359件中 21 - 30件表示
  • パナソニック洲本地区

    パナソニック洲本地区から見た電池電池

    パナソニック オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社 二次電池事業部 洲本工場は、兵庫県洲本市(淡路島)にあるパナソニック株式会社 オートモーティブ& インダストリアルシステムズ社の工場。電池の研究開発、生産をしている。パナソニック洲本地区 フレッシュアイペディアより)

  • P-07B

    P-07Bから見た電池電池

    その他、ディスプレイの照明設定や明るさなど9項目から設定することで、電池の消費を抑え、使用時間を最大約34%アップできる「ecoモード」を搭載。「ecoモード」は、「5」キーの長押しによりワンタッチで設定や解除ができる。また電池残量に応じて、自動的にecoモードに移行して消費電力を抑える「オートecoモード」の設定も可能。P-07B フレッシュアイペディアより)

  • 原子力電池

    原子力電池から見た電池電池

    原子力電池(げんしりょくでんち)は、半減期の長い放射性同位体が出す放射線のエネルギーを電気エネルギーに変える仕組みの電池である。放射線電池、RI電池、ラジオアイソトープ電池、アイソトープ電池(en)、またはラジオアイソトープ発電器、RI発電器とも呼ばれる。原子力電池 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た電池電池

    電池交換が不要だが、設置に電気工事士の資格が必要なため個人の利用者が自身で設置するには向かない。既存の住宅に設置する場合、建物の構造によっては天井に穴をあける必要が出たり、設置場所に制約がでるケースもある。これらの理由から、住宅を新築する際に設置されることが多い。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・モールス

    サミュエル・モールスから見た電池電池

    そのころ、他の人々も電信のアイデアを生み出していた。1833年、ヴィルヘルム・ヴェーバーとカール・フリードリヒ・ガウスが電磁石を使った電信装置を作り、それを参考にしてとチャールズ・ホイートストンが電信を初めて商業化した。クックが電信を知るのは1836年で、モールスより4年遅いが、モールスよりも資金力があった。クックは元々は解剖学者だったが、電信を知るとそれに熱中し、3週間で電信機を製作した。ホイートストンもアメリカの科学者であるジョセフ・ヘンリーの業績に基づいて電信の実験を行っており、信号を長距離伝送するには、1つの電池を大型化するよりも小さい多数の電池を接続した方がよいという重要な発見をしている。1837年5月、クックとホイートストンは共同で電信の特許を取得し、すぐさまグレート・ウェスタン鉄道に21kmに渡る電信線を設置した。しかしクックとホイートストンの電信は複数の電信線を必要とするもので、後に1本の電信線で済むモールスの方式に取って代わられた。サミュエル・モールス フレッシュアイペディアより)

  • 電灯

    電灯から見た電池電池

    電灯・電燈(でんとう)とは、電気を利用した照明の一般的な装置の総称。電気灯(でんきとう)などとも呼び、電源は商用電源や電池などが使用される。電灯 フレッシュアイペディアより)

  • 電池パック

    電池パックから見た電池電池

    電池パック(でんちパック)は、電池を取り扱いしやすいように何らかの容器でまとめたもの。バッテリーパックなどとも呼び、ほとんどは、複数の二次電池(充電用電池)で構成されている。電池パック フレッシュアイペディアより)

  • 物理電池

    物理電池から見た電池電池

    物理電池 フレッシュアイペディアより)

  • 公称電圧

    公称電圧から見た電池電池

    公称電圧(こうしょうでんあつ)とは、電池を通常の状態で使用した場合に得られる端子間の電圧の目安として定められている値である。新しい(あるいは満充電に近い)電池では、公称電圧より高い端子電圧(初期電圧)が得られるが、放電が進んだ場合や、負荷に大きな電流を供給する場合には、公称電圧より低い端子電圧となる。公称電圧 フレッシュアイペディアより)

  • D905i

    D905iから見た電池電池

    待受け画面の電池マークがきせかえツールにて設定したものと違う表示になる場合がある。D905i フレッシュアイペディアより)

359件中 21 - 30件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード