149件中 91 - 100件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た柵口雪崩災害

    1986年(昭和61年)1月26日 - 新潟県西頸城郡能生町(現在の糸魚川市)権現岳中腹から23時頃雪崩が発生。柵口(ませぐち)集落を押し流す。死者13名、重軽傷者9名、家屋全半壊13戸。柵口地区の隣の田麦平地区での観測によると発生当時の一日の降雪量は75cm、積雪深は370cmに達していた。その後も雪は降り続き2月7日にはついに600cmに達したと記録されている。(柵口雪崩災害雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た下新川郡

    1938年(昭和13年)12月27日 - 富山県下新川郡(のちの宇奈月町、現在の黒部市)の黒部峡谷志合谷で泡雪崩が発生。黒部川第三発電所建設にともなうトンネル工事現場の鉄筋・木造合い作りの宿舎の木造部分が600m以上も吹き飛ぶ。死者84名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たパンジシール州

    2015年2月 - パンジシール州に大雪。パーヤン地区で雪崩が発生して280人以上が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た真名川

    12月31日 - 福井県大野市の真名川に沿って通る道路でダム工事現場へ向かう途中のトラックとダンプ計11台の車列に雪崩が襲い2台のトラックが真名川に転落。7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た高山市

    1973年(昭和48年)11月20日 - 岐阜県吉城郡上宝村(現在の高山市奥飛騨温泉郷)の槍平で1時頃、テントを張っていた京都大学山岳部のグループに雪崩が襲い22名が巻き込まれ、うち5名が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た専修大学

    12月20日 - 北アルプス連峰槍ヶ岳の北鎌尾根を登山中の専修大学山岳部員9名が雪崩に遭遇。9名全員が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たアメリカ合衆国

    1910年3月1日 - アメリカ合衆国ワシントン州で雪崩により列車が脱線、川に転落した。(グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た上ホロカメットク山

    11月23日 - 北海道十勝岳連峰の上ホロカメットク山の安政火口付近で、雪上訓練に訪れていた日本山岳会北海道支部のパーティー11人が雪崩に巻き込まれる。死者4名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た呼吸

    雪崩に埋没してから15分程度で急速に生存率が下がるが、これは呼吸空間が確保できたかどうかの差が大きい。そのため、雪崩に巻き込まれた場合は両手を使って口のあたりに空間を作るようにするのが望ましい。ただし、呼吸空間が確保された場合も、長時間経過すると、呼気により一旦融けた雪が再度凍り口の周りに氷の壁が形成されて呼吸が出来なくなるアイスマスク現象や、雪に体温を奪われる事による低体温などで徐々に生存率が下がっていく。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た倶知安駅

    防雪フェンスや軽い壁を立てて、雪の積もる場所を変える方法もある。雪は壁の周り、中でも卓越風の風上側に溜まっていく一方、フェンスの風下には雪が溜まりにくくなる。これは、本来積もるはずであった雪がフェンスの所で積もってしまう事と、フェンスの所で雪を失った風によって元々あった雪が飛ばされる事による。十分な密度の森林があれば、それによって雪崩の強度は著しく弱められる。森林に降った雪は森林に留まるし、雪崩が起こった際には木々に当たって雪崩が減速される。スキー場建設の際に行われているように、植林したり森林を保存しておく事により、雪崩の強度を弱める事が出来る。スキー場以外でも、鉄道沿線に植林する事で雪崩被害を予防する方法がとられている例がある。たとえば北海道の函館本線は目名駅から倶知安駅を経て銀山駅あたりに至るまで、雪崩対策のための鉄道防雪林が造成されており、雪崩防止のみならず、吹雪の防止、吹き溜まりの防止の効果があるとされている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 91 - 100件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]