121件中 21 - 30件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た全地球測位システム

    多くの未開地冒険家たちは、全地球測位システム(GPS)組み込んだ、緊急用位置指示無線ビーコン(EPIRB=Emergency Position-Indicating Radio Beacon)あるいは個人用位置特定ビーコン(Personal Locating Beacons。「PLB」と略される)を携行している。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た気象

    このように、気象や気温の変化などに注意することはもちろんのことだが、大きな雪崩の多くは、35から45度の急斜面で発生していることも見逃せない。また、樹林帯のなかに一部分だけ樹木の生えていない斜面があったら、そこは雪崩が頻繁に起こっていることが多いものである。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た気温

    厳冬期、急激な気温の変化は、積雪内部に大きな温度差を生じさせる。これは「しもざらめ雪」と呼ばれる弱層が形成されることが多い。また、一度に大量の降雪があると、弱層の上に積もる雪に荷重が増す。 急な斜面の場合、弱層は支持力を失いやすくなり、雪崩が発生する危険も非常に高くなる。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たシートベルト

    グループの全員が標準的な雪崩対策装備の使い方の訓練を受け、実際にその装備を身に付けて使う事によって、雪崩に埋まった被災者を発見し救助できる確率は向上する。しかしながら、それは自動車のシートベルトと同じようなものと考えるべきで、その装備を身に付けているからといって、いざという時にも命は助かるなどと考えて危険な行動をとってはいけない。ビーコン、ショベル、プローブは雪崩危険地帯で行動する場合の最低限の装備であると考えられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た過疎化

    1963年(昭和38年)1月24日 - 福井県勝山市野向町横倉にて表層雪崩が発生し、横倉集落の4家族16人が死亡した。横倉は雪崩発生以前から過疎化が進行していたが、この雪崩が原因で当集落は廃村に追い込まれた。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たイタリア

    イタリアで行われた、雪崩に埋まった422人のスキーヤーについての調査によれば、次の通りである:雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た日本

    雪崩の発生は数多いが、そこに建築物か人の通行がなければ被害はおきない。例えば、日本における雪崩被害発生数は通常、年間10件以下である。2003年は件数5、家屋被害3、死者1、負傷者4だった。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た泡雪崩

    よく登山者やスキーヤーが遭遇するものには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。なお、大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを特に泡雪崩といい、富山県(黒部地方)などではホウと呼ばれ恐れられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たスノーボード

    あまり効率の良い方法ではないが、適切な装備を準備をしていなかったパーティーでも、いくつかの救助資材をその場で作る事が出来る。例えば、スキーのストックは短いプローブにはなる。スキーやスノーボードをショベル代りに使う事もできる。応急治療セットがあると、切り傷・骨折・その他の怪我やをした生存者の治療や、低体温症の治療にも役立つ。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た富山県

    よく登山者やスキーヤーが遭遇するものには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。なお、大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを特に泡雪崩といい、富山県(黒部地方)などではホウと呼ばれ恐れられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

121件中 21 - 30件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]