149件中 21 - 30件表示
  • 雪崩

    雪崩から見たワシントン州

    1910年3月1日 - アメリカ合衆国ワシントン州で雪崩により列車が脱線、川に転落した。(グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た黒部市

    1938年(昭和13年)12月27日 - 富山県下新川郡(のちの宇奈月町、現在の黒部市)の黒部峡谷志合谷で泡雪崩が発生。黒部川第三発電所建設にともなうトンネル工事現場の鉄筋・木造合い作りの宿舎の木造部分が600m以上も吹き飛ぶ。死者84名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たスキー場

    雪崩を予防したり、その破壊力を弱めるための方法はいくつかある。それらは、雪崩が人々に対する深刻な脅威となっている地域(たとえばスキー場や山奥の町・道路・鉄道など)で用いられている方法である。雪崩の予防には爆薬がよく用いられる。特に、スキー場では、爆薬以外の方法は非実用的である。「アバランチコントロール」という場合、広く雪崩の予防や雪崩被害を軽減する方法の総称として用いられることもあるが、爆薬を用いて人為的に雪を取り除き雪崩を事前に予防する方法を指して用いられることが多い。大きな雪崩が起きるのに十分な量の雪が積もる前に、爆薬によって小さな雪崩を起こす。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た全地球測位システム

    多くの未開地冒険家たちは、全地球測位システム(GPS)組み込んだ、非常用位置指示無線標識装置(EPIRB=Emergency Position-Indicating Radio Beacon)あるいは個人用位置特定ビーコン(Personal Locating Beacons。「PLB」と略される)を携行している。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た気象

    このように、気象や気温の変化がきっかけとなる事の他、大きな雪崩の多くは、35から45度の急斜面で発生している。また、樹林帯のなかに一部分だけ樹木の生えていない斜面があったら、そこは雪崩が頻繁に起こっていることが多いものである。そのほか、雪庇や障害物のない広大な斜面、沢筋なども発生の確率が高くなる。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た気温

    厳冬期、急激な気温の変化は、積雪内部に大きな温度差を生じさせる。これは「しもざらめ雪」と呼ばれる弱層が形成されることが多い。また、一度に大量の降雪があると、弱層の上に積もる雪に荷重が増す。 急な斜面の場合、弱層は支持力を失いやすくなり、雪崩が発生する危険も非常に高くなる。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た過疎化

    1963年(昭和38年)1月24日 - 福井県勝山市野向町横倉にて表層雪崩が発生し、横倉集落の4家族16人が死亡した。横倉は雪崩発生以前から過疎化が進行していたが、この雪崩が原因で当集落は廃村に追い込まれた。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たシートベルト

    グループの全員が標準的な雪崩対策装備の使い方の訓練を受け、実際にその装備を身に付けて使う事によって、雪崩に埋まった被災者を発見し救助できる確率は向上する。しかしながら、それは自動車のシートベルトと同じようなものと考えるべきで、その装備を身に付けているからといって、いざという時にも命は助かるなどと考えて危険な行動をとってはいけない。ビーコン、ショベル、プローブは雪崩危険地帯で行動する場合の最低限の装備であると考えられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た富山県

    よく登山者やスキーヤーが遭遇するものには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。なお、大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを特に泡雪崩といい、富山県(黒部地方)などではホウと呼ばれ恐れられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たアルプス山脈

    古くは紀元前218年のカルタゴの勇将ハンニバル率いるカルタゴ軍が、アルプス越えの際に雪崩の襲来で多数の死者を出したことが知られている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 21 - 30件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]