371件中 81 - 90件表示
  • ペリー・プレスクール・プロジェクト

    ペリー・プレスクール・プロジェクトから見た雇用雇用

    統制群と比較してみると、プログラムの卒業者は学校中退や留年、特殊学級への参加が少なかった。成人初期までに、多くが大学に入り、さらに多くが雇用された。犯罪を起こしたり、生活保護を受けたり、麻薬を使ったりする人数も少なかった。結果として、プログラムの初期コストは多額だが、投資した1ドル毎に約9ドルも生み出すほど最終的な利益は十分に高かった。ペリー・プレスクール・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 国立再生可能エネルギー研究所

    国立再生可能エネルギー研究所から見た雇用雇用

    NRELの進める計画のひとつが原住民エネルギー自給計画(Tribal Energy Program)である。目標は少数部族たちのエネルギー自給と雇用創出、再生可能エネルギー開発を通した部族地域の経済開発である。計画では経済的、技術的支援を原住民に行い採算性の検討および再生可能エネルギー設備の設置費用を補助する。国立再生可能エネルギー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ファンダメンタル

    ファンダメンタルから見た雇用雇用

    マクロ経済においては、雇用・生産・物価などの基礎的な事項を指す。それら基礎的な事項を元に、金利や資産価格などが正当化される。ファンダメンタル フレッシュアイペディアより)

  • 男女共同参画局

    男女共同参画局から見た雇用雇用

    たとえば、女性の再チャレンジを推進している。この「再チャレンジ」には、主婦が地域社会への貢献に無償でチャレンジすること、また女性が雇用されて賃金労働者となり、自宅の家計に貢献することなどが含まれている。男女共同参画局 フレッシュアイペディアより)

  • 裁量労働制

    裁量労働制から見た雇用雇用

    裁量労働制(さいりょうろうどうせい)とは、労働者が雇用者と結ぶ労働形態の1つであり、労働時間と成果・業績が必ずしも連動しない職種において適用される。裁量労働制 フレッシュアイペディアより)

  • 漁師

    漁師から見た雇用雇用

    漁業法では、「漁業者または漁業従事者たる個人」のことを漁民と定義している(14条11項)。この漁業者、漁業従事者について、同法は、「漁業を営む者」を「漁業者」と定義し、「漁業者のために水産動植物の採捕または養殖に従事する者」を「漁業従事者」と定義している(2条2項)。この定義にしたがえば、漁業者は漁業の経営者であり、漁業従事者は漁業者に雇用されている者を指すことになる。漁師 フレッシュアイペディアより)

  • 使用

    使用から見た雇用雇用

    使用(しよう)とは、道具を使う(役立たせること)である。また、賃金を支払い、または権限によって他人を労務に就かせることも言う。前者は利用ともいい、本項では前者、特に法律における使用を解説する。後者は雇用を参照。使用 フレッシュアイペディアより)

  • 商業使用人

    商業使用人から見た雇用雇用

    商業使用人(しょうぎょうしようにん)とは、雇用契約により特定の商人(営業主)に従属し、その商人の営業について補助する者である。商業使用人 フレッシュアイペディアより)

  • 契約法

    契約法から見た雇傭雇用

    民法が規定する契約は、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解の13種類に分かれており、これらを典型契約(有名契約)という。契約法 フレッシュアイペディアより)

  • 請負

    請負から見た雇用雇用

    請負は雇用や委任などと同様に労務供給契約の一種であるが、請負においては、ある仕事を完成することを目的とし、そのための手段として労務の供給がなされる点で雇用や委任と異なる。また、委任において委任者が報酬を受け取るためには特約が必要であるが(648条1項)、請負における請負人には当然に報酬が認められる(632条)。請負 フレッシュアイペディアより)

371件中 81 - 90件表示

「雇用問題」のニューストピックワード