前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 依佐美送信所

    依佐美送信所から見た電気興業電気興業

    終戦後の1947年(昭和22年)、GHQから設備解体命令が出て短波設備は逓信省へ移管、長波もアンテナ線が撤去された。250mのアンテナ鉄塔6基と長波送信設備は撤去にも費用が掛かりそのまま放置されていた。1950年(昭和25年)になり米海軍が対潜水艦通信用に使用することとなり電気興業が設備の保守をし、米海軍が運用を行うこととなった。当初駐留していた米軍も、電気興業に管理を任せたまま、1955年(昭和30年)に撤退した。依佐美送信所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野短期大学

    佐野短期大学から見た電気興業電気興業

    経営情報科:一般企業への就職者が最も多い。国民生活金融公庫・足利小山信用金庫・桐生信用金庫・群馬銀行・常陽銀行・東和銀行・中央労働金庫・ダイドードリンコ・日本電産コパル電子・育良精機・大昌電子・タマポリ・森六・大協精工・日東電機製作所・電気興業・滝沢ハム・富士食品工業・北関東綜合警備保障・やじま印刷・富士機材サービス・五十鈴・福田屋百貨店・フェニックス・ヤマダ電機・かましん・フジタコーポレーション・たいらや・イトキン・第一倉庫冷蔵・イエローハット・東日本旅客鉄道(JR東日本)・丹平中田・カルソニックカンセイなどがある。佐野短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 警察無線

    警察無線から見た電気興業電気興業

    パトカー用:150MHz帯のλ/4ホイップアンテナを、ルーフ中央部に直接取り付けて使用している。「RT-VH形ホイップアンテナ」と呼ばれる物が一般的で、メーカは電気興業である。警察無線 フレッシュアイペディアより)

  • エフエム九州

    エフエム九州から見た電気興業電気興業

    送信空中線 2D(ダイポールアンテナ)5段4面、海抜高178m、KBC九州朝日放送テレビ(アンテナ利得6.7dB)と共用(施工電気興業エフエム九州 フレッシュアイペディアより)

  • アール・エフ・ラジオ日本川崎幸放送局

    アール・エフ・ラジオ日本川崎幸放送局から見た電気興業電気興業

    111m支線式円管柱(電気興業製)、指向性用に一つの支線に整合函を取り付けている。アール・エフ・ラジオ日本川崎幸放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊会社

    特殊会社から見た電気興業電気興業

    1948年(昭和23年)海外通信施設国有化政策により解散。所有施設は逓信省に移管。残余財産で電気興業株式会社設立(但し接収中だった狛江工場関連は、接収解除後、国際電気株式会社(現・株式会社日立国際電気)となる)。特殊会社 フレッシュアイペディアより)

  • CROSS FM

    CROSS FMから見た電気興業電気興業

    送信空中線 2D(ダイポールアンテナ)5段4面、海抜高178m、KBC九州朝日放送テレビ(アンテナ利得6.7dB)と共用(施工電気興業CROSS FM フレッシュアイペディアより)

  • 内陸工業団地

    内陸工業団地から見た電気興業電気興業

    電気興業(厚木工場A地区、厚木工場B地区)内陸工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • アール・エフ・ラジオ日本小田原放送局

    アール・エフ・ラジオ日本小田原放送局から見た電気興業電気興業

    50m三角柱・基部接地型副導線式空中線、頂部容量環付(電気興業製)アール・エフ・ラジオ日本小田原放送局 フレッシュアイペディアより)

  • NHK青森放送局

    NHK青森放送局から見た電気興業電気興業

    送信柱 22.1mトラス型鉄塔+アンテナ取り付け部20m(NHK、RAB、ATV、ABAと共同)(施工電気興業NHK青森放送局 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「電気興業」のニューストピックワード