121件中 61 - 70件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た北魚沼郡

    2月13日 - 新潟県北魚沼郡湯之谷村(現在の魚沼市)芋川にある電源開発の工事現場が雪崩に巻き込まれ職員や工員など16人が生き埋めとなりこのうち7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た大雪山

    1972年(昭和47年)11月21日 - 北海道大雪山系の旭岳(標高2,290m)で23時過ぎ頃、テントを張っていた大学生のグループに雪崩が襲った。死者5名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た北陸本線

    1922年(大正11年)2月3日 - 新潟県西頸城郡青海村(のちの同郡青海町、現在の糸魚川市)の北陸本線親不知駅 - 青海駅間で、雪崩が発生し通過中の列車の客車2両が巻き込まれ脱線転覆した。死者90名。(北陸線列車雪崩直撃事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た白川村

    1940年(昭和15年)1月29日 - 岐阜県大野郡白川村で雪崩が発生し合掌造りの民家3棟が雪に埋まり中にいた27名のうち16名が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たフランス

    従って、雪崩に遭った場合は救助隊を待つのではなく、その場にいる被災しなかった人員を全員使って直ちに捜索・救助活動を行う事が極めて重要である。かなりひどく怪我をした者がいる場合、あるいは初動の捜索(つまり、少なくとも30分間の捜索)をしても見つからない者がいる場合は、救助隊を呼んでもよいであろう。フランスのように雪崩対策の装備の充実した国であっても、ヘリコプターの救助隊が到着するには通常45分は掛かるが、それまでには被災者の大部分が死んでいる。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た中央アルプス

    1995年(平成7年)1月4日 - 長野県中央アルプス駒ヶ岳の千畳敷カール付近で、登山客6人が雪崩に巻き込まれ全員死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た宇奈月町

    1938年(昭和13年)12月27日 - 富山県下新川郡(のちの宇奈月町、現在の黒部市)の黒部峡谷志合谷で泡雪崩が発生。黒部川第三発電所建設にともなうトンネル工事現場の鉄筋・木造合い作りの宿舎の木造部分が600m以上も吹き飛ぶ。死者84名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た能生町

    1986年(昭和61年)1月26日 - 新潟県西頸城郡能生町(現在の糸魚川市)権現岳中腹から23時頃雪崩が発生。柵口(ませぐち)集落を押し流す。死者13名、重軽傷者9名、家屋全半壊13戸。柵口地区の隣の田麦平地区での観測によると発生当時の一日の降雪量は75cm、積雪深は370cmに達していた。その後も雪は降り続き2月7日にはついに600cmに達したと記録されている。(柵口雪崩災害)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た南魚沼郡

    1918年(大正7年)1月9日 - 新潟県南魚沼郡三俣村(現在の同郡湯沢町)で泡雪崩が発生。集落が襲われ158名の死者を出した。記録に残っているうちでは日本で最悪の雪崩被害(三俣の大雪崩)。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た警報

    雪崩が発生する危険な状態に対する注意喚起として、日本では気象庁が雪崩注意報(なだれ注意報)を発表している。なお、雪崩では注意報は発令されるが警報は存在しない。雪崩 フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]