1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た党員党員

    幹事長時代には自民党内で恒常化していた「餅代」「氷代」(派閥の長が配下の者に配る活動資金)の廃止、自民党候補者の公募制の一部導入など党内の各種制度の改正を行った。2004年(平成16年)4月埼玉8区補欠選挙で自民党史上初の全国的な候補者公募実施し合格した新人柴山昌彦が当選(同公募には佐藤ゆかりも最終選考に残った)、同年夏の参議院選挙では目標の51議席を下回れば「一番重い責任の取り方をする」と引責辞任を示唆。結果は49議席で、しばらく現職に留まった後で辞任した。同年9月から後任の幹事長・武部勤の強い要請を受ける形で党幹事長代理に就任(幹事長経験者の幹事長代理就任は異例)。直後にきょうと青年政治大学校や靖国神社崇敬奉賛会で講師を務めた。幹事長代理として迎えた2005年の郵政国会では前出の城内を「せめて棄権・欠席なら君を救う事が出来る」と説得したが実らなかった。05年衆院選では保守派弁護士の稲田朋美を「刺客」(「郵政民営化関連法案に反対した元自民党候補」に対する対抗馬、福井1区の松宮勲への対抗馬)にスカウトした。また自民党の政治教育機関中央政治大学院インターネットキャンパス「自民未来塾」の党員及び党友組織自由国民会議無料受講を実現。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た党員党員

    党綱領も党議拘束もないという変わった政党である。そもそも、政策のために結集したのではないため、構成員の政治的スタンスは全く異なっており、統一されていなかった。以上のような事情のため、組織としての実質は存在していなかったと言い切れる。一般有権者に対し党員の募集をしていなかった。党友制度も無かった。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 推薦

    推薦から見た党員党員

    団体の場合、入会に構成員(会員・党員など)の推薦を義務づけている場合がある。推薦 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤田正純

    後藤田正純から見た党員党員

    安倍路線の対抗馬としては谷垣禎一を推しており、2007年8月16日のテレビ放送で、町村派の福田康夫が後継者候補として取り上げられたときも「後継者は谷垣さんしかいない。福田さんが出たら自殺行為」と一笑したが、2007年自由民主党総裁選挙で、谷垣の不出馬と福田の出馬が決まると麻生包囲網に参加し、「国民主義の福田さんと国家主義の麻生さん」とテレビなどで盛んに喧伝することに努めた。総裁選挙で麻生太郎が予想外に善戦したことは認めたが、その原因は「麻生太郎のパフォーマンス」であると分析をし、党員の意見を聞いてから麻生支持に変更した議員に対しては「議院内閣制を理解していない」と発言し、総裁選当日に麻生太郎の応援をするため自民党本部前に集まった支持者に対しては「オタク系が騒いでいた」「小泉・安倍に対して熱狂して失敗をしたのに、(麻生太郎に)また熱狂をするのはいかがなものか」と評した上で「麻生人気はメッキがすぐに剥がれるだろう」と結論付けた。また、麻生支持をした一年生議員を「政策理念や政治責任論というものを全く考えていない」と批判した上で、自らについては「福田さんに投票した私は、政治玄人である」と自画自賛した。後藤田正純 フレッシュアイペディアより)

  • 党員集会

    党員集会から見た党員党員

    党員集会(とういんしゅうかい、英:Caucus)とは、政党の党員が集まる集会のこと。党員集会 フレッシュアイペディアより)

  • 政党

    政党から見た党員党員

    議員である有力者が議会運営のために作った名望家政党(幹部政党)が初期の政党である。普通選挙の採用にともない増加した選挙民との結合が困難になると、議会外に多くの党員を持つ大衆政党が出現した。政党 フレッシュアイペディアより)

  • 復党

    復党から見た党員党員

    復党 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示

「離党・除名」のニューストピックワード