149件中 81 - 90件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た山スキー

    雪崩を予測するのは困難なので、山スキーは100%安全とは決して言えない。良い雪崩対策とは、ルート選択や、雪塊・気象条件・人為的要因の調査を含めた継続的な取り組みを行う事である。次のような習慣は危険を避けるのに役に立つ。もし地元当局が雪崩危険度を発表しているならば、それを調べて注意しておくべきである。以前に通った人の足跡が残っていても、自分自身で安全を確認することなしに、その足跡をたどって歩いてはいけない。その足跡が付けられた時とは雪の状況が変わっている可能性が高いからだ。地形を観察して、植生が失われていたり傷ついたりしている場所、地上に足掛かりになるものが少ない場所、雪庇や氷の下などは明らかに雪崩の通り道である。他人が雪崩を引き起こすかもしれないので、他人の下を移動する事は避ける。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た勝山市

    1963年(昭和38年)1月24日 - 福井県勝山市野向町横倉にて表層雪崩が発生し、横倉集落の4家族16人が死亡した。横倉は雪崩発生以前から過疎化が進行していたが、この雪崩が原因で当集落は廃村に追い込まれた。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た黒部峡谷

    1938年(昭和13年)12月27日 - 富山県下新川郡(のちの宇奈月町、現在の黒部市)の黒部峡谷志合谷で泡雪崩が発生。黒部川第三発電所建設にともなうトンネル工事現場の鉄筋・木造合い作りの宿舎の木造部分が600m以上も吹き飛ぶ。死者84名。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た槍平小屋

    1973年(昭和48年)11月20日 - 岐阜県吉城郡上宝村(現在の高山市奥飛騨温泉郷)の槍平で1時頃、テントを張っていた京都大学山岳部のグループに雪崩が襲い22名が巻き込まれ、うち5名が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た斜面

    雪崩(なだれ、せつほう、)とは、山岳部の斜面上に降り積もった雪が重力の影響により「なだれ(傾れ、頽れ)落ちる」自然現象である。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た北鎌尾根

    12月20日 - 北アルプス連峰槍ヶ岳の北鎌尾根を登山中の専修大学山岳部員9名が雪崩に遭遇。9名全員が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た合掌造り

    1月29日 - 岐阜県大野郡白川村で雪崩が発生し合掌造りの民家3棟が雪に埋まり中にいた27名のうち16名が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たストック (スキー)

    山スキーなどの場合、ストック、ザック、スキーなどは雪崩に巻き込まれたときに雪の中に引き込まれる要因となるため、即座にはずせるように準備しておくことが重要と推奨されてきた。ただし、最近ではザックを装備している方が体積が大きくなるため浮力が増すと考えられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た日本の鉄道事故 (1949年以前)

    3月5日 - 米坂線玉川口駅付近の橋が雪崩により崩壊し、直後の列車が最後尾の客車以外荒川に転落した。(米坂線列車転落事故)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た自然現象

    雪崩(なだれ、せつほう、)とは、山岳部の斜面上に降り積もった雪が重力の影響により「なだれ(傾れ、頽れ)落ちる」自然現象である。雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 81 - 90件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]