173件中 91 - 100件表示
  • MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜

    MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜から見た雪崩雪崩

    収録しているコースは過酷な全24コース(逆走コースも含む)で、不用意にクラクションを鳴らすと雪崩がおきたり、落石がおこるなど、デンジャラスなステージとなっている。さらに、前作の「モーターストーム2」から登場したブースト冷やしも健在で、水のみならず、深さによっては雪の中に突っ込んでもエンジンが冷えて、連続ブーストが可能になる。また、新たに逆走コースも収録した。MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋喜平

    高橋喜平から見た雪崩雪崩

    高橋 喜平(たかはし きへい、1910年 - 2006年2月1日)は、日本の、雪崩研究家、エッセイスト。2006年2月1日午後8時55分、肺炎のため岩手県西和賀町の病院で死去。享年95。高橋喜平 フレッシュアイペディアより)

  • レッチュベルクトンネル

    レッチュベルクトンネルから見た雪崩雪崩

    レッチュベルクトンネル(Lötschberg Tunnel)はスイスのアルプス山脈を横切っている長さ14.6kmの鉄道用トンネル。ヴァレー州のゴッペンシュタインとベルン州のカンデルシュテッグとを結ぶ。1906年に工事が始まり、1908年2月に雪崩が労働者の宿泊場所を直撃して13人が死亡、同年7月にはトンネルが崩落し25人が死亡する事故が起こったものの1911年3月に貫通し1913年から列車が運行し始めた。複線トンネル1本で構成されている。レッチュベルクトンネル フレッシュアイペディアより)

  • アッペンツェラー・キャトル・ドッグ

    アッペンツェラー・キャトル・ドッグから見た雪崩雪崩

    オーストリアとの国境に近い、スイスのアペンツェラー州で作出された。親せき種のいずれかとスピッツタイプの犬などの交配によって作られた犬種で、エントレブッハーと同じく牧牛犬・牧山羊犬として誘導を行っていた他、牛乳を積んだ重い荷車を引いたり、山で雪崩が起きたり遭難者が出たときには救助犬としても働く頼もしい犬種である。アッペンツェラー・キャトル・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 同士討ち

    同士討ちから見た雪崩雪崩

    戦場では、直接的被害ではなく、「二次的な要因による同士討ち」もある。巨大戦艦が小型船舶の近くを横切る際の「高波」など、大小の船が入り乱れている海戦では脱出ボートに乗っている味方への被害も想定され、特に熟知していない海域では潮の満ち引きによる衝突の危険がある。また、音速を超える戦闘機が仕方なく回避行動で味方陣地を超低空飛行する際のソニックブーム(衝撃波)による破壊なども想定される。この他にも雪山での戦闘では、一斉射撃・砲撃をした場合、敵方を巻き込むつもりで発生させた雪崩の勢いで同士討ち(別の場所にいた部隊の巻き込み)を誘発する危険性がある(雪崩による同士討ちは、映画などでも演出される)。同士討ち フレッシュアイペディアより)

  • ナダレ定石

    ナダレ定石から見た雪崩雪崩

    ナダレ定石(なだれじょうせき)は囲碁の定石に付けられた俗称の一つで、小目への一間高ガカリに下ツケする形から発生する定石を指す。最初から接触戦となり、また変化型が多い難解定石の代表の一つ。石が接触しながら戦いになっていく様を「ナダレ」と形容された。定石として研究されたのは昭和になってからと新しく、現代でも多くの変化が生まれ続けている。また大型定石となる形も多く、周囲に石がある場合にはツブレとなる可能性もあるため、周辺の配石に注意して着手を選ぶ必要がある点でも難しい手法と言える。ナダレ定石 フレッシュアイペディアより)

  • 安房峠道路

    安房峠道路から見た雪崩雪崩

    この事故によって現場では土砂崩れと同時に雪崩も発生した。梓川になだれ込んだ土砂は6,000mにも及んだ。これによって中ノ湯側の出口は当初予定されていたよりも北側に変更され、トンネル延長が当初の予定より20m長くなった。建設中の陸橋の一部は現状破棄された。また「中の湯温泉旅館」はこの事故の影響を受けて安房峠への途中にある現在地へ移転した。安房峠道路 フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川市の歴史

    糸魚川市の歴史から見た雪崩雪崩

    1824年 - 根知村(現在の糸魚川地区)の戸倉山で大規模な雪崩が発生。千国街道のボッカ宿が全壊し、死者多数。糸魚川市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ミェチスワフ・カルウォーヴィチ

    ミェチスワフ・カルウォーヴィチから見た雪崩雪崩

    存命中は、とりわけその華麗な交響詩により、ポーランド音楽界の再生を担う希望の星として、シマノフスキ以上に将来を有望視されていたが、タトラ山脈にてスキー遠征中に、雪崩に遭遇し死去した。ミェチスワフ・カルウォーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 鶴の湯温泉 (秋田県)

    鶴の湯温泉 (秋田県)から見た雪崩雪崩

    2006年(平成18年)2月に、平成18年豪雪の影響で雪崩が発生し、巻き込まれた従業員1名が死亡し、客など16名が負傷した。そのため、冬季中、本陣は臨時休業し、別館のみの営業であったが、同年4月20日から営業を再開した。鶴の湯温泉 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

173件中 91 - 100件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]