173件中 71 - 80件表示
  • 積丹岳

    積丹岳から見た雪崩雪崩

    夏場は登山客や山菜採り、冬場はスキー客など多数の人が入りこむために、遭難や事故も頻発する山である。2007年3月には、中腹に乗り入れていたスノーモービルが雪崩に巻き込まれて4人が死亡した。2009年2月には、スノーボーダーが遭難死している。積丹岳 フレッシュアイペディアより)

  • 氷河湖決壊洪水

    氷河湖決壊洪水から見た雪崩雪崩

    氷河湖決壊洪水(ひょうがこけっかいこうずい、、GLOF)とは、氷河や終堆石(端部モレーン)のダムに支えられた氷河湖が決壊することによって起こる洪水のこと。氷河底湖 (subglacial lake) で起こった場合は特にヨークルフロイプ()と呼ばれ、氷河の側面と山の間にできた氷河湖が決壊した場合は辺湖排水と呼ばれる。氷河湖決壊洪水は、侵食・水圧の上昇・岩石や重い雪の雪崩・地震・氷震(cryoseism 凍土のひび割れによって起こる揺れのこと)・氷の下での火山活動などが原因で起こり、また氷河が大きく崩落して氷河湖の水を溢れさせた場合にも起こりうる。氷河湖決壊洪水 フレッシュアイペディアより)

  • バイカル・アムール鉄道

    バイカル・アムール鉄道から見た雪崩雪崩

    バム鉄道建設時、労働条件は悪く現場に水道がないなどの不手際も多かった。建設作業用に60か所以上の集落ができたが、完成した後はほとんどが放棄されている。現在も線形の改良は進められており、2001年にはブリヤート共和国北部の区間に長さ15.3kmのセヴェロムイスキー・トンネルが開通し2003年に列車が走るようになった。それまでの同区間はトンネル完成までの仮の経路であり、距離が長く雪崩が多い上、急勾配を重連運転で越える難所であった。バイカル・アムール鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 清水峠

    清水峠から見た雪崩雪崩

    しかし、その翌月の10月には長雨のため各所で土砂崩れが発生し、修復する間もなく降雪期を迎えた。日本有数の豪雪地帯である谷川連峰の酷しい気候に曝された各所で雪崩が発生し、雪解け後には既に馬車の通れる状態ではなくなっていた。そのため長期にわたって通行止にせざるを得ず、ついには放棄された。特に荒廃の激しかった新潟県側では、国道以前に使われていた十五里尾根も荒廃していたため、1890年(明治23年)に新しい登山道の居坪坂(いつぼざか。井坪坂とも表記)が六日町の商人・佐藤良太郎によって私費で整備され、国道はますます使われなくなっていった。清水峠 フレッシュアイペディアより)

  • 阿曽原温泉

    阿曽原温泉から見た雪崩雪崩

    黒部峡谷は豪雪地帯であり、温泉が位置する阿曽原谷も雪崩の巣窟のため、損壊の危険があることから恒久的な建物の設置は不可能である。このため小屋はプレハブ造りで、毎年秋の営業終了後に解体され、翌年の初夏に再び組み立てられる。同様の理由で冬季に解体される山小屋として、白馬鑓温泉小屋・白馬尻小屋がある。阿曽原温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 日本発送電

    日本発送電から見た雪崩雪崩

    だが日本発送電の新規電力開発能力は先に述べた通り「五ヵ年計画」でも一割程度の実績しかなく、「要綱」自体が非現実的であった。かつ物資欠乏のため施工中の発電所についても進捗が滞る有様であった。しかし政府は新規電力開発による戦闘機増産を急ぎ、人海戦術による急ピッチでの建設促進を図った。この中で中国人・朝鮮人労働者や敵対していた連合国軍捕虜などをダム・発電所工事に使役し、過酷な強制労働に従事させるという事態も発生した。長野県の平岡発電所(天竜川)や広島県の滝山川発電所(滝山川)などで見られたほか、北海道の雨竜発電所(雨竜川)では劣悪なタコ部屋労働を強いた。また工事従業員に対する安全確保もずさんであり、富山県の黒部川第三発電所(黒部川)工事では雪崩やトンネル内の高熱による火薬爆発事故などで多数の労働者が殉職するなど、日本発送電が関わった工事では多くの労働者が命を落としており、現在ダム近傍には慰霊碑が建立されている。日本発送電 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道300号白骨温泉線

    長野県道300号白骨温泉線から見た雪崩雪崩

    以前は概ね12月中旬から4月中旬まで路面凍結や雪崩などの危険があり冬期閉鎖であったが改良によって通年通行可能となった。長野県道300号白骨温泉線 フレッシュアイペディアより)

  • 林誠太郎

    林誠太郎から見た雪崩雪崩

    雪崩』 : 監督深川ひさし、1925年4月23日公開林誠太郎 フレッシュアイペディアより)

  • K2/ハロルドとテイラー

    K2/ハロルドとテイラーから見た雪崩雪崩

    ある時、2人がアラスカの断崖でトレーニングをしていると、世界的な登山家クレイボーン率いる山岳パーティが雪崩に巻き込まれる。彼らを救助した2人は、彼らが次にK2への登頂を計画している事を知り、パーティに加わる事になる。K2/ハロルドとテイラー フレッシュアイペディアより)

  • 只見特定地域総合開発計画

    只見特定地域総合開発計画から見た雪崩雪崩

    一方道路については奥只見ダム建設による奥只見シルバーラインが知られている。奥只見ダムは田子倉ダムよりもさらに奥地の険阻な山岳地帯、銀山平に建設されたが、当時の銀山平は小出から片道で三日間も掛かるへき地であった。途中には枝折峠の難所があり、冬季は数メートルにも及ぶ積雪が行く手を阻んだ。奥只見ダムを建設するに当たり膨大な建設資材を運搬するには道路建設による輸送しかなかったが、当時はこの有様だったのでダム建設に先立ち湯之谷温泉付近から全長22キロメートルの工事用道路・奥只見専用道路を建設することになった。工事は1954年12月より着工を開始したが、雪崩や転落などで54人が殉職する難工事となった。だが厳しい自然との闘いを乗り越え1957年(昭和32年)11月、3年の歳月を掛けて完成するに至った。この道路の特徴は全長22キロのうち18キロがトンネルで占められ、雪の影響を最小限に抑制する工法を採ったことである。ダム完成後しばらくは管理用道路であったが1969年(昭和44年)新潟県に譲渡され有料道路として供用、1977年(昭和52年)には無料化された。現在は年間60万人ともいわれる奥只見ダムへの観光ルートとして使用されている。只見特定地域総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

173件中 71 - 80件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]