前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 大衆政党

    大衆政党から見た党員党員

    デュヴェルジェによると、もともと政党は幹部政党(名望家政党、議員政党)であった。これは議会において政治思想・政策などを同じくするもののグループ(のちに会派に発展する)に起源を持ち、制限選挙の下で議員自身や地域の有力者、資本家などの名望家からなっていた緩やかでクラブ的な組織であった。これに対して選挙権が拡大し、普通選挙が導入されるようになると、新たに有権者となった大衆に直接に訴え、支持を広げ、また党の主張を伝え広報する機関紙や機関誌を定期的に刊行して政治教育を行い、そのために党の綱領を明らかにして入党(党員となること)を促し、党費として金銭を集め、地域において支部組織を結成し、各種の社会運動と連携し、またそれらの運動を票田として取り込むなど、日常的な党活動をスタイルとする強力な大衆的組織基盤をもつ政党が力をつけるようになった。これが大衆政党である。大衆政党 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属

    無所属から見た党員党員

    自由民主党など保守政党では、追加公認前提で、党員としての籍を持ったまま無所属として立候補する人物が多く、特に保守系無所属と呼ばれる。中選挙区制の時代は、候補者数調整のために自民党の公認を受けられなかった候補が無所属として立候補し、当選すると即座に追加公認を受けるという例が少なくなかった。このような候補の中には、無所属であるにも関わらず自民党の派閥のメンバーとして活動し、選挙報道においてもそのように分類されていた例もあった。しかし衆議院選挙での小選挙区制の導入と参議院の一人区の増加により、民主党から出馬する保守系候補もあらわれるようになったため、公認漏れ候補が無所属で立候補して当選する例は減少している。無所属 フレッシュアイペディアより)

  • 自民党ネットサポーターズクラブ

    自民党ネットサポーターズクラブから見た党員党員

    会員は党員資格とは別のものである。会員数は自称約1万人。一方で本クラブに沿う形で党の支部「J-NSC支部」が組織されている。中川昭一の言葉「飛翔する日本へ」をスローガンとし、麻生太郎が毛筆で書したものが公式サイトに掲げられている。自民党ネットサポーターズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ウペンドラ・ヤダヴ

    ウペンドラ・ヤダヴから見た党員党員

    ネパール南部・マデシの自治権拡大、連邦制の確立などを訴え、激しい運動を展開してきた(詳細はマデシ人権フォーラム参照)。元ネパール統一共産党、ネパール共産党毛沢東主義派党員ウペンドラ・ヤダヴ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年自由民主党総裁選挙

    2008年自由民主党総裁選挙から見た党員党員

    今回の総裁選挙では、都道府県代表が投票すべき者を定めるため、各都道府県の支部連合会では、党員・党友の投票による予備選挙が行われる。もっとも、代表が投票すべき者についてドント式や総取り式など都道府県によって選出方法が異なる。2008年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 木俣佳丈

    木俣佳丈から見た党員党員

    2006年9月、院内会派の民主党・新緑風会に復帰。2007年7月31日、第21回参議院議員通常選挙大勝後の民主党常任幹事会で復党が了承された。しかし、2008年3月19日の日本銀行総裁に田波耕治国際協力銀行総裁を充てるとする同意人事案に対し、反対とする党の意向に反し、造反して賛成票を投じた。その後、党執行部から党員資格停止1ヶ月の党内処分が下った。6月11日に民主党が提出した首相問責決議には「体調不良」を理由に欠席。渡辺秀央とともに民主党を離党するとの噂があったものの、改革クラブの結成には参加しなかった。木俣佳丈 フレッシュアイペディアより)

  • 平新艇事件

    平新艇事件から見た党員党員

    1966年9月7日正午ごろ、北朝鮮の新義州にある新義州水産事業所所属の底引漁船「平新艇4-034号」(146トン)は僚船の「平新艇4-033号」とともに北朝鮮近海の黄海に出漁した。「平新艇4-034号」(以下、平新艇)には20人が乗船しており、水産高校の生徒4人に漁船の乗員13人、朝鮮労働党の党員と北朝鮮政府係員2人も乗船していた。また北朝鮮の漁船は民兵組織であるため武装していた。平新艇事件 フレッシュアイペディアより)

  • 合志栄一

    合志栄一から見た復党党員

    参院選立候補は当初、自民党県連内の公認争いでは劣勢だったが、最有力だった橋本憲二県議が病気療養で公認申請を取り下げたことで橋本派が合志派に乗り移り、新進党から復党した吹田愰元自治大臣を抑えて自民党公認を得た。しかし選挙では無所属の松岡満寿男に大差で敗れた。合志栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会

    永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会から見た党員党員

    民主党は、永住外国人に地方選挙権を付与する法案(外国人参政権法案)を1998年、2000年に提出していたが、いずれも廃案となっていた。民主党は、党員資格に国籍条件を必要としておらず、外国人参政権推進を党のインデックスに加えているものの、第45回衆議院議員総選挙の際に出した民主党Manifesto2009では外国人参政権に全く触れていなかった。外国人参政権については民主党内にも反対意見が多い。永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会 フレッシュアイペディアより)

  • 安達俊子

    安達俊子から見た党員党員

    安達俊子(あだち としこ、1942年 - )は、日本の教育者。北星学園余市高等学校元教諭。青少年自立支援センター「ビバハウス」代表。日本共産党党員安達俊子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「離党・除名」のニューストピックワード