前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た雪崩雪崩

    青森県八甲田山の八甲田ロープウェー山頂公園駅付近で雪崩発生、少なくとも2名死亡、10名がけが。陸上自衛隊に災害派遣要請。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 遭難

    遭難から見た雪崩雪崩

    雪崩防止や回避のための知識の不足。遭難 フレッシュアイペディアより)

  • 手取川ダム

    手取川ダムから見た雪崩雪崩

    この周辺地域整備の中で特に効果があったのは道路整備であった。この地域は冬季有数の豪雪地帯であり、特に吉野谷村中宮・尾口村尾添の両集落は村中心部から数キロメートルしか離れていないにもかかわらず道路が狭くかつ雪崩の多発地帯であったため、冬季は孤立していた。だが、ダム建設補償に伴う道路整備(舗装・防雪シェッド)によって冬季交通が可能になった。さらに道路整備により冬季利用できなかった温泉が利用可能となり、民宿・旅館やスキー場を始め多くのレクリェーション設備が完成したほか、白山スーパー林道へのアクセスが良くなった。これにより年間平均で10万人以上の観光客が訪れる有数の観光地となった。水特法の周辺整備の成功例の一つであり、この後1994年(平成6年)に制度化された「地域に開かれたダム事業」への序曲ともなった。手取川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 奥新冠ダム

    奥新冠ダムから見た雪崩雪崩

    ダム本体および発電所の工事は1961年(昭和36年)より開始された。新冠川本流のほか導水元である沙流川水系の3河川から水を運ぶ導水トンネルも建設しなければならないため、工事現場は広範囲に及んだ。何れも厳寒期には氷点下20度以下に達する極寒の地であり、現地には作業員宿舎があっても木造のバラックに近い宿舎で不便な生活の中工事は進められた。厳しい環境の中、ソフトボールやマージャン、冬季は特設スケートリンクを造るなどレクリェーションで鋭気を養いながら作業員は難工事に当たっていた。しかし本工事開始後最も悩まされたのが自然災害であり、夏季の集中豪雨による洪水や冬季から春季にかけての雪崩、さらに落石や転落事故などが度重なり、労働災害による殉職者は増えていった。特に凄惨だったのが1961年4月5日に発生した雪崩事故である。奥新冠ダム フレッシュアイペディアより)

  • 札内川十の沢北海道大学山岳部遭難事件

    札内川十の沢北海道大学山岳部遭難事件から見た雪崩雪崩

    札内川十の沢北海道大学山岳部遭難事件(さつないがわじゅうのさわほっかいどうだいがくさんがくぶそうなんじけん)は、1965年(昭和40年)3月14日に北海道大学山岳部(沢田義一リーダー)6名が日高山脈札内川上流の十の沢付近で大規模な雪崩に遭い遭難した事件。参加パーティー6名全員が死亡した。札内川十の沢北海道大学山岳部遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • スノーシェルター

    スノーシェルターから見た雪崩雪崩

    また、雪崩の危険性があるような区間やトンネル間に堅牢な屋根を施工して線路を保護する場合もあるが、この場合はシェッドと呼ばれ区別される。スノーシェルター フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼市の歴史

    魚沼市の歴史から見た雪崩雪崩

    1927年2月10日 - 入広瀬村大白川で雪崩が発生。死者6名、負傷者1名、倒壊家屋1戸。魚沼市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た雪崩雪崩

    長野県小谷村の栂池高原スキー場で雪崩発生、愛知県の大学生2人が巻き込まれ、病院に運ばれるが死亡。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た雪崩雪崩

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 雪の結晶の観察と研究の年表

    雪の結晶の観察と研究の年表から見た雪崩雪崩

    1952年 - M. de Quervain(雪と雪崩スイス連邦雪と雪崩学会員)らによる雹と霰を含め10種の雪の結晶を国際測地学・地球物理学連合で定義雪の結晶の観察と研究の年表 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]