81件中 51 - 60件表示
  • 日本における英語

    日本における英語から見た電子辞書電子辞書

    英語力の向上手段としては、英語圏への語学留学の他、ネイティブ・スピーカーの恋人や友人を作ること、テレビ・ラジオの語学番組による学習などが挙げられる。電子辞書でもリスニングなど英語学習機能が強化されたものも出ている。ビジネスでは英会話教室や通信販売教材があり、SNSではLang-8のような無料のものもある。早期英語習得も踏まえて、子供をインターナショナル・スクールに通わせる家庭もある。日本における英語 フレッシュアイペディアより)

  • V604T

    V604Tから見た電子辞書電子辞書

    電子辞書機能を利用可能(国語/英和/和英)V604T フレッシュアイペディアより)

  • GALAPAGOS

    GALAPAGOSから見た電子辞書電子辞書

    電子辞書 - 以前からシャープが電子書籍コンテンツを提供している端末GALAPAGOS フレッシュアイペディアより)

  • Papyrus (電子辞書)

    Papyrus (電子辞書)から見た電子辞書電子辞書

    Papyrus(パピルス)はシャープの電子辞書の名称。2005年に、それまでの「e-dictionary」から改称された。Papyrus (電子辞書) フレッシュアイペディアより)

  • Brain (電子辞書)

    Brain (電子辞書)から見た電子辞書電子辞書

    Brain(ブレーン)はシャープの電子辞書のブランド。2008年7月より登場。Brain (電子辞書) フレッシュアイペディアより)

  • カクテル

    カクテルから見た電子辞書電子辞書

    カクテル・レシピ集 (EPWING版付) - EPWING形式の電子辞書(2,333種類収載、日本語・英語・ベース・材料などで検索できるフリーソフト(Vector))カクテル フレッシュアイペディアより)

  • オロモ語

    オロモ語から見たオンライン辞書電子辞書

    ケニアでは1980年代から「ケニアの声(現ケニア放送)」によりオロモ語(ボラナ方言)のラジオ放送が行われている。ラテン文字を使ったボラナ方言の聖書が1995年にケニアで出版されたがエチオピアのクベーとは綴り方が異なっていた。最初の包括的なオロモ語のオンライン辞書がジマ・タイムズ・オロミッファ・グループとセラムソフト社の協力により開発された。ボイス・オブ・アメリカもアフリカの角計画の枠内でオロモ語の放送を行っている。オロモ語とクベーは現在エチオピア政府の国営ラジオやテレビ局、地方政府の新聞紙に使われている。オロモ語 フレッシュアイペディアより)

  • タブレット (コンピュータ)

    タブレット (コンピュータ)から見た電子辞書電子辞書

    1990年にはソニーから世界初の電子ブックリーダー(電子書籍閲覧用機器)機能を備えた電子辞書として「データディスクマン DD-1」が、1993年にはNECからモノクロ液晶画面の「デジタルブックプレイヤー DB-P1」(1993年)のような実験的な製品が販売されていたが、DD-1はキーボードが実装されたもので、タブレットと呼べるものはDB-P1だったが、いずれも単発ないし短命の製品で終わっている。これらはテキストファイルを液晶画面に表示するようなもので、DD-1は内蔵8cmCD-ROMドライブから、DB-P1に至っては外付けの3.5インチ・フロッピーディスクドライブからデータを読み出して利用した。なお電子辞書端末は、その後は記憶装置をCD-ROMからフラッシュメモリ(およびメモリカード)に置き換えたものへと変化して行き、2010年代においても多機能化を続けながら市場を維持している。タブレット (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 高田明

    高田明から見た電子辞書電子辞書

    長崎県平戸市でカメラ店の次男として生まれる(他の兄弟は兄、弟、妹)。長崎県立猶興館高等学校卒業後、大阪経済大学経済学部に進学する。大学時代は英語の勉強に明け暮れる(このことが電子辞書を売るきっかけになったと本人は語っている)。高田明 フレッシュアイペディアより)

  • DAYFILER

    DAYFILERから見た電子辞書電子辞書

    DAYFILER(デイファイラー)はセイコーインスツルの電子辞書のブランド。2013年1月より登場。DAYFILER フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「電子辞書」のニューストピックワード