前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示
  • 電気二重層コンデンサ

    電気二重層コンデンサから見た電池電池

    電池に比べて内部抵抗が低く短時間で充放電が行なえる(ただし他コンデンサに比べると圧倒的に劣る)電気二重層コンデンサ フレッシュアイペディアより)

  • 電極

    電極から見た電池電池

    電極(でんきょく)とは、受動素子、真空管や半導体素子のような能動素子、電気分解の装置、電池などにおいて、その対象物を働かせる、あるいは電気信号を測定するなどの目的で、電気的に接続する部分のことである。電極 フレッシュアイペディアより)

  • 二次電池

    二次電池から見た電池電池

    二次電池(にじでんち)は蓄電池(ちくでんち)、充電式電池ともいい、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、繰り返し使用することが出来る電池(化学電池)のことである。二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見た電池電池

    1960年代に登場した電卓は重量が20-30kgもある大型のものもあったが、その後、演算を行う素子を当初の真空管からトランジスタを経て集積回路へと世代交代させ、また表示装置も蛍光管やニキシー管から液晶パネルに置き換えることで急速にコンパクト化していった。1970年代前半には重量1kg程度で電池駆動も可能な電卓が現れ、1980年代になると太陽電池で駆動可能なカードサイズ大の超小型・超薄型の電卓も現れる。この時期はちょうど半導体産業が発展していく時期とも重なっている。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • 発電

    発電から見た電池電池

    核となっている装置や原理としては、機械エネルギー(運動エネルギー)を電磁誘導を用いて電力に変換するもの(発電機)だけでなく、化学変化のエネルギーを利用したもの(電池)、光起電力効果によるもの(太陽電池によるもの)、ゼーベック効果によるもの(熱電素子によるもの)、圧電素子によるもの、モノとモノをこすることによって生じる静電気を利用するものなど、様々なものがある。発電 フレッシュアイペディアより)

  • 電気

    電気から見た電池電池

    ← 化学エネルギー : 電池電気 フレッシュアイペディアより)

  • 安定化電源

    安定化電源から見た電池電池

    交流の電力源を入力として、これを整流し、直流の出力として利用する場合には、単純にダイオードを用いた半波整流や全波整流回路を組んでも、電圧の時間変動幅が大きく、整った直流の電源を必要とする電気回路に用いるには問題があることが多い。これに平滑用のコンデンサを組み合わせた程度の回路による脈流出力で十分な場合もあるが、特に電源の安定性を要求するような用途では、シリーズレギュレータやスイッチングレギュレータを用いた安定化電源回路を組む事になる。とくに、出力負荷の変動に対して電圧の安定性を要求される場合には安定化電源回路を使用する必要がある。高精度の機種では、化学電池が起電する直流電流よりも精度の高い(ごくわずかな電圧のぶれもない)直流電流を出力することができる。安定化電源 フレッシュアイペディアより)

  • 一次電池

    一次電池から見た電池電池

    一次電池(いちじでんち)とは、直流電力の放電のみができる電池(化学電池)であり、二次電池に対するそれ以外の電池のことである。二次電池が登場した際にレトロニムとして区分された呼称である。一次電池 フレッシュアイペディアより)

  • ルイージ・ガルヴァーニ

    ルイージ・ガルヴァーニから見た化学電池電池

    ガルヴァーニが考えたように、生命活動は電気的なものであり、特に生体を構成する細胞それぞれに細胞電位(静止電位)があるが、その電気を発生する仕組みは化学電池と同じであり、生体外でも再現可能だという点でボルタの直観は正しかった。ボルタはガルヴァーニのいう「動物電気は流体だ」という結論には同意しなかったが、両者は意見は違えども互いに尊敬しあっており、ボルタは化学反応で発生した直流の電気を galvanism と名付けた(galvanism は直流電気とも訳される)。電気発生の仕組みについての意見の対立から、ボルタは相手の理論が間違っていることを示すために世界初の電池を作った。それがボルタ電池と呼ばれるようになった。ガルバニ電池とはボルタ電池なども含めた化学電池が電気を発生する仕組み、あるいは同様の電気化学的な系を指すもので、特定の電池を意味しない。ルイージ・ガルヴァーニ フレッシュアイペディアより)

  • 自然放電

    自然放電から見た電池電池

    自然放電(しぜんほうでん)とは、化学電池において、蓄えられている電気の量が、時間の経過と共に徐々に減少する現象を言う。自己放電(じこほうでん)とも言う。殊に、二次電池では、この現象が大きく現れる傾向がある。自然放電 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード