241件中 61 - 70件表示
  • 蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

    蒼天の白き神の座 GREAT PEAKから見た雪崩雪崩

    このゲームは登山隊の隊長となり、前人未踏の高峰を目指す、登山シミュレーションゲームである。1年の始めにその年の登山計画を練る「計画モード」と、実際の登山を行う「作戦モード」からなる。雪崩や落石に加え、低温による凍傷、強風による滑落、低酸素濃度による高度障害などが登山隊の隊員たちを襲い、常に生命の危険にさらされることとなる。蒼天の白き神の座 GREAT PEAK フレッシュアイペディアより)

  • タニウツギ

    タニウツギから見た雪崩雪崩

    日本特産。北海道の西側、本州の東北地方、北陸地方、山陰地方に分布し、日本海型気候の山地の谷沿いや斜面に多く見られる。雪崩が多発する急傾斜地ではブナ林などの高木林は成立しにく、本種などのしなやかな低木類の群落となることが多い。タニウツギ フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨河合パーキングエリア

    飛騨河合パーキングエリアから見た雪崩雪崩

    元来の計画では、東海北陸道がもう少し北を通ることとなっていて、明かり区間も現道より長く取られていたが、雪崩の危険性を考慮して現在のコースへと計画変更された。その際に、分岐合流の余裕が少ないことや、隣のPAと近いこともあり、当PAの計画が撤回されそうになったが、長大トンネルが連続する区間での緊急事態を考慮して、2年あまりの交渉の末にPAが設置されることとなった。飛騨河合パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • テン・エイティ シルバーストーム

    テン・エイティ シルバーストームから見た雪崩雪崩

    『テン・エイティ スノーボーディング』の続編。スノーボードで雪山を滑り、ライバルを相手にレースを行ったり、トリックを成功させると入手できるスコアで競ったりする。コースは全て新しくなり、場合によっては雪崩が発生し、緊迫感ある滑走を楽しむことができる。トリックの操作コマンドも一新された。テン・エイティ シルバーストーム フレッシュアイペディアより)

  • 殺しの双曲線

    殺しの双曲線から見た雪崩雪崩

    観雪荘ではその後も森口が棚から落ちた道具箱で頭を打って死に、五十嵐はナイフで刺されて殺された。そして、そのたびに前の2件と同様にカードが残され、ボウリングのピンも減っていた。五十嵐の死体を3人の「雪の墓」の隣に埋めたあと、駅前の食堂からかかってきた電話に対し、早川は状況を説明して警察への通報を依頼した。地元警察が急行したが、雪崩のため自衛隊の力を借りても観雪荘に着くのに2日はかかるという。電話も再び不通となり、なぜ一時的につながったのかは不明であった。殺しの双曲線 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの地理

    イタリアの地理から見た雪崩雪崩

    イタリアでは地すべり、雪崩、地震、火山の噴火、洪水などの自然災害が考えられるほか、ヴェネツィアでは地盤沈下も大きな問題となっている。また二酸化硫黄による大気汚染や農工業用水による河川の汚染、酸性雨、産業廃棄物の処理能力の不足などの環境問題が発生している。イタリアの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 烏川 (長野県)

    烏川 (長野県)から見た雪崩雪崩

    戦後、烏川の水力発電を継承した中部電力は、新たに烏川第三発電所の建設を計画する。烏川本流のほか、支流の一ノ沢・二ノ沢・東沢にも取水口を配置し、最大4立方メートル毎秒の水を取り入れ、最大1万6,400キロワットの電力を発生する。1年間に発生が見込まれる電力量は7,000万キロワット時にのぼり、これは当時の穂高町で消費される電力量の1年分に相当するとあって地元の電力供給に期待が寄せられた。工事は1983年(昭和58年)5月26日に着工。工事にあたって「慰霊碑のない発電所建設」を掲げ、トンネル工事における破砕帯との遭遇や、台風に雪崩といった自然災害に対しても重大な労働災害が起こることはなかったという。1985年(昭和60年)10月24日、通商産業省(現・経済産業省)の検査に合格し、営業運転に入った。烏川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • ミェチスワフ・カルウォーヴィチ

    ミェチスワフ・カルウォーヴィチから見た雪崩雪崩

    存命中は、とりわけその華麗な交響詩により、ポーランド音楽界の再生を担う希望の星として、シマノフスキ以上に将来を有望視されていたが、タトラ山脈にてスキー遠征中に、雪崩に遭遇し死去した。ミェチスワフ・カルウォーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • スヴァネティ

    スヴァネティから見た雪崩雪崩

    スヴァネティの気候は湿潤で、一年を通じて黒海から流れ込む気団の影響を受けている。年平均の気温および降水量は標高によって変化し、降水量の場合、1000 mmから 3200 mm の間で変化する。最も多く雨が降るのは大コーカサス山脈に含まれる地域である。冬のこの地方は大豪雪地帯であり、雪崩も珍しいものではない。場所によっては積雪量が 5 m に達するところもある。スヴァネティ フレッシュアイペディアより)

  • デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道

    デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道から見た雪崩雪崩

    タンク・クリークからは、トール・ティンバー・リゾート (Tall Timber Resort) まで1 マイル(約1.6 km)ほどである。その後、列車は非常に狭い岩壁の上を走り、勾配のある曲線を曲がってカスケードへ到達する。カスケードはデュランゴから2時間、26 マイル(約41.6 km)の距離で、この先には雪崩防止溝があることから、冬期には列車はここにあるデルタ線を利用して折り返す。アニマス川を3回目に横断して、東へ向きを変えてニードルトン (Needleton) へ向かう。この区間の勾配は、短く急な3 %の勾配と長く緩い2 - 2.5 %の勾配が階段のように繰り返し現れ、何度も向きを変えながら曲線が繰り返される。デュランゴまでにデンバー・アンド・リオグランデ鉄道が建設してきた本線と異なり、シルバートン支線では曲線により列車抵抗が増大する分を補償するために曲線部分で勾配を緩くするということは行われておらず、また背向曲線のために機関車と列車の編成が異なる向きを向いた状態になることがある。481.5 マイル地点にある岩壁の上の急な曲線に10 mph(約16 km/h)の速度制限が設定されている。デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道 フレッシュアイペディアより)

241件中 61 - 70件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]