149件中 41 - 50件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た北陸線列車雪崩直撃事故

    1922年(大正11年)2月3日 - 新潟県西頸城郡青海村(のちの同郡青海町、現在の糸魚川市)の北陸本線親不知駅 - 青海駅間で、雪崩が発生し通過中の列車の客車2両が巻き込まれ脱線転覆した。死者90名。(北陸線列車雪崩直撃事故雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た立山町

    2013年(平成25年)11月23日 - 富山県立山町の立山連峰・真砂岳の西側斜面で、山スキー客が雪崩に巻き込まれる。死者7名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た三俣の大雪崩

    1918年(大正7年)1月9日 - 新潟県南魚沼郡三俣村(現在の同郡湯沢町)で泡雪崩が発生。集落が襲われ158名の死者を出した。記録に残っているうちでは日本で最悪の雪崩被害。(三俣の大雪崩雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た旭岳

    1972年(昭和47年)11月21日 - 北海道大雪山系の旭岳(標高2,290m)で23時過ぎ頃、テントを張っていた大学生のグループに雪崩が襲った。死者5名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た大野市

    12月31日 - 福井県大野市の真名川に沿って通る道路でダム工事現場へ向かう途中のトラックとダンプ計11台の車列に雪崩が襲い2台のトラックが真名川に転落。7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た爆薬

    雪崩を予防したり、その破壊力を弱めるための方法はいくつかある。それらは、雪崩が人々に対する深刻な脅威となっている地域(たとえばスキー場や山奥の町・道路・鉄道など)で用いられている方法である。雪崩の予防には爆薬がよく用いられる。特に、スキー場では、爆薬以外の方法は非実用的である。「アバランチコントロール」という場合、広く雪崩の予防や雪崩被害を軽減する方法の総称として用いられることもあるが、爆薬を用いて人為的に雪を取り除き雪崩を事前に予防する方法を指して用いられることが多い。大きな雪崩が起きるのに十分な量の雪が積もる前に、爆薬によって小さな雪崩を起こす。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た銀山駅

    防雪フェンスや軽い壁を立てて、雪の積もる場所を変える方法もある。雪は壁の周り、中でも卓越風の風上側に溜まっていく一方、フェンスの風下には雪が溜まりにくくなる。これは、本来積もるはずであった雪がフェンスの所で積もってしまう事と、フェンスの所で雪を失った風によって元々あった雪が飛ばされる事による。十分な密度の森林があれば、それによって雪崩の強度は著しく弱められる。森林に降った雪は森林に留まるし、雪崩が起こった際には木々に当たって雪崩が減速される。スキー場建設の際に行われているように、植林したり森林を保存しておく事により、雪崩の強度を弱める事が出来る。スキー場以外でも、鉄道沿線に植林する事で雪崩被害を予防する方法がとられている例がある。たとえば北海道の函館本線は目名駅から倶知安駅を経て銀山駅あたりに至るまで、雪崩対策のための鉄道防雪林が造成されており、雪崩防止のみならず、吹雪の防止、吹き溜まりの防止の効果があるとされている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た北アルプス

    12月20日 - 北アルプス連峰槍ヶ岳の北鎌尾根を登山中の専修大学山岳部員9名が雪崩に遭遇。9名全員が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た青海駅 (新潟県)

    1922年(大正11年)2月3日 - 新潟県西頸城郡青海村(のちの同郡青海町、現在の糸魚川市)の北陸本線親不知駅 - 青海駅間で、雪崩が発生し通過中の列車の客車2両が巻き込まれ脱線転覆した。死者90名。(北陸線列車雪崩直撃事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た外傷

    2時間後には生存率はほぼ0%となる(死因が外傷あるいは低体温症の場合)雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]