171件中 71 - 80件表示
  • 中野重治

    中野重治から見た除名除名

    しかし、1964年には、日本共産党と政治理論で対立をして除名された。神山茂夫とともに『日本共産党批判』を出版している。中野重治 フレッシュアイペディアより)

  • 田健治郎

    田健治郎から見た除名除名

    明治7年(1874年)に上京し、同郷の先輩の紹介で熊谷県の下級吏員に採用、翌年に愛知県に移り、次いで高知県・神奈川県・埼玉県部長など地方の警察畑を歩み、立身していった。明治23年(1890年)、時の逓信大臣後藤象二郎に見いだされ中央官界への道をつかみ、警保局官吏から1890年に逓信省に入省し、局長・逓信次官・鉄道会議幹事(後に同議員に転じる)を務める。一時期、官を辞めて関西鉄道社長を務めた。明治34年(1901年)に伊藤博文の勧めで立憲政友会から衆議院議員に当選(2期)する。ところが、同年政友会が第1次桂内閣を巡って2分された際に幹部を批判したとして除名されてしまう。田健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党査問リンチ事件

    日本共産党査問リンチ事件から見た除名除名

    12月23日、宮本らは小畑・大泉の両名を会合を開くと称して呼び出し、そのまま「査問」にはいった。翌12月24日付の『赤旗』(現『しんぶん赤旗』)には「中央委員小畑達夫、大泉兼蔵の両名は、党撹乱者として除名し、党規に基づき極刑をもって断罪する。」との党中央の声明が掲載された。警視庁は、この「極刑」という表現に注目、荻野と同様のリンチが両名に加えられ、場合によっては殺害されている可能性があるということで、捜査を開始した。日本共産党査問リンチ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た除名除名

    文藝春秋(2010年4月号)で自民党執行部を批判する記事を書き、同年4月3日自由民主党総裁の谷垣禎一と直接会談し、4月7日付で離党届を提出。会談で与謝野は谷垣に「自民党分裂とはとらないでください、大げさに感じないでください」と述べ、会談後も記者に「“自民党の分裂ではなく、一個人・与謝野馨が去ったということだと考えてほしい”と伝えた」と述べ、自身らの離党は自民党分裂ではないとした。4月10日の午前には「反民主・非自民を貫く」と述べ、結成を予定する新党は反民主の党であるとの認識を示し、4月10日午後、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。しかし、そんな与謝野の思いとは裏腹に4月27日、自民党党紀委員会は政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員(園田博之・藤井孝男・中川義雄)に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為として、賛成9票・反対3票で与謝野に対して除名処分が下った。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 日本IBF

    日本IBFから見た除名除名

    渡嘉敷勝男〜ルペ・マデラがWBA王者の時代、奈良池田ジムの新垣諭が、WBA世界ジュニアフライ級チャンピオンに挑戦する機会を待っていた。しかし、渡嘉敷vsマデラは微妙な判定の試合を繰り返し、結果4度の対戦をすることになり、挑戦の機会が与えられなかった。前世界王者の渡嘉敷のマッチメイクを優先する日本ボクシングコミッション(JBC)に対し、我慢の限界であった奈良池田ジム並びに新垣は、当時米国で設立されたばかりであり、JBCも公認するかどうか迷っていたIBFのチャンピオン決定戦に出場することにした。これに対しJBCが激怒、奈良池田ジムをJBCから除名し、以後日本での試合を組むことを認めない判断を下した。これを受け奈良池田ジムも、池田久会長自らがIBFから日本での興行主の認定を貰い、それと同時にUSBA/Iから改称したIBFが1983年に入り日本支部設立を発表。前述の池田会長らが、日本IBFの役員に就任。JBCはIBFの動きに対し、「一国一コミッション」の原則を守るため日本IBFを認めず、日本IBFに参加した者はライセンス無期限停止(事実上の除名)などの処分を課すと発表する。日本IBF フレッシュアイペディアより)

  • 立憲民政党

    立憲民政党から見た除名除名

    そして、1940年2月、斎藤隆夫のいわゆる「反軍演説」問題の際に民政党が自分の党の重鎮である斎藤の衆議院除名に賛成した事によって、党の保身のために軍部の圧力に屈して自党議員を見捨てたとして内外の信任を失って内部から崩壊を始め、次いで第2次近衛内閣で近衛文麿首相自らの新党(いわゆる「近衛新体制」)が盛り上がると、永井グループ35名は新党への合流を主張して離党、町田総裁ら主流派は鳩山一郎ら政友会正統派との合同を画策し、これに失敗すると今度は近衛内閣と軍部の政策を事実上全追認する党綱領を出して党解党だけは防ごうとするが、同年8月15日に解党し、大政翼賛会に合流した。立憲民政党 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正

    小林正から見た除名除名

    1993年5月 社会党を除名される。小林正 フレッシュアイペディアより)

  • 新井正則

    新井正則から見た除名除名

    2004年1月19日に議員を辞職。3月16日、元公設秘書の裁判で懲役2年・執行猶予5年の判決が言い渡され、控訴せず刑が確定したことに伴い連座制が起用され、埼玉県第8区からの5年間立候補禁止が確定。新井本人に対しては6月3日、さいたま地裁で懲役3年・執行猶予5年、追徴金220万円の判決が言い渡された。自民党からは除名された。新井正則 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国民党

    スイス国民党から見た除名除名

    ところが、2007年年末の内閣選挙で、党内右派のブロッハー司法・警察大臣が不信任を受け、党内左派のエヴェリン・ヴィトマー・シュルンプフが後任に指名された。この人選を不服とした国民党は、閣僚を拝命したシュルンプフを党の議員会議から締めだし、下野を宣言。さらに2008年6月1日には、シュルンプフや彼女を支持するグラウビュンデン州(シュルンプフの地元)の党員を除名した。また、6月2日、サムエル・シュミット国防・スポーツ大臣が離党を宣言し、国民党は完全に野党になった。除名、あるいは離党した2人は、新党・中道民主党に移籍した。スイス国民党 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た除名除名

    10月21日 - 自由民主党の党紀委員会は通常国会で郵政民営化法案採決に反対票を投じ、衆院解散後新党を結成した綿貫民輔ら衆院議員(落選した元議員も含む)7人と参院議員2人を除名処分。さらに28日には、特別国会で同法案採決を欠席した野呂田芳成衆院議員を除名とするなど、「造反議員」に対する処分が決定。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

171件中 71 - 80件表示

「離党・除名」のニューストピックワード

おすすめ画像