171件中 81 - 90件表示
  • クルト・フォン・シュライヒャー

    クルト・フォン・シュライヒャーから見た除名除名

    パーペン失脚後、シュライヒャーはナチスとの提携を図るがまたも失敗。パーペンの再指名も浮上する中、ヒンデンブルクの指名により12月3日に首相に就任した。パーペンは旧友シュライヒャーの仕打ちを忘れなかった。首相となったシュライヒャーはグレゴール・シュトラッサーらナチス左派を政権に引き入れる工作を行う。この工作は両者の行き違いから不調に終わり、更にシュトラッサーがナチスから除名状態に追い込まれてしまうなど失敗した。軍部からの資金援助や新聞による援護にもかかわらずシュライヒャー政権は国民の支持を受けなかった。右翼からは「赤い将軍」と蔑称され、左翼からはプロイセン州政府打倒の経緯から反動主義者と見られていた。クルト・フォン・シュライヒャー フレッシュアイペディアより)

  • 月下の棋士

    月下の棋士から見た除名除名

    作中のタイトル戦は基本的に名人戦しかないが、早指し選手権やお好み対局なども行われ、また、一度だけであるが王竜戦というタイトルが創設された事がある(モデルは実在の竜王戦)。しかし氷室が初代王竜となった後、2期目以降の開催がなく、第1期において初代王竜が不祥事により除名寸前になったり、この後に予定されていた名人対王竜戦が公式に実現しなかったことなどの運営責任もあり、消滅したものと思われる。順位戦や三段リーグにおいては、主人公以外の棋士の降級・残留・プロ昇級などの葛藤が描かれている。月下の棋士 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀義雄

    志賀義雄から見た除名除名

    1963年(昭和38年)に部分的核実験停止条約が調印され、1964年(昭和39年)に国会でその批准が問われると、志賀は共産党内で再び少数派となった。当時は中ソ対立が激化しており、この時点では中国共産党と友好関係があった日本共産党は中国と歩調を合わせる形で条約批准反対を決めた。しかし、ソ連共産党に近いとされる志賀はこの条約を支持し、党の決定に反して5月15日の衆議院本会議採決で賛成投票を行った。その結果、5月21日に共産党中央委員会は志賀の除名を決定した。一方、6月30日に、志賀は自分と同時に共産党を除名された参議院議員の鈴木市蔵の他、神山茂夫や中野重治らと共に「日本共産党(日本のこえ)」を結成すると発表し、自らが委員長となった。志賀義雄 フレッシュアイペディアより)

  • レシェク・バルツェロヴィチ

    レシェク・バルツェロヴィチから見た除名除名

    1969年から「ポーランド統一労働者党(PZPR)」の党員で、1981年に全土で戒厳令が敷かれるとともに離党。1970年代後半はポーランド人民共和国首相府経済顧問団のメンバー。1978年から1980年にかけてはマルクス=レーニン主義研究所に勤務。のち独立自主管理労働組合「連帯」の経済顧問となり、統一労働者党を除名処分される。レシェク・バルツェロヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 自由連合 (政党)

    自由連合 (政党)から見た除名除名

    政策は非自民非共産連立を拒否した保守政党ということで自民党に近く、大内など自民党移籍のクッションに使う例も横行した。1995年通常国会から自民党と院内会派を組み、同年都知事選での石原信雄(与野党相乗り)や道知事選での伊東秀子(日本社会党除名)といった自民党推薦・さきがけ支持を推薦。第17回参議院議員通常選挙では一切公認候補擁立せず東京都選挙区保坂三蔵・北海道選挙区木本由孝といった自民党新人候補を推薦し比例区でも自民党支援。村山内閣、村山改造内閣に閣外協力という形で自社さ連立政権参画。一方、日本共産党・第二院クラブ・新党護憲リベラルらと共に消費税廃止法案を共同提出したこともある。自由連合 (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 横田千之助

    横田千之助から見た除名除名

    明治45年(1912年)の第11回衆議院議員総選挙に故郷の栃木県から立候補して初当選、以後死去まで5期連続当選を重ねた。西園寺公望・原敬の両政友会総裁の信任が厚く、大正5年(1916年)には党幹事長に抜擢され党勢拡大に尽力し、原内閣成立後は内閣法制局長官に任じられて床次竹二郎内務大臣とともに将来の原の後継者とみなされるようになった。ワシントン会議に随員として参加中に原が暗殺されると、直ちに帰国して高橋是清を新総裁に擁立して党内の混乱を鎮めた。横田はロシア革命や五・四運動における中国民衆の動きなどを見て、日本でも国内改革の必要性があると唱え、普通選挙制の導入や軍縮、軍閥を通じた中国への介入政策の修正を唱えた。その頃、西園寺公望は床次を野心家とみなしてこれを嫌い、横田を将来の政友会総裁・内閣総理大臣にする事を望むようになる。ところが、こうした動きに対して床次は横田に対して激しくライバル意識を燃やすようになる。横田は西園寺公望・岡崎邦輔・野田卯太郎らとかつて政友会を追われて元老山縣有朋の側近となっていた貴族院議員の田健治郎を政友会に復帰、入閣させることで原を失った穴を埋める内閣改造を計画した。これに自分たちの更迭を危惧した床次派の閣僚が反発、横田は自分が法制局長官を辞任して事態の収拾を図ろうとした。それでも床次派閣僚は今度は高橋に批判の矛先を向けて高橋内閣は分裂し、内閣は倒れてしまう。これに対して党総務委員に転じた横田は党全体の利益に対するとして床次以外の床次派幹部6人を除名処分とした。横田千之助 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆夫

    斎藤隆夫から見た除名除名

    反軍演説が軍部とこれと連携する議会、政友会革新派(中島派)や社会大衆党、時局同志会など親軍部である党派の反発を招き3月7日に議員の圧倒的多数の投票により衆議院議員を除名されてしまった。しかし1942年(昭和17年)総選挙では軍部を始めとする権力からの選挙妨害をはねのけ、翼賛選挙で非推薦ながら兵庫県5区から最高点で再当選を果たし衆議院議員に返り咲く。斎藤隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • 一心会事件

    一心会事件から見た除名除名

    統一運動に重点を置くことで知られる自主派(NL)と人権・平等運動に中心を置くことで知られる平等派(PD)は、民主労働党内で、かねて対立していた。当時の党代表であった、平等派の申相奵は、民主労働党の実権を握っている自主派の「親北路線清算」を主張して、2008年2月3日、公開党大会で、チェギヨン前事務部総長と、イジョンフン前中央委員など「一心会関係者除名案件」を盛り込んだ党改革案を提案した。しかし、自主派代議員たちは、この案件を削除するよう求めた修正動議案を発議し、出席代議員862名中553名の賛成で決議させ、除名は結局失敗した。一心会事件 フレッシュアイペディアより)

  • 申相ジョン

    申相ジョンから見た除名除名

    しかし、沈非常委委員長の革新と変化のための努力は、党内の2つの覇権勢力(NL:自主派 VS PD:平等派)の対立の中で、暗礁に乗り上げた。いわゆるPD陣営の一部は、民労党の失敗の原因を、いわゆる征服主義と規定して脱党運動を主導した。反対に、党内多数派のNL派は、一進会事件に関与した者の除名処分は、国家保安法に屈服するものだとして、積極的に非常委の努力を批判した。沈非常委委員長は、民労党の腐敗から目をそむけており、高い視点を持った進歩政治の不在から解放されなければならないと力説した。2つの覇権グループの対立を治めるには、力不足だった。申相ジョン フレッシュアイペディアより)

  • 沈相奵

    沈相奵から見た除名除名

    しかし、沈非常委委員長の革新と変化のための努力は、党内の2つの覇権勢力(NL:自主派 VS PD:平等派)の対立の中で、暗礁に乗り上げた。いわゆるPD陣営の一部は、民労党の失敗の原因を、いわゆる征服主義と規定して脱党運動を主導した。反対に、党内多数派のNL派は、一進会事件に関与した者の除名処分は、国家保安法に屈服するものだとして、積極的に非常委の努力を批判した。沈非常委委員長は、民労党の腐敗から目をそむけており、高い視点を持った進歩政治の不在から解放されなければならないと力説した。2つの覇権グループの対立を治めるには、力不足だった。沈相奵 フレッシュアイペディアより)

171件中 81 - 90件表示

「離党・除名」のニューストピックワード

おすすめ画像