173件中 51 - 60件表示
  • 東の沢ダム

    東の沢ダムから見た雪崩雪崩

    安全に徹底した工事が進められたがそれでも日高山脈の自然は厳しくダム工事が実施された冬季の平均気温は氷点下5度、最低気温は氷点下23度に及ぶこともあった。こうした中で度々の雪崩、春季には落石や大規模な崩落などが相次いだものの、施工者と工事担当企業の安全への徹底と工事技術の進歩などによって1987年(昭和62年)2月にダム・発電所が完成するまでの約4年間、完全無事故・無災害を達成、「慰霊碑のない発電所」は実現したのである。東の沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • フルカベーストンネル

    フルカベーストンネルから見た雪崩雪崩

    標高2431mのフルカ峠を超える鉄道は、かつては2160mの高所を全長1.874km(1.858km説あり)の(旧)フルカトンネル(独: Furka-Scheiteltunnel)で抜けていた。その前後は最大勾配110パーミルのアプト式、しかも冬季は豪雪地帯ゆえ雪崩の被害を避けるために鉄橋を取り外すほどで、半年以上にわたり運休を余儀なくされる難所であった。フルカベーストンネル フレッシュアイペディアより)

  • 高見ダム

    高見ダムから見た雪崩雪崩

    こうした激務によって地形・地質などの基礎資料が整い、かつ林道なども静内川沿いに整備されたことでダム建設のための調査は後半になると円滑になった。ダム建設に伴う水没地の補償は営林署の所有する国有林のみであり、人家の水没補償はなかったため比較的問題なく進み、1978年(昭和53年)よりダムと発電所の工事に着手した。だがこの工事も相次ぐ労働災害によって殉職者を出す難工事となった。まず1979年(昭和54年)3月21日には発電所工事用搬入路トンネル建設現場で火薬が爆発して3名が死亡、1982年(昭和57年)4月にはダム建設の際に河川の流路を変更する仮排水路のバイパストンネル工事現場で落盤事故が発生して3名が死亡、このほか工事現場へ向かう際の転落事故などで作業員が死亡するなど建設中の事故が相次いだ。さらに冬季から春季にかけての雪崩、それに続く融雪洪水による工事設備の損壊など、自然も猛威を振るった。1982年3月21日には浦河沖地震が発生、静内町は震度5の強震を記録したがダム本体への影響はほとんど無かった。高見ダム フレッシュアイペディアより)

  • 日本雪氷学会

    日本雪氷学会から見た雪崩雪崩

    公益社団法人日本雪氷学会(こうえきしゃだんほうじん にほんせっぴょうがっかい、)は、雪氷学を研究する学会。極地雪氷、凍土、雪崩、雪氷物性、衛星観測、雪氷工学、雪氷化学、気象水文、吹雪の各分科会と氷河情報センターを有し、雪、氷およびその周辺環境の研究を行う。年1回全国大会を開催。日本雪氷学会 フレッシュアイペディアより)

  • 覆道

    覆道から見た雪崩雪崩

    覆道(ふくどう)とは雪崩や落石、土砂崩れから道路を守るために作られた、トンネルに類似の形状の防護用の建造物。「洞門」と呼ばれることが多い。他には覆い工、シェッド、シェードとも呼ばれる。雪対策のものはスノーシェッド、岩石対策のものはロックシェッドという。両者を兼ね備えるものもある。覆道 フレッシュアイペディアより)

  • 雪中隧道

    雪中隧道から見た雪崩雪崩

    豪雪に見舞われる新潟県魚沼地方では、冬期間の交通の安全確保が至上命令となっていた。1970年代までは、道路の改良や除雪体制が発達しておらず、移動を徒歩によらねばならない集落は多数存在した。豪雪地帯における徒歩による移動は、体力を要求されると共に、山間部の区間によっては、雪崩や吹雪に巻き込まれる危険性があり、地元住民でも遭難死する例が見られた。雪中隧道は、こうした山間部の危険箇所をショートカットする目的で造られた。雪中隧道 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道375号平岩停車場蒲原線

    新潟県道375号平岩停車場蒲原線から見た雪崩雪崩

    すべての区間で姫川の左岸に沿っている。姫川右岸は長野県北安曇郡小谷村北小谷であり、起点付近の沿道からは北小谷の集落を望むことができる。大所集落を過ぎると勾配が上がり、つづら折りの坂道が続く。落石ならびに雪崩対策として、山側斜面の法尻部にはロックキーパーやスノーキーパーなどが随所に設置されている。葛葉峠を越えると、新潟・長野県境の蒲原沢に架かる国界橋(旧橋)北詰に至る。ここから終点である國界橋(現橋)北詰の国道148号との交点までは再び、急勾配のつづら折りが続く。新潟県道375号平岩停車場蒲原線 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

    蒼天の白き神の座 GREAT PEAKから見た雪崩雪崩

    このゲームは登山隊の隊長となり、前人未踏の高峰を目指す、登山シミュレーションゲームである。1年の始めにその年の登山計画を練る「計画モード」と、実際の登山を行う「作戦モード」からなる。雪崩や落石に加え、低温による凍傷、強風による滑落、低酸素濃度による高度障害などが登山隊の隊員たちを襲い、常に生命の危険にさらされることとなる。蒼天の白き神の座 GREAT PEAK フレッシュアイペディアより)

  • 名塚秀二

    名塚秀二から見た雪崩雪崩

    2004年、ヒマラヤで雪崩に巻き込まれ死亡。名塚秀二 フレッシュアイペディアより)

  • 三瓶温泉

    三瓶温泉から見た雪崩雪崩

    昔は志学温泉と呼ばれていた。また、昔は炭酸泉も湧出しており、ラムネを製造していたが、昭和38年の雪崩で埋没してしまった。今日の源泉はそれ以降のもので、山を少し入っていった所にある。三瓶温泉 フレッシュアイペディアより)

173件中 51 - 60件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]