121件中 41 - 50件表示
  • 雪崩

    雪崩から見たアルプス山脈

    第一次世界大戦当時、イタリア陸軍は冬のアルプス山脈を超えて進軍してくるオーストリア軍を迎え撃つにあたり、オーストリア軍が尾根を越えて下りに入ったところで背後を狙って砲撃し、着弾時の衝撃で雪崩を起こしこれに巻き込んで敵を生き埋めにする作戦をとった。かくて、第一次大戦中、雪崩による死者は両軍で4万?5万人、一説には8万人ともいわれる。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た三俣の大雪崩

    1918年(大正7年)1月9日 - 新潟県南魚沼郡三俣村(現在の同郡湯沢町)で泡雪崩が発生。集落が襲われ158名の死者を出した。記録に残っているうちでは日本で最悪の雪崩被害(三俣の大雪崩)。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た草津町

    1月31日 - 群馬県吾妻郡草津町にある万座鉱山鉱業所の硫黄採掘所で雪崩が発生し作業員の宿舎が押し潰された。これにより30名が生き埋めとなり14名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た旭岳

    1972年(昭和47年)11月21日 - 北海道大雪山系の旭岳(標高2,290m)で23時過ぎ頃、テントを張っていた大学生のグループに雪崩が襲った。死者5名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たダム

    12月31日 - 福井県大野市の真名川に沿って通る道路でダム工事現場へ向かう途中のトラックとダンプ計11台の車列に雪崩が襲い2台のトラックが真名川に転落。7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た大野市

    12月31日 - 福井県大野市の真名川に沿って通る道路でダム工事現場へ向かう途中のトラックとダンプ計11台の車列に雪崩が襲い2台のトラックが真名川に転落。7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た爆薬

    雪崩を予防したり、その破壊力を弱めるための方法はいくつかある。それらは、雪崩が人々に対する深刻な脅威となっている地域(たとえばスキー場や山奥の町・道路・鉄道など)で用いられている方法である。雪崩の予防には爆薬がよく用いられる。特に、スキー場では、爆薬以外の方法は非実用的である。「アバランチコントロール」という場合、広く雪崩の予防や雪崩被害を軽減する方法の総称として用いられることもあるが、爆薬を用いて人為的に雪を取り除き雪崩を事前に予防する方法を指して用いられることが多い。大きな雪崩が起きるのに十分な量の雪が積もる前に、爆薬によって小さな雪崩を起こす。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た湯沢町

    1918年(大正7年)1月9日 - 新潟県南魚沼郡三俣村(現在の同郡湯沢町)で泡雪崩が発生。集落が襲われ158名の死者を出した。記録に残っているうちでは日本で最悪の雪崩被害(三俣の大雪崩)。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た北アルプス

    12月20日 - 北アルプス連峰槍ヶ岳の北鎌尾根を登山中の専修大学山岳部員9名が雪崩に遭遇。9名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た自動車

    グループの全員が標準的な雪崩対策装備の使い方の訓練を受け、実際にその装備を身に付けて使う事によって、雪崩に埋まった被災者を発見し救助できる確率は向上する。しかしながら、それは自動車のシートベルトと同じようなものと考えるべきで、その装備を身に付けているからといって、いざという時にも命は助かるなどと考えて危険な行動をとってはいけない。ビーコン、ショベル、プローブは雪崩危険地帯で行動する場合の最低限の装備であると考えられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]