241件中 41 - 50件表示
  • リヴィーニョ

    リヴィーニョから見た雪崩雪崩

    リヴィーニョの地に最初に定住したのは、おそらくは中世の羊飼いたちである。この地域について記した最古の文献には、ラテン語で という名で言及されている。この地名はブドウ畑を意味するものではなく、ドイツ語で雪崩を意味する言葉から来ている。リヴィーニョの谷筋は雪崩の危険と常に隣り合わせであった。村に大きな被害をもたらした最後の雪崩は1951年のもので、この時には、十数軒の家が損壊し7人が死亡した。リヴィーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ヤニ・ポガカー

    ヤニ・ポガカーから見た雪崩雪崩

    2006年にイタリアのモンテ・ローザで開催されたレッドブル・スノースリル・チャレンジに出場した際、滑走中に雪崩が発生し、滑っていたポガカーも飲みこまれてしまったものの何とか抜け出しゴールし、9位となっている。ヤニ・ポガカー フレッシュアイペディアより)

  • 上越国境

    上越国境から見た雪崩雪崩

    上越国境を超える道には主に清水峠ルート(群馬県利根郡みなかみ町 - 新潟県南魚沼市)と三国峠ルート(みなかみ町 - 新潟県南魚沼郡湯沢町)があり、上野国と越後国を最短で結ぶため、両者とも古来より利用されてきたが、急峻な地形に加え、夏の集中豪雨、冬の豪雪、雪崩など土砂災害が多発する難所であった。清水峠ルートには上杉謙信を始めとする越後の戦国大名、上杉氏の行軍の際に使用された十五里尾根があり、謙信尾根とも呼ばれた。江戸時代には、三国峠ルートである三国街道が整備され、清水峠ルートは長年にわたって使われなくなった。上越国境 フレッシュアイペディアより)

  • 三俣の大雪崩

    三俣の大雪崩から見た雪崩雪崩

    三俣の大雪崩(みつまたのおおなだれ)は、1918年に新潟県南魚沼郡三俣村(現在の湯沢町字三俣)で発生した雪崩災害。三俣雪崩とも呼ばれる。死者155名にのぼり、2012年現在、日本最悪の雪崩災害である。三俣の大雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • クレーター氷河

    クレーター氷河から見た雪崩雪崩

    その名の通り、氷河はセントヘレンズ山の1980年の噴火の際に生じた北向きのクレーター内に存在しており、氷河の標高は2,071メートルである。1980年から1987年にかけて成長した巨大な溶岩ドームは、火口の中央にあり、氷河はドームの回りを馬蹄形に成長し、東西2つの先端部にはモレーンが堆積した。冬季の大量の降雪、繰り返される雪崩や落石、そして南側を取り囲んで日射を遮る火口壁の存在といった条件が重なり、この氷河は例外的とも言える急速な成長を見せた。その結果、氷河の組成は氷が6割、岩石が4割と推測され、厚みの平均は約100メートル、最大で200メートルに達すると見積もられており、レーニア山のカーボン氷河に匹敵する。1980年よりも旧い氷が存在していないにもかかわらず、この新しい氷河の体積は、1980年以前にこの山系に存在した全ての氷河を合わせた値とほぼ同じである。氷河の表面は、噴火による火山灰と急峻で不安定な火口壁から崩落する大量の落石のために、夏の間は暗く汚れているが、その事自体が氷河に断熱効果をあたえその成長を助けている。2004年から2008年の噴火活動では、複数の溶岩ドームが生じ、火口の南端で氷河をほとんど2つに分離してしまう寸前までいった。しかし4年もの間溶岩ドームが活動を続けたにも関わらず、氷河は北アメリカで最も新しく、最も成長の速い氷河のままであり続けた。2008年5月には、クレーター氷河の北端が結合し、溶岩ドームを完全に包囲してしまった。氷河からの融水はルーウィット川の源泉となっている。クレーター氷河 フレッシュアイペディアより)

  • ユンガイ

    ユンガイから見た雪崩雪崩

    1962年にワスカランで氷河が崩れ、ユンガイを含む麓の村々を雪崩が襲った。この雪崩での死者は3,000人を超えた。ユンガイ フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道53号岩間一里野線

    石川県道53号岩間一里野線から見た雪崩雪崩

    1976年(昭和51年)12月3日:白山一里野温泉スキー場オープン。冬季の往来を容易にするために雪崩防止の改修工事を行い、冬期間閉鎖されていた東荒谷から尾添までの区間の通年通行が可能となった。石川県道53号岩間一里野線 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道375号平岩停車場蒲原線

    新潟県道375号平岩停車場蒲原線から見た雪崩雪崩

    すべての区間で姫川の左岸に沿っている。姫川右岸は長野県北安曇郡小谷村北小谷であり、起点付近の沿道からは北小谷の集落を望むことができる。大所集落を過ぎると勾配が上がり、つづら折りの坂道が続く。落石ならびに雪崩対策として、山側斜面の法尻部にはロックキーパーやスノーキーパーなどが随所に設置されている。葛葉峠を越えると、新潟・長野県境の蒲原沢に架かる国界橋(旧橋)北詰に至る。ここから終点である國界橋(現橋)北詰の国道148号との交点までは再び、急勾配のつづら折りが続く。新潟県道375号平岩停車場蒲原線 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道300号白骨温泉線

    長野県道300号白骨温泉線から見た雪崩雪崩

    以前は概ね12月中旬から4月中旬まで路面凍結や雪崩などの危険があり冬期閉鎖であったが改良によって通年通行可能となった。長野県道300号白骨温泉線 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋喜平

    高橋喜平から見た雪崩雪崩

    高橋 喜平(たかはし きへい、1910年 - 2006年2月1日)は、日本の、雪崩研究家、エッセイスト。2006年2月1日午後8時55分、肺炎のため岩手県西和賀町の病院で死去。享年95。高橋喜平 フレッシュアイペディアより)

241件中 41 - 50件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]