173件中 61 - 70件表示
  • 逆川岳

    逆川岳から見た雪崩雪崩

    春にスキーが行われている場所としても有名。登山中に雪崩が発生することもあり、注意も必要である。逆川岳 フレッシュアイペディアより)

  • テン・エイティ シルバーストーム

    テン・エイティ シルバーストームから見た雪崩雪崩

    『テン・エイティ スノーボーディング』の続編。スノーボードで雪山を滑り、ライバルを相手にレースを行ったり、トリックを成功させると入手できるスコアで競ったりする。コースは全て新しくなり、場合によっては雪崩が発生し、緊迫感ある滑走を楽しむことができる。トリックの操作コマンドも一新された。テン・エイティ シルバーストーム フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省立山砂防工事専用軌道

    国土交通省立山砂防工事専用軌道から見た雪崩雪崩

    豪雪地帯であるため、列車の全線での運行は毎年5月下旬 - 6月上旬から11月中旬までに限定される。冬期は雪崩による被害が出る恐れのある橋梁や、防護柵などが撤去される。国土交通省立山砂防工事専用軌道 フレッシュアイペディアより)

  • スヴァネティ

    スヴァネティから見た雪崩雪崩

    スヴァネティの気候は湿潤で、一年を通じて黒海から流れ込む気団の影響を受けている。年平均の気温および降水量は標高によって変化し、降水量の場合、1000 mmから 3200 mm の間で変化する。最も多く雨が降るのは大カフカース山脈に含まれる地域である。冬のこの地方は大豪雪地帯であり、雪崩も珍しいものではない。場所によっては積雪量が 5 m に達するところもある。スヴァネティ フレッシュアイペディアより)

  • 南魚沼市消防本部

    南魚沼市消防本部から見た雪崩雪崩

    2月9日 スキー場で雪崩れ(六日町大字坂戸 軽傷者1名)南魚沼市消防本部 フレッシュアイペディアより)

  • 上越国境

    上越国境から見た雪崩雪崩

    上越国境を超える道には主に清水峠ルート(群馬県利根郡みなかみ町 - 新潟県南魚沼市)と三国峠ルート(みなかみ町 - 新潟県南魚沼郡湯沢町)があり、上野国と越後国を最短で結ぶため、両者とも古来より利用されてきたが、急峻な地形に加え、夏の集中豪雨、冬の豪雪、雪崩など土砂災害が多発する難所であった。清水峠ルートには上杉謙信を始めとする越後の戦国大名、上杉氏の行軍の際に使用された十五里尾根があり、謙信尾根とも呼ばれた。江戸時代には、三国峠ルートである三国街道が整備され、清水峠ルートは長年にわたって使われなくなった。上越国境 フレッシュアイペディアより)

  • 砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)

    砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎)から見た雪崩雪崩

    アニメ第4作第109話「雪山の怪異・のびあがり」で使用。砂を撒いて周囲を竜巻状の結界で包み込み、敵妖怪の接近を阻む。どんな妖怪もこの内部に入り込む事はできないとの事だが、津波や雪崩には効果が薄い。砂かけ婆 (ゲゲゲの鬼太郎) フレッシュアイペディアより)

  • アヴァランチ湖 (ニューヨーク州)

    アヴァランチ湖 (ニューヨーク州)から見た雪崩雪崩

    ジョン・リチャード裁判官、政治家ルーベン・サンフォード率いる測量隊により、1833年、ヨーロッパ人により、湖が最初に発見された。湖は、ウィリアム・チャールズ・レッドフィールドによって名付けられた。1869年8月20日、コールデン山の地滑りで大規模な雪崩が発生した。この土砂により、湖の水位が上がった。1942年には、さらに別の雪崩が発生し、水面が10フィート(3m)上がった。アヴァランチ湖 (ニューヨーク州) フレッシュアイペディアより)

  • ビーコン

    ビーコンから見た雪崩雪崩

    積雪時における登山や山スキーなど、雪崩に遭遇する危険のある場合に携行する小型の機器であり、電波の発射及び受信が可能である。「アバランチトランシーバー(Avalanche transceiver)」とも呼ばれる。同行者が雪崩に巻き込まれ雪の中に埋没してしまった場合、埋没した人が携行しているビーコンから発射される電波を救助者のビーコンで受信することにより、埋没した人の位置を探索することができる。ビーコン フレッシュアイペディアより)

  • 森田勝

    森田勝から見た雪崩雪崩

    1966年、東京緑山岳会にも海外遠征の話が出始める。目標が南米最高峰のアコンカグアと決まり、森田も強く参加を希望する。しかし必要な費用の工面ができずに参加できなくなる。そこで、雪崩が頻発するため冬季登攀は不可能と見られていた谷川岳滝沢第三スラブ(三スラ)へ、岩沢英太郎との登攀を計画。危険すぎる計画に東京緑山岳会から脱会を言い渡されるが、1967年2月24日午前に取り付き。引っ切り無しに発生するチリ雪崩の中を登攀。ビバークの後、翌2月25日、チリ雪崩、雪の中をオーバーハングを乗り切り、同日夕方に初登攀成功。森田勝 フレッシュアイペディアより)

173件中 61 - 70件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]