149件中 31 - 40件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た泡雪崩

    よく登山者やスキーヤーが遭遇するものには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。なお、大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを特に泡雪崩といい、富山県(黒部地方)などではホウと呼ばれ恐れられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た日本

    雪崩の発生は数多いが、現場に建築物か人の通行がなければ被害は出ない。例えば、日本における雪崩被害発生数は通常、年間10件以下である。2003年は件数5、家屋被害3、死者1、負傷者4だった。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たスノーボード

    あまり効率の良い方法ではないが、適切な装備を準備をしていなかったパーティーでも、いくつかの救助資材をその場で作る事が出来る。例えば、スキーのストックは短いプローブにはなる。スキーやスノーボードをショベル代りに使う事もできる。応急治療セットがあると、切り傷・骨折・その他の怪我やをした生存者の治療や、低体温症の治療にも役立つ。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た非常用位置指示無線標識装置

    多くの未開地冒険家たちは、全地球測位システム(GPS)組み込んだ、非常用位置指示無線標識装置(EPIRB=Emergency Position-Indicating Radio Beacon)あるいは個人用位置特定ビーコン(Personal Locating Beacons。「PLB」と略される)を携行している。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た栃木県立大田原高等学校

    2017年(平成29年)3月27日 - 栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場付近で、春山安全登山講習会に参加していた栃木県の7つの高校の山岳部生徒41名と引率教員8名が雪崩に巻き込まれる。栃木県立大田原高等学校山岳部の生徒7名と教員1名の合計8名が表層雪崩に巻き込まれ死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た携帯電話

    この装備により、捜索・救難隊に緊急信号とおおよその位置(誤差90メートル程度)を伝える事が出来るが、それは雪崩に巻き込まれてもEPIRBが故障せず、なおかつ、自分でそれを起動できれば伝えられるという事である。代替手段として、生存者がEPIRB機能の付いていないGPSから得た位置情報を、携帯電話を使って救助機関へ伝える方法もある。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たヌーリスターン州

    2012年3月 - バダフシャーン州の村が丸ごと雪崩に巻き込まれ50人以上が死亡。また、ヌーリスターン州で45人以上が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た北海道大学

    1965年(昭和40年)3月14日 - 北海道の日高山脈を登山中の北海道大学山岳部員6名が雪崩に遭遇。6名全員が死亡した。(札内川十の沢北海道大学山岳部遭難事件)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た親不知駅

    1922年(大正11年)2月3日 - 新潟県西頸城郡青海村(のちの同郡青海町、現在の糸魚川市)の北陸本線親不知駅 - 青海駅間で、雪崩が発生し通過中の列車の客車2両が巻き込まれ脱線転覆した。死者90名。(北陸線列車雪崩直撃事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たグレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故

    1910年3月1日 - アメリカ合衆国ワシントン州で雪崩により列車が脱線、川に転落した。(グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 31 - 40件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]