173件中 81 - 90件表示
  • シアチェン氷河

    シアチェン氷河から見た雪崩雪崩

    カシミール地方は、パキスタンとインドとの係争地であり、6,000m級の標高かつ急峻な条件であるにもかかわらず、両国軍が数万人規模で展開している。2012年7月には、雪崩災害が発生し、パキスタン軍の100名以上が死亡した。シアチェン氷河 フレッシュアイペディアより)

  • サラン峠

    サラン峠から見た雪崩雪崩

    非常な急峻な地形ゆえ、道路は狭隘で線形は厳しく、交通事故や転落事故は絶えない。特に冬期間は、雪崩が多く発生し、死者がでることもある。サラン峠 フレッシュアイペディアより)

  • 柵口雪崩災害

    柵口雪崩災害から見た雪崩雪崩

    柵口雪崩災害(ませぐちなだれさいがい)は、1986年、新潟県西頸城郡能生町(現・糸魚川市)で13名が死亡した雪崩災害である。この雪崩災害は、以後の大規模な雪崩対策を推進する契機ともなった。柵口雪崩災害 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川恒男

    長谷川恒男から見た雪崩雪崩

    1985年、チョモランマ(北東稜)。雪崩で2名遭難。  長谷川恒男 フレッシュアイペディアより)

  • 使役動物

    使役動物から見た雪崩雪崩

    犬は嗅覚が鋭く、脱獄囚や行方不明者などの捜索に用いられる。雪崩や崩壊した建物などに生き埋めになった人の捜索にも用いられる。使役動物 フレッシュアイペディアより)

  • 銀牙伝説WEEDオリオン

    銀牙伝説WEEDオリオンから見た雪崩雪崩

    この際、同行を希望したオリオンに命の温かさを伝え、奥羽軍戦士の在るべき姿と奥羽軍総大将の役目を説いた。オリオンを巻き込むまいと、オリオンを平造とタイソンに託し決死の潜入を試みる。無事潜入成功後は、父の仇・正重と交戦するも劣勢に陥り、予想外のオリオンの乱入もあって撤退を余儀なくされる。知略(雪崩)によって辛くも窮地を脱したものの、これにより晋作、一生は命を落としてしまった。銀牙伝説WEEDオリオン フレッシュアイペディアより)

  • 星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター

    星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクターから見た雪崩雪崩

    歌は物凄く下手(カービィの歌が録音されたCDが四散するほど)で、その描写として歌っているフォントが手描きのギザギザしたものであり、この歌で何人もの人が気絶している(だが、デデデを感動させようと囁くような小さな声で歌ったことはある(15巻))。だが、場合によっては歌っても周りが苦しむ様子を見せないこともある。雪崩(2巻)、地割れ(3巻)、建物崩壊、器物損壊など、彼の歌による被害は甚大なものとなっている。しかし、本人は自画自賛しており、密かに歌手を目指しているほか、自身の歌によって涙を流したこともある(ただし14巻では、サスケに「どんな事でも我慢できるんだよね?」と一言断ってから歌っていることから、自分の歌が他人にとって害であることは自覚しているようである)。本気でアイドルを目指したこともあり、7巻では芸能プロダクションのオーディションで最終審査まで漕ぎ着けたが、歌の審査だったため案の定落選した(というよりつまみ出された)。レパートリーは演歌から童謡、J-POPまで多岐に渡る(しかしそのほとんどは替え歌で歌っている)。ちなみに、最終回でデデデ大王と中身が入れ替わった際に披露した歌は観衆が苦しむ様子はなく、「カービィみたいにヘタクソ・・・。」と言われただけであったので、殺傷力がある歌はカービィの体でなければ歌えないようである。ちなみに24巻で「音痴は大声で歌うから」といわれたが、22巻のお化け屋敷の効果音を歌ったときは小声にも関わらず観衆を苦しめていたのでカービィの声自体に殺傷力があるものと思われる。デデデに「食べ過ぎたり歌ったりキャラを吸い込んだりするとたらこ唇になる」という嘘の前触れを吹き込まれたときは禁断症状を引き起こしていた(デデデ曰く「口さえ塞がっていれば恐くない」)。星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 吹き溜まり

    吹き溜まりから見た雪崩雪崩

    雪山では風下側の斜面が吹き溜まりとなり、その積雪による荷重が雪崩の原因になり得る。吹き溜まり フレッシュアイペディアより)

  • 京 (スーパーコンピュータ)

    京 (スーパーコンピュータ)から見た雪崩雪崩

    マルチスケール・マルチフィジックス現象とは、例えばトンネル効果のようにある閾値を超えた箇所において、それまで絶縁体であったものが、突然導体に変わる等の現象を指す。自然現象では良く見られ、雪崩、超伝導、相転移、カオス現象などが例として挙げられる。京 (スーパーコンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 三俣の大雪崩

    三俣の大雪崩から見た雪崩雪崩

    三俣の大雪崩(みつまたのおおなだれ)は、1918年に新潟県南魚沼郡三俣村(現在の湯沢町)で発生した雪崩災害。三俣雪崩とも呼ばれる。死者155名にのぼり、2012年現在、日本最悪の雪崩災害である。三俣の大雪崩 フレッシュアイペディアより)

173件中 81 - 90件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]