54件中 41 - 50件表示
  • 雇用

    雇用から見た任意法規

    民法の規定は労働者側からの退職に民法第627条が適用されるなど補充的に機能する場合もあるが、退職に関する事項ついては労働基準法89条3項によって就業規則の必要的記載事項とされていることもあり、退職についても実際には就業規則やそれに基づいて定められる個々の労働契約の定めによることとなる(多数説によれば民法第627条は任意法規であるとするが反対説もある)。以上のように労働法による大きな修正を受けてはいるが、理論上、民法の雇用の規定は労働法の基礎となる一般的規定としての意味を有する。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た秘密保持義務

    付随的義務 - 契約上・信義則上の秘密保持義務や競業避止義務などを負う。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た労働生産性

    この問題は、雇用機会と労働生産性について、ふたつとも上昇させるのが困難である点に起因しているとされる。国連社会開発研究所(UNRISD)によれば労働生産性の向上は雇用創出に負の影響を与えるという。労働者あたり1%の生産性向上による雇用喪失は、1960年代では-0.07%であったが、今世紀初頭には-0.54%に増大した。雇用創出と生産性向上(長期的に高賃金に繋がるような)のふたつが、貧困解決の道である。生産性向上なしの雇用増加はワーキングプア人口の増加に繋がるため、そのため一部の専門家らは労働市場政策での「量ではなく質の創出」を訴えている。それは高い生産性が東アジアの貧困を減らすことに貢献した点に着目したものであるが、その負の側面も現れ始めてきた。例えばベトナムでは、生産性向上が続いている間も、雇用創出は低調であった。このように生産性向上は常に賃金向上をもたらすとは限らず、米国では1980年代から生産性と賃金のギャップが開き続けている。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た求人情報誌

    雇用者・雇用主を見つけるためには職業紹介事業・求人広告・求人情報誌などを使用する。キャリア・コンサルタントによるエージェントも存在する。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た労働組合法

    その結果、多くの労働契約には労働契約法・労働基準法・労働組合法など労働法の規定が適用されるため民法の規定が適用されることはほとんどない。なお、家事使用人は労働基準法が適用されない典型例であるが(労働基準法第116条第2項)、2008年施行の労働契約法は「事業」を労働契約の要件にしておらず労働契約法については家事使用人にも適用がある。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見たスウェーデン

    スウェーデンの法では、雇用は以下の三タイプに分類される。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た正規雇用

    通常雇用(Normal employment,swe: Tillsvidareanställning / Fast anställning):期間を定めない(定年等を除いて)雇用契約である。この雇用を終了できるのは個人上の理由(犯罪などの特別な理由に限る)または業務の枯渇(lack of work tasks, swe: Arbetsbrist)、たいていは会社収益の悪化などの事項で終了される。契約解除には1-6ヶ月の予告期間が必要。勤続年数の短い者から解雇する規定がある。解雇後にまた同職を募集する際には解雇者を優先して採用する義務がある。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た賃金

    賃労働(Wage labour, wage labor)とは、従業員と雇用者の関係についての社会経済学的な関係をあらわし、従業員が公的・非公的な契約により労働を雇用主に販売している状況をいう。これらの取引の多くは労働市場にてなされ、その賃金は市場にて決定される。賃金支払いと引き替えに、従業員の成果物は職務上の成果となり雇用主の所有物となる。例外としては知的財産で、米国では例外的に従業員の発明した特許権はその発明者個人に帰属する。賃労働者はこのようにして雇用者に労働力を販売して収入を得ている。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見たナポレオン法典

    民法での雇用は、雇い主と労働者とが対等の地位にあるとの前提のもとに、それぞれ自己の自由意志によって締結される契約である。これは日本の民法がブルジョワ市民革命としてのフランス革命の精神に則って編纂されたフランス民法典(ナポレオン法典)の影響を大きく受けた市民社会モデルを想定しているためである。雇用 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用

    雇用から見た市民革命

    民法での雇用は、雇い主と労働者とが対等の地位にあるとの前提のもとに、それぞれ自己の自由意志によって締結される契約である。これは日本の民法がブルジョワ市民革命としてのフランス革命の精神に則って編纂されたフランス民法典(ナポレオン法典)の影響を大きく受けた市民社会モデルを想定しているためである。雇用 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「雇用問題」のニューストピックワード