173件中 41 - 50件表示
  • 金精トンネル

    金精トンネルから見た雪崩雪崩

    標高が高いため、例年12月末から4月末の間は、金精道路全体が閉鎖される。たびたび付近で雪崩が起こるため、春に開通しても通行止めになることがよくある。金精トンネル フレッシュアイペディアより)

  • タマ

    タマから見た雪崩雪崩

    忠犬タマ公。雪崩から主人を救い忠犬として著名な犬で、新潟駅に銅像がある。タマ フレッシュアイペディアより)

  • M20 75mm無反動砲

    M20 75mm無反動砲から見た雪崩雪崩

    ただしベトナム戦争中においても、アメリカ陸軍特殊部隊群の指揮下に編成された民間不正規戦グループ(CIDG)や、タイ軍・フィリピン軍など同盟国軍においては運用が継続されていた。陸上自衛隊においても、アメリカ軍供与品を75mm無反動砲M20として、普通科部隊が保有していた。また現在でも、雪崩予防(アバランチコントロール)に用いるため、アメリカ合衆国国立公園局において運用が継続されている。M20 75mm無反動砲 フレッシュアイペディアより)

  • 宝台ループ線

    宝台ループ線から見た雪崩雪崩

    昭和初期の建設であったが当時の最新の技術で建設されており、ロシア国鉄の話では、雪崩や崖崩などの災害が起きても、日本が建設した施設は丈夫であったとしている。宝台ループ線 フレッシュアイペディアより)

  • 数値標高モデル

    数値標高モデルから見た雪崩雪崩

    水流や地塊運動(雪崩など)数値標高モデル フレッシュアイペディアより)

  • 三国峠 (群馬県・新潟県)

    三国峠 (群馬県・新潟県)から見た雪崩雪崩

    古くは越後と江戸を最短距離で結ぶ三国街道の一部として整備されていたが、冬期の積雪、雪崩、夏場の集中豪雨による土砂災害など難所であった。昭和になり、国道17号(三国トンネル)の開通により物流の大動脈となるが、その後の関越自動車道の開通により交通量は減少した。ただし、燃料や一部の薬品などの危険物を搭載した車輌は関越トンネルの通行が禁止されているため、現在でもこの峠を経由している。バブル景気の前後には、月夜野ICから苗場スキー場に向けてスキーヤーの車で大渋滞した。現在、三国トンネルの老朽化などに伴って新三国トンネルの建設が計画されている。三国峠 (群馬県・新潟県) フレッシュアイペディアより)

  • 泡雪崩

    泡雪崩から見た雪崩雪崩

    泡雪崩(ほうなだれ)は、雪崩の一種。ホウ雪崩とも表記する。大規模な煙型乾雪表層雪崩を指し、新潟県や富山県では単にホウとも呼ぶ。泡雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬鑓温泉

    白馬鑓温泉から見た雪崩雪崩

    山小屋である「白馬鑓温泉小屋」だけが季節営業している一軒宿の秘湯。温泉街は存在しない。例年7月上旬から9月下旬だけの営業で、期間外は閉鎖され、建物は雪崩を避けるために解体される。毎年6月下旬から小屋の組み立てを行っている。組み立て・解体が容易な構造のため、簡素な造りの山小屋である。自家発電の温泉山小屋のため、21時以降は消灯となる。白馬鑓温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ラウプハイム陸軍飛行場

    ラウプハイム陸軍飛行場から見た雪崩雪崩

    大戦後の1964年に、新しく陸軍用ヘリコプターの飛行場を整備するために飛行場跡地の再利用のため建設が始まる。第2軍団第2工兵団によって建設され、完成後最初に配備されたヘリコプターはシコルスキー S-58輸送ヘリコプターであった。1960年代に西ドイツ陸軍は増強され、本飛行場に所在していた陸軍航空隊も1971年の再編成で南部ドイツ地方に展開していた陸軍航空隊の本部としての機能を担っていた。この時期に第200陸軍航空大隊、第207陸軍航空整備隊および第25中型輸送ヘリコプター連隊が編成された。1971年にはシコルスキー CH-53大型輸送ヘリコプターに機種が更新される。CH-53の導入以来、30年以上にわたってフランスのピレネー山脈やイタリアのアルプス山脈での雪崩およびギリシャでの大災害などで出動しており、連隊は総飛行時間12,000時間に及んでいる。ラウプハイム陸軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 地獄谷温泉 (富山県)

    地獄谷温泉 (富山県)から見た雪崩雪崩

    1968年に雷鳥荘(旧)が雪崩被害を受け、現在の尾根の上に移転した。地獄谷温泉 (富山県) フレッシュアイペディアより)

173件中 41 - 50件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]