142件中 91 - 100件表示
  • 除名

    除名から見た国民新党

    中西一善、綿貫民輔、亀井静香、亀井久興、長谷川憲正(2005年):国民新党へ移籍し綿貫と亀井静香は歴代代表除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た幸福実現党

    渡辺秀央、大江康弘(2008年):渡辺は改革クラブへ移籍し代表、大江は改革クラブを経て幸福実現党へ移籍除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た公明党

    処分に関しては中央および総県に設けられた「審査会」が、区本部長以上の幹部から出される申し立てに対して速やかに処理しなければならないとされる。特に公明党から除名された議員経験者は遅かれ早かれ学会からも除名されることになる。逆に学会を除名された一般会員がもし公明党籍を持っていた場合、公明党も除名になるかはあくまでも別の判断である。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た浅井甚兵衛

    1974年、日蓮正宗は創価学会と激しく対立した妙信講を講中解散処分にした。これに反発した妙信講は創価学会を相手に暴力事件を起こし(妙信講学会本部襲撃事件)、激怒した宗門は関係した妙信講幹部33人を信徒除名にした。この中には講頭だった浅井甚兵衛や当時理事長で現顕正会会長の浅井昭衛も含まれている。さらに1992年には前年に創価学会全体ともども破門していた名誉会長池田大作を信徒除名処分にし、1997年には宗規の改正により残る全学会員の信徒資格も喪失させた。これは、日蓮正宗の信徒が他の宗教団体に所属した場合は信徒資格を失うというもので、日蓮正宗の信徒が他宗派を信仰している家に養子縁組をした(嫁いだ)場合に、縁組(嫁ぎ)先の家族を折伏し正宗に入信させず、その家の宗派(菩提寺)に属した場合も除名の対象となる。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た奈良時代

    奈良時代から平安時代にかけての律令制下では、死罪に相当するとされる8つの大罪(八虐)を犯した公卿に対し、官職はおろか貴族の系譜からも外す処分として除名(じょみょう)の制度があった。また、本人が死罪となった場合でも親族が連座処分として除名されることがあったほか、9世紀以降は事実上停止となった死罪の代わりに流罪とともに執行されることもあった。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た冨士大石寺顕正会

    日蓮正宗やそこから派生した新宗教団体の創価学会、冨士大石寺顕正会では、キリスト教と同様に傘下の法華講ないし個人が誤った教理を主張した場合や、罪を犯した講員、信徒を除名することがある。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た日蓮正宗

    日蓮正宗やそこから派生した新宗教団体の創価学会、冨士大石寺顕正会では、キリスト教と同様に傘下の法華講ないし個人が誤った教理を主張した場合や、罪を犯した講員、信徒を除名することがある。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た相撲

    1928年の現法人設立以降では適用された例はないが、明治時代に運営方法の対立から相撲協会とは別の団体を立ち上げようとした力士数名が除名となった例がある。2009年には大麻所持で逮捕された力士に対して除名論が出たが、「前年に大麻所持で逮捕された別の力士を解雇にしており整合性がとれない」「(4分の3以上に緩和されていても)否決でもされれば余計混乱する」として解雇に落ち着いている(なお、解雇でも「引退を許さない」点で重い処分であり、相撲のプロ組織は相撲協会しかないため事実上選手生命を絶たれることになる)。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た参議院規則

    国会議員の除名については日本国憲法第58条、国会法第122条、衆議院規則第245条、参議院規則第245条に、地方議員の除名については地方自治法第135条に規定している。除名処分は、院内の秩序を乱した議員が対象である。除名対象議員が所属する議院の本会議において出席議員の三分の二以上(地方議員は四分の三以上)の多数の賛成による議決が必要である。除名処分が下されると、議員の身分を失う。除名処分者は処分後の選挙で当選することによって、再び議員となることができる。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た衆議院規則

    国会議員の除名については日本国憲法第58条、国会法第122条、衆議院規則第245条、参議院規則第245条に、地方議員の除名については地方自治法第135条に規定している。除名処分は、院内の秩序を乱した議員が対象である。除名対象議員が所属する議院の本会議において出席議員の三分の二以上(地方議員は四分の三以上)の多数の賛成による議決が必要である。除名処分が下されると、議員の身分を失う。除名処分者は処分後の選挙で当選することによって、再び議員となることができる。除名 フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示

「離党・除名」のニューストピックワード

おすすめ画像