312件中 11 - 20件表示
  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電池電池

    電池交換が不要であるため、新築住宅に適している。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • 黒電話

    黒電話から見た電池電池

    その後、電池と継電器(リレー)を用いて長距離通話を可能としたガワーベル電話機がイギリスから輸入され、日本の一般電話の開設はこちらによって果たされた。黒電話 フレッシュアイペディアより)

  • リクルートファクトリーパートナーズ

    リクルートファクトリーパートナーズから見た電池電池

    株式会社リクルートファクトリーパートナーズ(RECRUIT FACTORY PARTNERS CO.,LTD. 2009年4月に株式会社リクルート三洋ヒューマンネットワークより社名変更)は、日本のリクルートグループの製造&設計開発を主業務とする人材会社である。リクルートグループの中でも、リクルートスタッフィングの傘下に位置する。パナソニックグループ・三洋電機グループを主なクライアントとして、電池製品・家電製品・デジタル機器・電子部品の製造事業、設計開発事業を、開発・製造工程の請負、あるいは人材派遣という形態でおこなっている。また事業の補助的位置づけとして、エンジニアおよび製造スタッフの教育・育成をおこなっている。リクルートファクトリーパートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • ルイージ・ガルヴァーニ

    ルイージ・ガルヴァーニから見た化学電池電池

    ガルヴァーニが考えたように、生命活動は電気的なものであり、特に生体を構成する細胞それぞれに細胞電位(静止電位)があるが、その電気を発生する仕組みは化学電池と同じであり、生体外でも再現可能だという点でボルタの直観は正しかった。ボルタはガルヴァーニのいう「動物電気は流体だ」という結論には同意しなかったが、両者は意見は違えども互いに尊敬しあっており、ボルタは化学反応で発生した直流の電気を galvanism と名付けた(galvanism は直流電気とも訳される)。電気発生の仕組みについての意見の対立から、ボルタは相手の理論が間違っていることを示すために世界初の電池を作った。それがボルタ電池と呼ばれるようになった。ガルバニ電池とはボルタ電池なども含めた化学電池が電気を発生する仕組み、あるいは同様の電気化学的な系を指すもので、特定の電池を意味しない。ルイージ・ガルヴァーニ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・モールス

    サミュエル・モールスから見た電池電池

    そのころ、他の人々も電信のアイデアを生み出していた。1833年、ヴィルヘルム・ヴェーバーとカール・フリードリヒ・ガウスが電磁石を使った電信装置を作り、それを参考にしてとチャールズ・ホイートストンが電信を初めて商業化した。クックが電信を知るのは1836年で、モールスより4年遅いが、モールスよりも資金力があった。クックは元々は解剖学者だったが、電信を知るとそれに熱中し、3週間で電信機を製作した。ホイートストンもアメリカの科学者であるジョセフ・ヘンリーの業績に基づいて電信の実験を行っており、信号を長距離伝送するには、1つの電池を大型化するよりも小さい多数の電池を接続した方がよいという重要な発見をしている。1837年5月、クックとホイートストンは共同で電信の特許を取得し、すぐさまグレート・ウェスタン鉄道に21kmに渡る電信線を設置した。しかしクックとホイートストンの電信は複数の電信線を必要とするもので、後に1本の電信線で済むモールスの方式に取って代わられた。サミュエル・モールス フレッシュアイペディアより)

  • Xacti

    Xactiから見た電池電池

    DSC-S3(2004年6月発売) - 専用バッテリーだけでなく、乾電池も使用できた。有効画素数300万画素。Xacti フレッシュアイペディアより)

  • 一次電池

    一次電池から見た電池電池

    一次電池(いちじでんち)とは、直流電力の放電のみができる電池(化学電池)であり、二次電池に対するそれ以外の電池のことである。二次電池が登場した際にレトロニムとして区分された呼称である。一次電池 フレッシュアイペディアより)

  • ライター

    ライターから見た電池電池

    ガスコンロ等の点火装置と基本的に同じ物が、ガスライターに使われている。1970年代には昇圧回路を内蔵したボタン電池による火花放電で点火する物もいくつか存在し、IC回路による静電容量スイッチングで、ボタンに触れるだけで連続放電をおこなって点火する高度な物も発売されたが、ポケットのなかで誤って発火する等の事故も起こりうるだけに、今日において卓上ライター以外では、結晶構造を持つセラミックの一種である圧電素子を使った、ノック式の点火機構が主になっている。レバーと炎が離れた長い製品も作れる。ライター フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ボルタ

    アレッサンドロ・ボルタから見た電池電池

    アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・アナスタージオ・ヴォルタ伯爵(Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta、1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアの自然哲学者(物理学者)。電池(ボルタ電池)を発明した。日本では、一般にはボルタと表記されることが多いため、本稿でもこの表記を用いる。アレッサンドロ・ボルタ フレッシュアイペディアより)

  • 空気アルミニウム電池

    空気アルミニウム電池から見た電池電池

    空気アルミニウム電池 () とは、空気中の酸素をアルミニウムで反応させることによって電力を発生させる電池である。アルミニウム空気電池あるいは空気・アルミニウム電池とも呼称される。空気アルミニウム電池 フレッシュアイペディアより)

312件中 11 - 20件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード