241件中 71 - 80件表示
  • ラウプハイム陸軍飛行場

    ラウプハイム陸軍飛行場から見た雪崩雪崩

    大戦後の1964年に、新しく陸軍用ヘリコプターの飛行場を整備するために飛行場跡地の再利用のため建設が始まる。第2軍団第2工兵団によって建設され、完成後最初に配備されたヘリコプターはシコルスキー S-58輸送ヘリコプターであった。1960年代に西ドイツ陸軍は増強され、本飛行場に所在していた陸軍航空隊も1971年の再編成で南部ドイツ地方に展開していた陸軍航空隊の本部としての機能を担っていた。この時期に第200陸軍航空大隊、第207陸軍航空整備隊および第25中型輸送ヘリコプター連隊が編成された。1971年にはシコルスキー CH-53大型輸送ヘリコプターに機種が更新される。CH-53の導入以来、30年以上にわたってフランスのピレネー山脈やイタリアのアルプス山脈での雪崩およびギリシャでの大災害などで出動しており、連隊は総飛行時間12,000時間に及んでいる。ラウプハイム陸軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 1...15形電車

    マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 1...15形電車から見た雪崩雪崩

    1900--10年代のスイスのラック式登山鉄道では、1898年に開業したユングフラウ鉄道、ゴルナーグラート鉄道、シュタンスシュタート-エンゲルベルク鉄道以降、ほとんどの鉄道で2軸式のラック式専用もしくはラック式/粘着式併用の小型電気機関車が客車を押し上げる形態の列車での運行が主力となっていた。一方、同じスイスの粘着式の路線を持つ中小私鉄においては、電化の進展に伴い、比較的高い牽引力を持つ電車が客車もしくは貨車を牽引する形態の列車が主力となっていた。このような状況の中、1906-08年に開業したマルティニ・シャトラール鉄道は全長18.36km、最急勾配はラック区間200パーミル、粘着区間70パーミルで、落石や雪崩の被害低減やトンネル断面積の縮小のため山岳区間では架空線からではなく第三軌条から集電する方式とした山岳鉄道であり、マルティニーからフランス国境近くのシャトラールに至り、国境でフランス側のコル・デ・モンテ線に接続していた。同鉄道は開業に際し、電気機関車もしくは電車が牽引する列車で運行をすることとして、当時の標準的な2軸のラック式/粘着式併用の小型電気機関車であるHGe2/2形の2-3号機と、ラック式/粘着式併用のBCFe4/4 1...15形、駆動装置は粘着式のみでラック式のブレーキ装置を有するBCFe2/4 21-22形(後のABDe2/4 21-22形)の計12両を導入しているが、このうち、本項で述べるBCFe4/4 1...15形ラック式電車は電機品製造元の違いによって1-3号機と11-15機とに分けられており、また、1号機のみ若干車体が異なっていたが基本的には同一形式であるほか、2軸ボギー台車を使用したラック式電車としてはスイス最初期の機体の一つであることが特徴となっているほか、BCFe2/4 21-22形と同じデザインと基本構造で、若干全長を長くした機体となっている。マルティニ・シャトラール鉄道ABDeh4/4 1...15形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海側気候

    日本海側気候から見た雪崩雪崩

    秋田・山形・新潟などの県では春から秋にかけて奥羽山脈や三国山脈を越えて吹き降ろす気流によりフェーン現象がしばしば発生し、特に盛夏期には猛暑日になり、極端なときには40℃を超す高温に見舞われる。例えば、1978年8月3日には山形県酒田市で40.1℃を記録した。フェーン現象による高温や山火事、積雪が多い地域での春先の雪崩はこの地域に多い災害であり注意が必要である。日本海側気候 フレッシュアイペディアより)

  • 数値標高モデル

    数値標高モデルから見た雪崩雪崩

    水流や地塊運動(雪崩など)数値標高モデル フレッシュアイペディアより)

  • 日本海低気圧

    日本海低気圧から見た雪崩雪崩

    日本海低気圧の発達事例を挙げる。初期には、朝鮮半島から日本海西部にかけていずれかの地域でまず気圧の谷が生じ、これに沿って下層で気温勾配が大きい状態が生じて、低気圧と前線が発生する。次に、低気圧は日本海を東に進みながら発達する。東シナ海北部・黄海で発生して日本海を斜めに横切るように北東に進む例もある。この発達期には、低気圧の東側や南側にあたる本州付近で強い南風が吹くとともに気温が上昇し暖かくなる。低気圧が急速に発達した時は風が急に強まる。この強風が立春から春分の間初めて吹くもので、最大風速8m/sなどの条件を満たすと「春一番」となる。積雪地では雪崩の危険性が高まることが多い。日本海低気圧 フレッシュアイペディアより)

  • 田子倉ダム

    田子倉ダムから見た雪崩雪崩

    ダム・湖へは国道252号を利用して向かうことになる。関越自動車道・小出インターチェンジまたは磐越自動車道・会津坂下インターチェンジ下車後、只見町方面へ進む。この国道252号は「六十里越」(峠)と通称され、越後と会津若松市を結ぶ重要な街道であったが長年にわたり通行困難であった。六十里越トンネルの整備などにより1973年(昭和48年)に全通、十数 km北にある「八十里越」(国道289号)が現在でも未開通(いわゆる点線国道)であることから、長岡市・魚沼市・南魚沼市と会津若松市を結ぶ重要路線となっている。しかし、冬季(おおむね11月中旬から5月中旬)は雪崩や落石の危険性が高まるため、魚沼市末沢から県境の六十里越トンネルを挟んで只見町大字石伏字上宮渕までの間は全面通行止めとなる。未開通部分であった国道289号の甲子峠越え(登山国道)が甲子道路に設けられた福島県最長の道路トンネルにより2008年(平成20年)9月に実現し、白河方面からのアクセスの利便性が格段に向上した。田子倉ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三瓶温泉

    三瓶温泉から見た雪崩雪崩

    昔は志学温泉と呼ばれていた。また、昔は炭酸泉も湧出しており、ラムネを製造していたが、昭和38年の雪崩で埋没してしまった。今日の源泉はそれ以降のもので、山を少し入っていった所にある。三瓶温泉 フレッシュアイペディアより)

  • イニャキ・オチョア

    イニャキ・オチョアから見た雪崩雪崩

    オチョアのパートナーであるコリバサヌによってSOSが発された後、オチョアの命を救うための試みが行われた。前週に起こった雪崩の脅威のために、スイス人登山家のウーリー・ステックはシモン・アンターマッテンとの自身のアンナプルナ南壁の登頂を断念していた。ステックは緊急医療手当をおこなうために、オチョアがいるキャンプ4まで登り、ナバーラ大学病院にいる医師もまたスペイン・パンプローナからの遠隔操作でオチョアを助けようとしたが、大雪や高度がすべての救助を不可能とした。ヘリコプターは7,400m以上の高度でホバリングすることができず、またこの高度に対応できる人間も限られるため、一般的に7,400mを超える標高での人命救助は不可能とされている。ステックとコリバサヌはオチョアへの応急処置を断念した。オチョアは5日間緊急テントの中で動けずに閉じ込められ、5月23日午前6時45分(GMT)に死去した。ディアリオ・デ・ナバーラ紙によると、オチョアの死因は肺水腫のほかに脳障害もあったとされている。家族の要請に従い、オチョアの遺体はアンナプルナの7,400m地点に残されている。イニャキ・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • 鰍沢

    鰍沢から見た雪崩雪崩

    旅人は、持ち合わせていた久遠寺の「毒消しの護符」を雪とともに飲み込み、その後、体の自由が利くようになるが、川岸の崖まで追い詰められる。そこへ雪崩が起こり、旅人は突き落とされる。運よく、川の中ではなく、岸につないであったいかだに落ちるが、今度はその反動で、旅人を乗せたままのいかだが流れ出す。お熊の放った鉄砲の弾が旅人を襲うが、それて近くの岩に当たる。急流を下るうち、綱が切れていかだはバラバラになる。旅人はいかだの一部だった1本の材木につかまり、懸命に題目をとなえながら川を流れていく。そのうち旅人は、お熊の姿が見えないところまで流れ着き、窮地を脱する。鰍沢 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋延清

    高橋延清から見た雪崩雪崩

    氷雪や雪崩の研究家・エッセイストの高橋喜平は兄、直木賞作家の高橋克彦は甥、にそれぞれあたる。高橋延清 フレッシュアイペディアより)

241件中 71 - 80件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]