前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た雪崩雪崩

    青森県八甲田山の八甲田ロープウェー山頂公園駅付近で雪崩発生、少なくとも2名死亡、10名がけが。陸上自衛隊に災害派遣要請。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼市の歴史

    魚沼市の歴史から見た雪崩雪崩

    1927年2月10日 - 入広瀬村大白川で雪崩が発生。死者6名、負傷者1名、倒壊家屋1戸。魚沼市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 奥新冠ダム

    奥新冠ダムから見た雪崩雪崩

    ダム本体および発電所の工事は1961年(昭和36年)より開始された。新冠川本流のほか導水元である沙流川水系の3河川から水を運ぶ導水トンネルも建設しなければならないため、工事現場は広範囲に及んだ。何れも厳寒期には氷点下20度以下に達する極寒の地であり、現地には作業員宿舎があっても木造のバラックに近い宿舎で不便な生活の中工事は進められた。厳しい環境の中、ソフトボールや麻雀、冬季は特設スケートリンクを造るなどレクリェーションで鋭気を養いながら作業員は難工事に当たっていた。しかし本工事開始後最も悩まされたのが自然災害であり、夏季の集中豪雨による洪水や冬季から春季にかけての雪崩、さらに落石や転落事故などが度重なり、労働災害による殉職者は増えていった。奥新冠ダム フレッシュアイペディアより)

  • 覆道

    覆道から見た雪崩雪崩

    覆道(ふくどう)とは雪崩や落石、土砂崩れから道路や線路を守るために作られた、トンネルに類似の形状の防護用の建造物。道路用のものは「洞門」と呼ばれることが多い。他には覆い工、シェッド、シェードとも呼ばれる。雪対策のものはスノーシェッド、岩石対策のものはロックシェッドと言い、土砂の崩落や土石流対策の物はアースシェッドと言う。覆道 フレッシュアイペディアより)

  • 山野井泰史

    山野井泰史から見た雪崩雪崩

    2002年、ギャチュン・カン北壁の登攀に成功するも、下山中、嵐と雪崩に巻き込まれ重度の凍傷に罹り、両手の薬指と小指、右足の全ての指を切断する重傷を負った。しかしクライミングへの熱意は冷めず、オールラウンドな挑戦を続けている。山野井泰史 フレッシュアイペディアより)

  • スノーシェルター

    スノーシェルターから見た雪崩雪崩

    また、雪崩の危険性があるような区間や、トンネルの前後や洞門(トンネルポータル)間に堅牢な屋根を施工して線路を保護する場合もある。これらは冬季のみならず、落石、土砂災害、落ち葉による障害をも防ぎ、通年に渡って機能することから「シェッド」と呼ばれ区別される。スノーシェルター フレッシュアイペディアより)

  • 雪

    から見た雪崩雪崩

    雪食地形(せっしょくちけい) - 頻度高く発生する雪崩などが山肌を削り取ることによって形成される地形。 フレッシュアイペディアより)

  • 山スキー

    山スキーから見た雪崩雪崩

    山スキーは雪山登山と同じ、もしくはそれ以上に雪崩に遭遇するリスクが高い。そのため、雪崩に対する正しい知識が必要である。山スキー フレッシュアイペディアより)

  • K2

    K2から見た雪崩雪崩

    中国側(北側)からアプローチするのは困難なため、ほとんどの登山者はパキスタン側からアプローチをする。登頂の難しさでは世界最高峰のエベレスト(標高8848m)よりも上で、世界一登ることが難しい山とも言われる。その理由として、人が住む集落から離れていることによるアプローチの困難さ、エベレストよりも厳しい気候条件、急峻な山容による雪崩、滑落の危険性などが挙げられる。K2登山に関しては一般的なルートでさえ、エベレストのバリエーションルートに匹敵するといわれる。これらの困難さから、冬季における登頂が未だ達成されていない唯一の8000m峰となっている。遭難者の数も多く、2012年3月までの時点で登頂者数306人に対し、死亡者数は81人に達する(その時点でのエベレスト登頂者数は5656人)。チャールズ・ハウストン、ロバート・ベイツ共著の書籍のタイトルから「非情の山」とも呼ばれる。K2 フレッシュアイペディアより)

  • 手取川ダム

    手取川ダムから見た雪崩雪崩

    この周辺地域整備の中で特に効果があったのは道路整備であった。この地域は冬季有数の豪雪地帯であり、特に吉野谷村中宮・尾口村尾添の両集落は村中心部から数キロメートルしか離れていないにもかかわらず道路が狭くかつ雪崩の多発地帯であったため、冬季は孤立していた。だが、ダム建設補償に伴う道路整備(舗装・防雪シェッド)によって冬季交通が可能になった。さらに道路整備により冬季利用できなかった温泉が利用可能となり、民宿・旅館やスキー場を始め多くのレクリェーション設備が完成したほか、白山スーパー林道(現・白山白川郷ホワイトロード)へのアクセスが良くなった。これにより年間平均で10万人以上の観光客が訪れる有数の観光地となった。水特法の周辺整備の成功例の一つであり、この後1994年(平成6年)に制度化された「地域に開かれたダム事業」への序曲ともなった。手取川ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]