241件中 31 - 40件表示
  • 硬砂岩

    硬砂岩から見た雪崩雪崩

    かつての一般的な堆積の法則からは、硬砂岩のように礫・砂・泥が混在している状態は説明がつかなかった。しかし混濁流(turbidity currents)やタービダイトが知られるようになり、ようやく硬砂岩の形成過程が説明できるようになった。現在の地質学者は、海底雪崩または強い混濁流によって硬砂岩ができると考えている(「混濁流形成説」)。混濁流によって沈殿物が激しく撹拌(かくはん)されると、その撹拌物は懸濁液を作る。これによって、岩石はさまざまな堆積状況を示すのである。原因となるとなる混濁流は、大陸棚の縁、海溝の底、山脈形成される場所の山麓部で発生する。硬砂岩は、深海起源の黒色頁岩のような岩石とも共存する場合がある。硬砂岩 フレッシュアイペディアより)

  • K2/ハロルドとテイラー

    K2/ハロルドとテイラーから見た雪崩雪崩

    ある時、2人がアラスカの断崖でトレーニングをしていると、世界的な登山家クレイボーン率いる山岳パーティが雪崩に巻き込まれる。彼らを救助した2人は、彼らが次にK2への登頂を計画している事を知り、パーティに加わる事になる。K2/ハロルドとテイラー フレッシュアイペディアより)

  • マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 31-32形電車

    マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 31-32形電車から見た雪崩雪崩

    1906-08年に開業したマルティニ・シャトラール鉄道は全長18.36km、最急勾配はラック区間200パーミル、粘着区間70パーミルで、落石や雪崩の被害低減やトンネル断面積の縮小のため山岳区間では架空線からではなく第三軌条から集電する方式とした山岳鉄道であり、マルティニーからフランス国境近くのシャトラールに至り、国境でフランス側のコル・デ・モンテ線に接続している。同鉄道の沿線地域は古くからの街道沿いで、モンブラン観光のルートでもあったが、古くから水資源の開発が進められており、現在では世界でも有数の堤高285m、堤頂長は約700mにもおよぶ世界最大の重力式コンクリートダムであるグランド・ディクセンスダムとそのダム湖であるエモッソン湖による発電所はスイスの電力の20%を供給可能な水力発電の拠点となっている。この地方の水力発電の開発は第一次世界大戦後に路線の電化を進めるためにスイス国鉄によって始められ、ダムおよび発電所の建設のため、マルティニ・シャトラール鉄道がその資材等の輸送に活用されることとなった。しかしながら同鉄道には200パーミルのラック区間があり、当時手持ちの、動軸2軸で定格出力220kWのHGe2/2形電気機関車や定格出力176kWのBCFe4/4 1...15形(後のABDeh4/4 1...15形)といった機材では輸送力が不足するものの、同鉄による新たな機材の調達も困難であったため、スイス国鉄が貨物列車牽引用の荷物電車2機と、2軸有蓋車4両および2軸ボギー平物車2両を供与してマルティニ・シャトラール鉄道が運行することとなった。そしてこの計画に基づいて導入された3等・荷物合造電車が本項で述べるCFe4/4 21-22形で、K 121-124形およびM 131-132形貨車があわせて導入されており、スイス国鉄による発電所建設が1925年に終了にともない、1926年に2機ともそのままマルティニ・シャトラール鉄道へ譲渡されている。マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 31-32形電車 フレッシュアイペディアより)

  • MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜

    MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜から見た雪崩雪崩

    収録しているコースは過酷な全24コース(逆走コースも含む)で、不用意にクラクションを鳴らすと雪崩がおきたり、落石がおこるなど、デンジャラスなステージとなっている。さらに、前作の「モーターストーム2」から登場したブースト冷やしも健在で、水のみならず、深さによっては雪の中に突っ込んでもエンジンが冷えて、連続ブーストが可能になる。また、新たに逆走コースも収録した。MotorStorm Raging Ice 〜モーターストーム レイジングアイス〜 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ大量死/記録文書

    エゾシカ大量死/記録文書から見た雪崩雪崩

    1879年(明治12年)2月17日号「寿都郡中歌村周辺では2月5日に近年稀に見る暴風と豪雪により住民は家の中に閉ざされた。翌6日になっても暴風は続き、午後10時頃になってようやく風が止んだ。この間に積雪量は1.5 - 3mにもおよび、人家は雪に埋もれていた。小樽は山を背後に控えた港町という地形的条件により町全体が雪の吹き溜まり場所となり、雪崩の危険があるにもかかわらず町から出ることができないような状態であった」エゾシカ大量死/記録文書 フレッシュアイペディアより)

  • ロジャーズ峠

    ロジャーズ峠から見た雪崩雪崩

    この峠を通る線路が1884年に建設された時、ビーバー川から上る東側の路線には、撮影によく使われるストーニー・クリーク橋のような長大橋を必要とした。また峠の西側では、険しい丘陵を越え、また雪崩を避けるために一連のループが用いられた。カナダ太平洋鉄道は1985年秋に工事が完了した後も、しばらく線路を開通させずに置き、冬の間の雪崩の状況を監視した。その結果、31ヶ所にスノーシェードを設置し、その総延長は約6.5キロメートルに及んだ。ロジャーズ峠 フレッシュアイペディアより)

  • マイリンゲン-インナートキルヒェン鉄道BDa2/2 4-5形蓄電池車

    マイリンゲン-インナートキルヒェン鉄道BDa2/2 4-5形蓄電池車から見た雪崩雪崩

    なお、KWOでは所有する地下専用鉄道のうち、全長4.8km、軌間500mm、最急勾配88パーミルのグッタネン-ハンデック線においても、近隣の道路に雪崩の危険がある場合には通学用として人員輸送用の蓄電池電車牽引の列車を運行しているほか、沿線には観光用としてダムおよび湖に至るケーブルカー1路線、ロープウェイ・リフト3路線を運行し、他の電力会社が保有するケーブルカー1路線の保守も行っている。マイリンゲン-インナートキルヒェン鉄道BDa2/2 4-5形蓄電池車 フレッシュアイペディアより)

  • 戸来岳

    戸来岳から見た雪崩雪崩

    また、大駒ヶ岳登山道の途中の標高1060mにあるダケカンバは、森林限界付近に生え、積雪と雪崩、強い風に耐えて成長した姿は独特の物がある。樹齢は300年程度と推定されており、全国巨樹・巨木林の会の調査により「日本一のダケカンバ」(2009年9月27日)と言われている。戸来岳 フレッシュアイペディアより)

  • 頽雪

    頽雪から見た雪崩雪崩

    頽雪 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴の湯温泉 (秋田県)

    鶴の湯温泉 (秋田県)から見た雪崩雪崩

    2006年(平成18年)2月に、平成18年豪雪の影響で雪崩が発生し、巻き込まれた従業員1名が死亡し、客など16名が負傷した。そのため、冬季中、本陣は臨時休業し、別館のみの営業であったが、同年4月20日から営業を再開した。鶴の湯温泉 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

241件中 31 - 40件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]