173件中 11 - 20件表示
  • 雪

    から見た雪崩雪崩

    雪食地形(せっしょくちけい) - 頻度高く発生する雪崩などが山肌を削り取ることによって形成される地形。 フレッシュアイペディアより)

  • 山スキー

    山スキーから見た雪崩雪崩

    山スキーは雪山登山と同じ、もしくはそれ以上に雪崩に遭遇するリスクが高い。そのため、雪崩に対する正しい知識が必要である。山スキー フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ13作品リスト/単行本第145巻

    ゴルゴ13作品リスト/単行本第145巻から見た雪崩雪崩

    スイスの山奥の別荘に引きこもっている元大統領の狙撃を依頼されたゴルゴ。依頼を完了したゴルゴは雪崩に巻き込まれ、腕を負傷、偶然目撃していたホテルの宿泊客らに救出される。しかし、目を覚ましたゴルゴはホテルで起きた殺人事件の容疑者にされてしまう。ゴルゴ13作品リスト/単行本第145巻 フレッシュアイペディアより)

  • なだれ

    なだれから見た雪崩雪崩

    なだれ フレッシュアイペディアより)

  • アバランチコントロール

    アバランチコントロールから見た雪崩雪崩

    アバランチコントロール フレッシュアイペディアより)

  • ヤニ・ポガカー

    ヤニ・ポガカーから見た雪崩雪崩

    2006年にイタリアのモンテ・ローザで開催されたレッドブル・スノースリル・チャレンジに出場した際、滑走中に雪崩が発生し、滑っていたポガカーも飲みこまれてしまったものの何とか抜け出しゴールし、9位となっている。ヤニ・ポガカー フレッシュアイペディアより)

  • シェッド

    シェッドから見た雪崩雪崩

    シェッドとは、道路や鉄道上に設置されるトンネル状防護施設。覆い工、洞門工、覆道とも呼ばれる。落石対策のものをロックシェッド、雪崩対策のものをスノーシェッドという。両者を兼ね備える構造のシェッドも存在する。シェードと言う場合もあるシェッド フレッシュアイペディアより)

  • 向白神岳

    向白神岳から見た雪崩雪崩

    向白神岳(むかいしらかみだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある山で、標高は1,250m。白神山地の最高峰。現在この山の山頂に至る登山道は整備されておらず、ヤブ漕ぎなどを強いられるため、登頂することはかなり困難である。白神岳山頂にある避難小屋の記録では、白神岳から行きで5時間、帰りが12時間もかかったとする記録もある。比較的楽に登頂するには、残雪期をねらうのが良いが、雪崩の危険性もあり、高度な登山技術を必要とする。向白神岳 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ大量死/記録文書

    エゾシカ大量死/記録文書から見た雪崩雪崩

    1879年(明治12年)2月17日号「寿都郡中歌村周辺では2月5日に近年稀に見る暴風と豪雪により住民は家の中に閉ざされた。翌6日になっても暴風は続き、午後10時頃になってようやく風が止んだ。この間に積雪量は1.5 - 3mにもおよび、人家は雪に埋もれていた。小樽は山を背後に控えた港町という地形的条件により町全体が雪の吹き溜まり場所となり、雪崩の危険があるにもかかわらず町から出ることができないような状態であった」エゾシカ大量死/記録文書 フレッシュアイペディアより)

  • 青沢越

    青沢越から見た雪崩雪崩

    最近まで、未舗装の狭く危険な峠道であり、車で走るには難渋し、一年の半分以上は冬季閉鎖であったが、近年、分水嶺にある青沢トンネルを始めとするトンネル群が完成し、大型トラックの走行が可能な全線2車線の道路拡幅が完了したことにより、通年通行が可能になり、最上地方と庄内地方を結ぶ第2のルートとなった。金山町や真室川町から庄内に向かう最短ルートではあるが、峠部分は、急勾配・急カーブが続き、土砂崩れや雪崩が頻発する、安全とは言い難い厳しい道路であるため、遠回りになっても国道47号を使う車が多く、通行量はそれほど多くはない。青沢越 フレッシュアイペディアより)

173件中 11 - 20件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]