241件中 91 - 100件表示
  • 金精峠

    金精峠から見た雪崩雪崩

    寒冷な高地で積雪が多く5月頃まで残るため、峠近くはスノーシェルターで覆われ、冬季は完全閉鎖となる。たびたび付近で雪崩が起こるため、春期に開通してからも一時通行止めになることがよくある。金精峠 フレッシュアイペディアより)

  • フルカ・オーバーアルプ鉄道HG3/4形蒸気機関車

    フルカ・オーバーアルプ鉄道HG3/4形蒸気機関車から見た雪崩雪崩

    フルカ・オーバーアルプ鉄道の本線は1940-42年に両端で接続するレーティッシュ鉄道およびフィスプ-ツェルマット鉄道と同じ交流11000V 16 2/3Hzでの電化が順次なされて、HGe4/4I形電気機関車とBCFhe2/4形電車とで運行されるようになり、第二次世界大戦の影響による有事の際の予備として8機がしばらくは存置されていたが、その後本形式は引続き工事列車や除雪列車などの事業用や入換用もしくは多客時の臨時列車や蒸気機関車と旧型客車による観光列車の牽引用としてHG3/4 3、4、5、10号機の4機が引続き使用されている。特に、標高 2431mのフルカ峠を全長1874m、標高最大2162mのフルカトンネルで越える区間は豪雪・雪崩多発地帯であり、電化後も10月半ばから翌6月初めまでの冬季はオーバーヴァルト - レアルプ間を運休して架線や架線柱を撤去し、フルカロイス川を越える勾配110パーミル、全長36mのシュテッフェンバッハ鉄橋についても両端1/3ずつを陸上へ引き上げ、そのうちの下流側端部1/3とともに河岸側へ引寄せられた中央部1/3は橋台に沿って下方へ折りたたむことによって雪崩の被害を回避していたため、春にはこれらや損傷した軌道の復旧および除雪を行っていたため多くの工事列車が必要となっていた。フルカ・オーバーアルプ鉄道HG3/4形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • RECCO

    RECCOから見た雪崩雪崩

    RECCOは、雪崩により雪中に埋没した人の捜索のために作られた遭難救助システム。RECCO フレッシュアイペディアより)

  • 擦痕

    擦痕から見た雪崩雪崩

    断層、氷河によるもの以外に、流氷・雪崩・地滑り・山崩れ・泥流などの外的営力によって形成される場合や、岩塩や石膏のダイアピルが擦痕を生じさせる例もある。擦痕 フレッシュアイペディアより)

  • 氷河湖決壊洪水

    氷河湖決壊洪水から見た雪崩雪崩

    氷河湖決壊洪水(ひょうがこけっかいこうずい、、GLOF)とは、氷河や端堆石(エンドモレーン)のダムに支えられた氷河湖が決壊することによって起こる洪水のこと。氷河底湖 の決壊による場合は特にヨークルフロイプ ( ) と呼ばれ、氷河の側面と山の間にできた氷河湖が決壊した場合は辺湖排水と呼ばれる。氷河湖決壊洪水は、侵食・水圧の上昇・岩石や重い雪の雪崩・地震・氷震(、凍土のひび割れによって起こる揺れのこと)・氷の下での火山活動などが原因で起こり、また氷河が大きく崩落して氷河湖の水を溢れさせた場合にも起こり得る。氷河湖決壊洪水 フレッシュアイペディアより)

  • ATX計画

    ATX計画から見た雪崩雪崩

    スクエア・クレイモアを強化した武器。火薬入りのチタン弾M180A3を使用し、装弾数も増加した。アヴァランチは「雪崩」の意味。ATX計画 フレッシュアイペディアより)

  • 霧立のぼる

    霧立のぼるから見た雪崩雪崩

    雪崩』(1937年、東宝)霧立のぼる フレッシュアイペディアより)

  • 鋸山 (新潟県)

    鋸山 (新潟県)から見た雪崩雪崩

    崖に近い急登で残雪期は雪崩が頻発している危険ルートである。鋸山 (新潟県) フレッシュアイペディアより)

  • バイカル・アムール鉄道

    バイカル・アムール鉄道から見た雪崩雪崩

    バム鉄道建設時、労働条件は悪く現場に水道がないなどの不手際も多かった。建設作業用に60か所以上の集落ができたが、完成した後はほとんどが放棄されている。現在も線形の改良は進められており、2001年にはブリヤート共和国北部の区間に長さ15.3kmのセヴェロムイスキー・トンネルが開通し2003年に列車が走るようになった。それまでの同区間はトンネル完成までの仮の経路であり、距離が長く雪崩が多い上、急勾配を重連運転で越える難所であった。2011年には、ハニ?ティンダ?コムソモリスク・ナ・アムーレ間の電化が完成した。2015年にはワニノ港の近くに新クズネツキートンネルが開通し、2020年には全線複線化される予定である。バイカル・アムール鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬大雪渓

    白馬大雪渓から見た雪崩雪崩

    全長3.5km、標高差600mある日本では最大規模の雪渓。白馬岳(2,932m)と杓子岳(2,812m )により形成される谷にあり、両山の東方に位置する。登山口の猿倉から大雪渓までは白馬大雪渓遊歩道になっており約1時間半で到着するため大雪渓ケルンまでは手軽にハイキングが楽しめる。大雪渓末端に白馬尻小屋があり、雪崩による倒壊を避けるため毎年営業終了後の秋に山小屋は解体され翌年の春に組み立てられる。大雪渓後半は傾斜がきつくなり、それより先は白馬岳への本格的な登山コースとなる。雪上には歩行コースを示す赤い粉がまかれており、これにしたがって歩行する。大雪渓ケルンをすぎると右手には氷河遺跡、3号雪渓、2号雪渓が見られる。周辺は高山植物の宝庫でもあり、コバイケイソウ、キヌガサソウ、ニリンソウなどが多い。白馬大雪渓 フレッシュアイペディアより)

241件中 91 - 100件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]