前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • DS楽引辞典

    DS楽引辞典から見た電子辞書電子辞書

    DS楽引辞典(ディーエスらくびきじてん)は2005年6月16日に任天堂から発売されたニンテンドーDS用電子辞書ソフトである。この項では改良版である漢字そのまま DS楽引辞典、ニンテンドーDSiウェア版の明鏡国語楽引辞典、ジーニアスパーソナル 英和楽引辞典、ジーニアスパーソナル和英楽引辞典についても共に解説する。DS楽引辞典 フレッシュアイペディアより)

  • イミダス

    イミダスから見た電子辞書電子辞書

    イミダス(imidas)は、集英社が1986年に書籍として創刊し、2006年に休刊、2007年からは電子辞書やインターネット百科事典として展開している現代用語辞典である。イミダス フレッシュアイペディアより)

  • 電子ブックリーダー

    電子ブックリーダーから見た電子辞書電子辞書

    広義でいうと電子辞書も、国語辞典や英和辞書などの電子コンテンツを閲覧するための専用端末ということで電子ブックリーダーの一部であるとみなすこともできる。電子ブックリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 広辞苑

    広辞苑から見た電子辞書電子辞書

    昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ、第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』と改めて出版された。中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄で、携帯機器に電子辞書の形で収録されることも多い。収録語数は、第六版で約24万語。広辞苑 フレッシュアイペディアより)

  • 国語辞典

    国語辞典から見た電子辞書電子辞書

    現在は、約50万語を収める最大規模の『日本国語大辞典』(小学館)を始め、種々の中型辞典(10〜20万語規模)や、小型辞典(6万〜10万語規模)が編纂され、特色を競っている。また、電子辞書やインターネット辞書も、近年利用者を増やしている。これら電子版の内容は書物版に基くものが大多数だが、「デイリー新語辞典」(三省堂提供)のように、毎月200語程度の言葉を追加収録するものもある。国語辞典 フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見た電子辞書電子辞書

    電卓の発展がその後の電子辞書や携帯情報端末 (PDA) に代表される携帯情報機器へとつながった。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • 電子書籍

    電子書籍から見た電子辞書電子辞書

    新聞・雑誌・書籍という従来型の出版形態に代わって携帯型の電子装置の表示画面でこれらを読むという考えは古くから存在し、1990年から小型の専用機器が販売され、電子書籍の普及に向けた事業がはじまった。最初の電子書籍用リーダーは1990年に発売された8cm CD-ROMを記録メディアに使った日本のソニー製電子ブックプレイヤー「データディスクマン」である。その後、1993年にNECが3.5インチ・フロッピー・ディスクを使用した「デジタルブックプレーヤー」を発売した。5.6型モノクロ液晶画面と数個のボタンで操作する点はサイズなど含めて今日のキンドル (Kindle) と似た形態だった。また電子辞書も広義では電子書籍用リーダーの一種であるとみなされることがある。電子書籍 フレッシュアイペディアより)

  • オンライン辞書

    オンライン辞書から見た電子辞書電子辞書

    オンライン辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞典

    電子辞典から見た電子辞書電子辞書

    電子辞典 フレッシュアイペディアより)

  • Encyclopodia

    Encyclopodiaから見た電子辞書電子辞書

    Encyclopodia(エンサイクロポディア)は電子辞書としてiPodからWikipediaを読み込むことができるフリーソフトウェアである。Encyclopodia フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「電子辞書」のニューストピックワード