171件中 91 - 100件表示
  • 佐々木秀世

    佐々木秀世から見た除名除名

    戦後の1947年、第23回衆議院議員総選挙に民主党から旧北海道2区にて立候補し、初当選を果たす。以後当選9回。同年炭鉱国家管理法案に反対し、原健三郎・本間俊一らとともに除名され同志クラブ旗揚げした。翌1948年民主自由党入りする。1951年には運輸政務次官となる。佐々木秀世 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の政治

    2005年の政治から見た除名除名

    10月21日 - 自由民主党党紀委員会、綿貫民輔ら衆院議員(落選した元議員も含む)7人と参院議員2人を除名処分。さらに28日には、特別国会で同法案採決を欠席した野呂田芳成衆院議員を除名処分。2005年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ワットマン

    ワットマンから見た除名除名

    浅尾慶一郎参議院議員(現・みんなの党。民主党除名)は、かつて監査役だった。ワットマン フレッシュアイペディアより)

  • 日本相撲協会

    日本相撲協会から見た除名除名

    協会が賞罰規定で取り得る処分には、譴責・給与手当減額(減俸)・出場停止・番付降下(親方衆は降格)・解雇・除名がある。除名以外は理事会の決議で発動できる。また力士のうち横綱の番付降下は事実上不可能であるため、代わりに横綱審議委員会が「引退勧告」を行うことができる。日本相撲協会 フレッシュアイペディアより)

  • 津島恭一

    津島恭一から見た除名除名

    2005年7月5日、郵政国会において衆議院本会議で郵政民営化法案に反対票を投じた。同年8月12日に自由民主党を離党し(その後自民党から除名された)、8月23日に国民新党に参加。同年の第44回衆議院議員総選挙で青森4区から出馬するが、自民党公認の木村太郎に敗れた。津島恭一 フレッシュアイペディアより)

  • 滝実

    滝実から見た除名除名

    2005年7月4日、郵政国会で郵政民営化法案に反対するため、法務大臣に副大臣の辞表を提出。翌7月5日、同法案に青票(反対票)を投じる。その後、辞表は受理されず法務副大臣を罷免となる。同年8月21日、自由民主党を離党し、長野県知事(当時)・田中康夫が結成した新党日本に入党、党副代表に就任。9月11日の第44回衆議院議員総選挙で、小選挙区では奈良1区より「刺客候補」として転出した自民党公認候補・高市早苗に敗れるが比例復活で再選。新党日本公認では唯一の当選者かつ衆議院議員となった。その後、自民党より除名を命じられた。10月4日、新党日本総務会長となる。滝実 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における死刑

    日本における死刑から見た除名除名

    平安時代には、嵯峨天皇が弘仁9年(818年)に盗犯に対する死刑を停止する宣旨(弘仁格)を公布した。死刑を全面的に停止あるいは廃止する法令が出されたことは無いものの、死刑の範囲が縮小するとともに実際に執行されることがなくなり、やがて全面的な死刑の停止が先例(慣習法)として確立されたと考えられている。死刑相当の罪に対しては一旦太政官や刑部省において死罪の判決が出されても、執行の権限を持つ天皇の名において流罪への減刑が適用され、災害や朝廷内の出来事ごとに恩赦が出されたために、判決が下された後に釈放されるケースも多かった(また、八虐のように連坐・除名・没官などが付随する場合には、これらの処分は厳格に適用されていた。また、流罪に減刑されて現地に送られた後は非常赦と呼ばれる特別な恩赦が出ない限りは赦免されなかったから、交通が未発達な当時においては死刑に匹敵する威嚇効果があった)。また薬子の変以降、中央での政争が武力によって解決されることはなくなった。日本における死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新党繰上補充事件

    日本新党繰上補充事件から見た除名除名

    日本新党繰上補充事件(にほんしんとうくりあげほじゅうじけん)とは、松崎哲久が日本新党の除名を無効とし、自身を繰上げ当選とすることを訴えた事件。日本新党繰上補充事件 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾末広

    西尾末広から見た除名除名

    昭和3年(1928年)、第1回普通選挙で社会民衆党から立候補し、初当選。昭和7年(1932年)以降は社会大衆党に所属し幹事に就任した。昭和13年(1938年)3月16日、衆議院本会議における国家総動員法案の審議に際し、同法案を支持する立場から、近衛文麿首相に対し「ヒトラーのごとく、ムッソリーニのごとく、あるいはスターリンのごとく、確信に満ちた指導者たれ」と激励。全体主義的独裁者への共鳴を示したが、社会大衆党を好ましく思っていなかった政友会・民政党の両党によりスターリンの名を肯定的に挙げた部分が問題とされ、衆議院で除名決議において賛成320票・反対43票で88%の賛成を得て、議員を除名された(翌年の補欠選挙で復活)。西尾末広 フレッシュアイペディアより)

  • 元田肇

    元田肇から見た除名除名

    豊後国国東郡来浦(現在の大分県国東市国東町来浦、「来浦」は「くのうら」と読む)に医師・猪俣栄造の子として生まれる。杵築藩の藩儒・元田直の養子となる。1880年東京大学法科を卒業。弁護士となる。第1回衆議院議員総選挙に当選し、以後当選16回、議員生活は40有余年に渡った。当初は大成会・国民協会・帝国党に所属した後に立憲政友会の結成に参加、衆議院副議長に3度選出された他、第1次山本権兵衛内閣の逓信大臣、原敬内閣の鉄道大臣(初代)として入閣している。高橋是清内閣でも留任したが、中橋徳五郎・山本達雄とともに高橋首相との間に反目して政権崩壊のきっかけを作ったために一時党を除名された。元田肇 フレッシュアイペディアより)

171件中 91 - 100件表示

「離党・除名」のニューストピックワード

おすすめ画像