81件中 41 - 50件表示
  • Touch! Generations

    Touch! Generationsから見た電子辞典電子辞書

    ゲームの定義を拡大するため「いろんな世代に、新しいエンターテインメントを。」と謳ったソフトウェア群の総称である。よって、老若男女を問わず、家族でも楽しむことができたり、電子辞典や料理のレシピ集といった多彩なソフトウェアも含まれている。Touch! Generations フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム離れ

    ゲーム離れから見た電子辞書電子辞書

    複雑化が指摘されていた操作体系は、タッチスクリーンなどゲームに馴染みが無くとも直感的な操作が可能な新規の体系を導入することにより、誰でもシンプルに遊ぶことができるように作られている。また、これは「新たな操作体系にして再スタートすることで、ライトとヘビーの両ユーザー間におけるスキルの差をリセットし、距離をおくことが多い両者が同じ位置に立てるようにする」という意味合いもある。さらに、それまでゲームにあまり縁がなかったユーザーに対してゲームに親しんでもらうべく、電子辞書などそれまでのゲームには無かったラインナップを送る『Touch! Generations』というシリーズを発売し、サードパーティー各社も同系統のゲームを出すようになっている。ゲーム離れ フレッシュアイペディアより)

  • 大辞林

    大辞林から見た電子辞書電子辞書

    1995年発行で、収録語数は約23万3千語。CD-ROMやポータルサイト(Yahoo! JAPANやエキサイトなど)、電子辞書等にも収録され、さまざまなメディアで利用可能になっている。なお、CD-ROM、Web、電子辞書で提供されているものは、新語を増補し「スーパー大辞林」(収録語数25万語)という名称となっている。三省堂WebDictionary「e辞林」で提供されているのはこれである。EPWING版の「スーパー大辞林」は「大辞林」第二版から増補されていない。これはデイリーコンサイス英和・和英と合本の意である。2006年現在、初版と第二版の合計で約150万部を売り上げる。「ほぼ日刊イトイ新聞」の企画「声に出して読めない日本語」の解説にも使われている(「ヨメナ語」の企画自体は終了)。大辞林 フレッシュアイペディアより)

  • ウィズダム (辞典)

    ウィズダム (辞典)から見た電子辞書電子辞書

    オフラインの電子辞書としては2007年3月に発売されたエルゴソフトのegword Universal 2およびegbridge Universal 2にバンドル(電子辞典ビューアを使用)されたが、エルゴソフトのパッケージソフト撤退により翌年1月に販売終了している。2008年7月5日には「ウィズダム英和辞典 第2版」と「ウィズダム和英辞典」を収録した「ウィズダム英和・和英辞典」が、2012年12月18日には「ウィズダム英和辞典 第3版」と「ウィズダム和英辞典 第2版」を収録した「ウィズダム英和・和英辞典 2」がリリースされた。いずれも物書堂(エルゴソフトの元スタッフが設立)によりiOS向けに販売されている。ウィズダム (辞典) フレッシュアイペディアより)

  • AIBO

    AIBOから見た電子辞書電子辞書

    製品第1号のERS-110を1999年に発売して以降、高機能化や廉価仕様(ERS-31L)のモデルの発売が毎年行われ、ソニーマーケティングによるデモイベント等も実施されてきたが、2005年にソニーのCEOに就任したハワード・ストリンガーによるエレクトロニクス機器部門のリストラ策として、CLIE・電子辞書(EBDictionary)と共に生産終了となった。AIBO フレッシュアイペディアより)

  • 三修社

    三修社から見た電子辞書電子辞書

    出版物の電子化に積極的で、電子ブックやオリジナルCD-ROMの辞書を古くから提供していた。また、1986年から1996年まで、当時社長だった前田完治は日本電子出版協会の会長を務めた。2010年刊行の『アクセス独和辞典 第3版』は同時にApp Storeでも販売。電子辞書などにも積極的にコンテンツを提供している。三修社 フレッシュアイペディアより)

  • 大辞泉

    大辞泉から見た電子辞書電子辞書

    iPhoneやiPadアプリとして「デジタル大辞泉」が発売されているほか、電子辞書にも「デジタル大辞泉」が収録されている製品がある。大辞泉 フレッシュアイペディアより)

  • V603T

    V603Tから見た電子辞書電子辞書

    電子辞書機能を利用可能(国語/英和/和英)V603T フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見た電子辞書電子辞書

    キヤノンが世界で初めてテンキー式入力の電卓の製品化に成功した。現在は、キヤノン電子が、ハンディターミナルを、キヤノン電産香港有限公司が電卓・電子辞書などのパーソナル情報機器を、キヤノンファインテックおよびニスカがRFIDカードプリンターを、それぞれ開発・製造・販売している。電子辞書はwordtank(ワードタンク)シリーズとして好評を博している。キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • 日本国語大辞典

    日本国語大辞典から見た電子辞書電子辞書

    電子化の可能性は第二版のあとがきにも記されていたが、2006年11月14日には、小学館とネットアドバンスよりオンライン版の公開が発表され、2007年7月よりサービスが開始された。サービス名は「日国オンライン」で、ネットアドバンスが運営する総合オンライン辞書・辞典サイト「JapanKnowledge」のコンテンツの1つとして提供される。第二版の内容を網羅し、見出しだけでなく、全文、用例、方言、出典情報などについて、前方一致・後方一致などの条件で検索が可能となった。また、2007年8月には『精選版』全3冊の内容を図版含めフル収録した電子辞書がカシオ計算機より発売された。日本国語大辞典 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「電子辞書」のニューストピックワード