123件中 31 - 40件表示
  • 電子辞書

    電子辞書から見たヘッドフォン

    2017年現在は、辞書コンテンツを200冊収録した製品もあり、文字情報だけでなく、音声、写真、図表などのデータを収録したものも一般的になっている。画面は、廉価版モデルや発売年が古いものではモノクロ液晶のものも見られるが、バックライト付きのカラー液晶を搭載したモデルが主流であり、タッチパネル上にタッチペンで手書き入力が可能な機種も少なくない。イヤホンやスピーカーから、あらかじめ収録された外国語のネイティブ音声が聞けるものや、音声合成によるテキスト読み上げ機能 (TTS) を搭載した機種もある。専用のメモリーカードスロットやRAMを搭載した機種は、別売りの追加データカードなどを使用して、辞書コンテンツの入れ替えや追加が可能である。電源方式には、乾電池式、充電池式、USB給電式などがある。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た液晶ディスプレイ

    現状では、専用の小型筐体にQWERTY配列の物理キーボードと液晶ディスプレイを搭載し、本体に内蔵されたROMに辞書データを収録した、携帯型のIC電子辞書(電子辞書専用機)が主流である。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た少子化

    日本市場のIC辞書は、出荷台数と出荷額が共に2007年(平成19年)の281万台 / 463億円をピークに下がり続けており、2016年(平成28年)には最盛期の半分以下(112万台 / 195億円)となっている。市場規模が縮小した背景には、少子化や、スマートフォンの普及と辞書アプリの充実があると考えられている。成熟した日本のIC電子辞書市場は、今後も一定の需要が見込まれている、小・中・高校生向け端末の開発にシフトしつつある。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た音声合成

    2017年現在は、辞書コンテンツを200冊収録した製品もあり、文字情報だけでなく、音声、写真、図表などのデータを収録したものも一般的になっている。画面は、廉価版モデルや発売年が古いものではモノクロ液晶のものも見られるが、バックライト付きのカラー液晶を搭載したモデルが主流であり、タッチパネル上にタッチペンで手書き入力が可能な機種も少なくない。イヤホンやスピーカーから、あらかじめ収録された外国語のネイティブ音声が聞けるものや、音声合成によるテキスト読み上げ機能 (TTS) を搭載した機種もある。専用のメモリーカードスロットやRAMを搭載した機種は、別売りの追加データカードなどを使用して、辞書コンテンツの入れ替えや追加が可能である。電源方式には、乾電池式、充電池式、USB給電式などがある。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見たワンセグ

    2006年(平成18年)頃から2010年(平成22年)頃にかけてはモノクロ液晶からカラー液晶に移る過渡期だったと考えられる。そのほか、液晶ディスプレイの高精細化、手書き入力パッドやタッチパネル液晶の導入、多言語発音機能とテキスト読み上げ (TTS) 機能の搭載、動画コンテンツの収録、英語学習支援機能の搭載、ワンセグ機能の搭載など、多彩な特色を持つ製品が次々に開発された。しかしながら、スマートフォンの登場と辞書アプリの普及、およびインターネットの無料辞書サイトの台頭などにより、2008年(平成20年)以降は販売台数が右肩下がりである。一方で、そのような苦境にあっても、高校生・大学生向けの学習用電子辞書の需要は健在なようである。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た物書堂

    辞書アプリのデベロッパーとしては、イースト、物書堂、ロゴヴィスタなどが知られている。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た三修社

    そして、1985年(昭和60年)に日本で最初のCD-ROM辞書『最新科学技術用語辞典』が三修社から発売された。その翌年の1986年(昭和61年)に、当時の富士通のワープロ専用機OASYS向けの『広辞苑第三版CD-ROM版』の試作が発表され、翌々年の1987年(昭和62年)に発売された。この『広辞苑第三版CD-ROM版』は、富士通・ソニー・岩波書店・大日本印刷により共同開発され、WING規約と呼ばれたその辞書形式は他社にも無料で提供された。その結果、1988年(昭和63年)の三省堂『模範六法昭和62年版CD-ROM版』と自由国民社『現代用語の基礎知識CD-ROM版』の発売に続いて、多くの辞書がこの形式で制作され、発売された。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見たロゴヴィスタ

    辞書アプリのデベロッパーとしては、イースト、物書堂、ロゴヴィスタなどが知られている。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た平凡社

    以上述べたように、日本のCD-ROM辞書の標準形式はEPWINGと電子ブックであったが、そのどちらでもない独自規格のCD-ROM辞書も各社から開発・販売された。中でも代表的なのは、平凡社の『世界大百科事典』(1992年)、マイクロソフト社の『Microsoft Bookshelf』(1997年)、小学館の『スーパー・ニッポニカ』(1998年)である。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見た朝日新聞社

    1999年(平成11年)2月22日にNTTドコモがiモードのサービスを開始すると、携帯電話でIP接続が可能になった。このiモードの公式サイトにて、三省堂が月額50円の利用料で国語辞典『大辞林』など3点を提供し始めたのを筆頭に、会員制の携帯辞書サイトという新しい市場が生まれた。2001年(平成13年)、World Wide Web上では、3月に三省堂の「Web Dictionary」(有料会員制)が、4月に小学館グループ(ネットアドバンス)の「ジャパンナレッジ」(同年6月に有料化)が、5月にユーザー参加型のフリー百科事典ウィキペディア日本語版が、それぞれサービスを開始した。ポータルサイトが運営する無料辞書検索サイトの先駆けとしては、goo辞書(1999年8月開設)とYahoo!辞書(2000年7月開設)があり、多くの日本語ポータルサイトがそれらに続いた。インターネットで提供される有料辞書サービスの多くは、無料のオンライン辞書・事典の台頭で苦戦しているが、そのうち「ジャパンナレッジ」はB2B市場の開拓に成功し、安定した運営を続けている。朝日新聞社と複数の出版社が集まって開設したコトバンクは、検索連動型広告(キーワード広告)を収益源とする運営システムを採用し、消費者向けの無料辞書サービスを実現している。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

123件中 31 - 40件表示