇用雇用

    雇用契約に基づいて漁獲するような場合には個々の従業員は会社の占有機関であるから漁獲によって会社が漁獲物の所有権を取得する。無主物先占 フレッシュアイペディアより)

  • 浜のミサンガ 環

    浜のミサンガ 環から見た雇用雇用

    浜のミサンガ 環(はまのミサンガ たまき)は、岩手県大船渡市の越喜来をはじめとする三陸地方(岩手県、宮城県)で製作されていたミサンガ。2011年(平成23年)の東日本大震災以来の三陸の雇用創出を目的とする「三陸に仕事を! プロジェクト」の企画によるもので、震災により仕事を失った女性たちの手で、三陸の漁網を材料として製作された。2011年6月の販売開始から2013年(平成25年)のプロジェクト終了まで驚異的な売上を記録したとともに、被災者たちの精神面にも大きな効果をもたらしており、全国的な評価を得た。浜のミサンガ 環 フレッシュアイペディアより)

  • エム・ディー・シー

    エム・ディー・シーから見た雇用雇用

    2000年に後藤剛(現・代表取締役)が個人事業として起業をし、2004年にインターネットやマス媒体、新聞や雑誌などを行う総合広告代理店として株式会社エム・ディ・シーを設立。2011年5月まで目黒区を拠点とし、WEB広告戦略のコンサルティングを行いながら、職業紹介、人材派遣事業などの人材雇用システムの事業展開を行う。2011年6月より品川区に拠点を移す。エム・ディー・シー フレッシュアイペディアより)

  • 公的支援

    公的支援から見た雇用雇用

    公的支援(こうてきしえん)とは政治学用語の一つ。国や地方自治体などといった公的機関が、民間企業や個人に対して支援をするということ。ここでいわれている支援というのは財源を投入することによる経済的支援が多くの場合であるが、雇用や経営や育児や介護などといった事柄に対して助言を行ったり人的支援を行うということも公的支援に含まれる。また社会や経済に異変が生じるなどといったことで、企業や個人が運営を行うことが困難になった場合には、政府がその時期のみに公的支援を必要となった者に対して臨時で行うという政策を実施している場合がある。たとえばリーマン・ショックや東日本大震災などといった異変では多くの企業や個人が打撃を蒙ることとなり、そのことから運営が困難になった人々に対して多くの公的支援が実施された。公的支援 フレッシュアイペディアより)

  • 産業化なき都市化

    産業化なき都市化から見た雇用雇用

    近年は外国資本による海外進出も多いが、それでも都市に流入しただけの人間を雇用可能な産業が育成できていない。もしくは、誘致できていない。産業化なき都市化 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ベヴァリッジ

    ウィリアム・ベヴァリッジから見た雇用雇用

    国家公務員生活の後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の学部長、オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジの学寮長などを務めた。政府の委員会に多数関わり「ゆりかごから墓場まで」を目標としたイギリスの社会保障や雇用施策の充実に貢献。思想的・学問的にはフェビアン協会のウェッブ夫妻、経済学者ジョン・メイナード・ケインズから多大な影響を受けた。ウィリアム・ベヴァリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 雇用のセーフティネット

    雇用のセーフティネットから見た雇用雇用

    雇用のセーフティネット(こようのセーフティネット)とは、安心で安定した労働市場を形成し、失業者の生活を保障するための、雇用に関する社会的制度のことである。雇用のセーフティネット フレッシュアイペディアより)

  • 年俸

    年俸から見た雇用契約雇用

    年俸(ねんぽう)とは、1年単位で支払われる報酬のこと。または1年間の報酬総額のこと。年給。雇用契約においては労働の給与形態の一種である。明確な定義は存在していない。まれに「年棒」との表記や「ねんぼう」との発音が見られるが、これらは誤りである。年俸 フレッシュアイペディアより)

  • 仮眠

    仮眠から見た雇用者雇用

    勤務中の睡眠についての考え方は雇用者により様々である。ある会社では、生産性を高めるために勤務中に仮眠休憩をとる事を認める制度を設けている。その一方で、別の会社では従業員に対して勤務中の睡眠を厳しく禁じ、例えば監視カメラを用いて、勤務中に寝ている従業員がいないか監視する場合もある。規則に違反して勤務中に眠った従業員は懲戒処分を受ける場合もある。仮眠 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年沖縄県議会議員選挙

    2008年沖縄県議会議員選挙から見た雇用雇用

    県議会議員の任期(4年)が満了したことに伴って実施された選挙である。無投票当選となった2選挙区3議席を除いた12選挙区45議席を71名の候補が争う構図となったが、2006年の県知事選挙で選出された仲井真弘多知事の県政に対する評価が最大の争点となった。また名護市辺野古への在日米軍普天間基地移設問題や、後期高齢者医療制度への評価、雇用対策や経済振興策も重要な争点となった。選挙の結果、仲井真知事を支える与党(自民・公明)が議席を減らし、反対に野党(社民・共産・社大)及び中間派が議席を増やす結果となった。2008年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

661件中 81 - 90件表示

「雇用問題」のニューストピックワード