121件中 51 - 60件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た青海駅 (新潟県)

    1922年(大正11年)2月3日 - 新潟県西頸城郡青海村(のちの同郡青海町、現在の糸魚川市)の北陸本線親不知駅 - 青海駅間で、雪崩が発生し通過中の列車の客車2両が巻き込まれ脱線転覆した。死者90名。(北陸線列車雪崩直撃事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た外傷

    2時間後には生存率はほぼ0%となる(死因が外傷あるいは低体温症の場合)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た雫石町

    1958年(昭和33年)2月2日 - 岩手県岩手郡雫石町で国有林の中にある炭焼き小屋2つが雪崩に襲われた。小屋は全壊し4名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た骨折

    あまり効率の良い方法ではないが、適切な装備を準備をしていなかったパーティーでも、いくつかの救助資材をその場で作る事が出来る。例えば、スキーのストックは短いプローブにはなる。スキーやスノーボードをショベル代りに使う事もできる。応急治療セットがあると、切り傷・骨折・その他の怪我やをした生存者の治療や、低体温症の治療にも役立つ。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た度 (角度)

    このように、気象や気温の変化などに注意することはもちろんのことだが、大きな雪崩の多くは、35から45の急斜面で発生していることも見逃せない。また、樹林帯のなかに一部分だけ樹木の生えていない斜面があったら、そこは雪崩が頻繁に起こっていることが多いものである。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た道路

    雪崩を予防したり、その破壊力を弱めるための方法はいくつかある。それらは、雪崩が人々に対する深刻な脅威となっている地域(たとえばスキー場や山奥の町・道路・鉄道など)で用いられている方法である。雪崩の予防には爆薬がよく用いられる。特に、スキー場では、爆薬以外の方法は非実用的である。「アバランチコントロール」という場合、広く雪崩の予防や雪崩被害を軽減する方法の総称として用いられることもあるが、爆薬を用いて人為的に雪を取り除き雪崩を事前に予防する方法を指して用いられることが多い。大きな雪崩が起きるのに十分な量の雪が積もる前に、爆薬によって小さな雪崩を起こす。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たプレストレスト・コンクリート

    雪崩の衝撃力を弱めるために人工的な障壁を立てておく事は有効である。そういった障壁にはいくつかのタイプがある。一つ目のタイプとしては防雪ネットで、これは基礎と支え線で地面に固定したいくつかの支柱の間に網を張るというものである。別のタイプの障壁は頑丈なフェンス状の構造物(防雪フェンス)で、鋼鉄や木、あるいはプレストレスト・コンクリートなどで作られる。これらのフェンスは、通常は桁の間に隙間があり、傾斜に対して直角に作られ、傾斜の下の方にあるものほど桁の数を増やして作る。しかし頑丈な障壁を作ると景観には悪い。何列も作らねばならないような場所では特にそうである。さらにこうした障壁は高額であり、また暖候期に入って岩とともに流下する雪崩に対しては脆い。こうした障壁は、それらを用いて雪崩の方向を逸らして他の方向へ向かわせる事も出来るにもかかわらず、通常は建物や道路・鉄道など、守りたい物件のすぐ上に作られる場合が多い。しかし、障壁は雪崩の直撃を受けると破壊される場合がある。雪崩の持つ巨大な力を、まともに力で受け止めようとするのは難しい。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たカルタゴ

    雪崩による大量死は、古くは紀元前218年のカルタゴの勇将ハンニバルによるアルプス越えが知られており。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た日本山岳会

    11月23日 - 北海道十勝岳連峰の上ホロカメットク山の安政火口付近で、雪上訓練に訪れていた日本山岳会北海道支部のパーティー11人が雪崩に巻き込まれる。死者4名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た大野郡 (岐阜県)

    1940年(昭和15年)1月29日 - 岐阜県大野郡白川村で雪崩が発生し合掌造りの民家3棟が雪に埋まり中にいた27名のうち16名が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]