312件中 31 - 40件表示
  • 軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)

    軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)から見た電池電池

    上記の名称に続いて、可変的な補足を伴うシステムは、(V)を型式名称に加える。(T)は、トレーニング・システムを示す。システムに付随するサブシステム(グループ)は、2文字のコードで示され、その後に数字、スラッシュ及びシステム用のものと同じ3文字コードのうち1?3文字が続く。例えば、“BA-1234/PRC”は、携帯無線機セットのバッテリーである。軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • CPシステムIII

    CPシステムIIIから見た電池電池

    CPS-3はとりたてて成功したシステムとは言えず、このシステム用に全部で6つのゲームが制作されたに過ぎない。CPS-3には機械的・電気的な衝撃に弱いという弱点があり、オペレータ達は特にこれを敬遠した。また、セキュリティ・カートリッジ内の電池が切れるとゲームが動作しなくなるうえ、その交換費用を所有者側で負担しなければならなかった。更に高性能とはいえ2Dグラフィックのみにしか対応しておらず、当時はほとんどのゲームが3D対応ハードウェアを念頭に開発されていたという背景がある。他のシステム基板に比べて高価であり、またCPS-3用のプログラミングはかなり難しかったとも噂されている。CPシステムIII フレッシュアイペディアより)

  • 直列回路と並列回路

    直列回路と並列回路から見た電池電池

    例えば、2つの豆電球と電池を使った簡単な回路を考えてみよう。電池から伸びた導線が1つの豆電球に接続され、そこから次の豆電球に接続され、最終的に電池に戻るという回路構成は直列回路である。電池から2本の導線が伸びて、それぞれ別の豆電球に繋がり、そこからまた別々に電池に戻る場合、回路構成は並列回路である。直列回路と並列回路 フレッシュアイペディアより)

  • ポリチオフェン

    ポリチオフェンから見た電池電池

    伝導性ポリチオフェン類の利用が計画されたが、商品化はされなかった。可能性のあるアプリケーションに、電界効果トランジスタ、エレクトロルミネセント素子、太陽電池、フォトレジスト、非線形光学素子、電池、ダイオード、そして化学センサーがある。一般に、伝導性ポリマーのアプリケーションには2つのカテゴリーがある。静的アプリケーションでは材料の真性導電率に依存し、加工の容易さと重合材料に共通する特性を兼ね備えている。動的アプリケーションでは、電位のアプリケーションまたは環境刺激から生じる伝導性と光学特性の変化が利用される。ポリチオフェン フレッシュアイペディアより)

  • 電力密度

    電力密度から見た電池電池

    電池の性能のひとつ。質量あたりの取り出せる電力を表す。通常、電池によって生じる電圧の値は電池の種類によって決まるため多くの電力を出力するにはより大きな電流を必要とする(電力P=電流I×電圧V であるため)。電池の種類を変えずに取り出す電力を大きくするには、直列につないで電圧を上げる等の他に、電池をより大きくし電極面積を増やすことによって電池の内部抵抗を小さくする方法がある(並列接続と同等)。しかし、通常これらの方法は質量の増加を伴うため、電力密度は電池の性能の指標のひとつとなっている。単位はワット毎キログラム (W/kg)。電力密度 フレッシュアイペディアより)

  • 誘導棒

    誘導棒から見た電池電池

    一般的な製品は全長約50cm程度であり、持ち手と、持ち手から伸びる透明または半透明なライト部分で構成されている。この持ち手の部分に電池とスイッチを内蔵しており、スイッチを入れるとライト部分の根元にある豆電球など発光素子が光を発する事によって全方向から視認できる光が出るようになっている。多くの場合、ライト部分に赤色の素材や赤色発光ダイオードを使用するなどして、赤色の光を発する構造になっている。一昔前はただ赤く点灯するだけだったが、現在は点滅するタイプが主流となっており、緑色・青色に発光するもの、赤青と交互に点滅するものなどが存在する。電池を使用しないタイプの誘導棒も売られているが、これはライト部分を反射材に代えたもので、日中や夜間で光源がある場合に使用されている。誘導棒 フレッシュアイペディアより)

  • マジックインキ

    マジックインキから見た電池電池

    『マジックインキ細書き用』のボディには、発売当初より金属製のチューブが使われている。1970年代後半、ある電池メーカーが液漏れ防止のために「継目のない金属容器」を製造する事を試みていたが、当時一般的であった「深絞り」による方法ではあまりに費用が嵩むことが問題になっていた。同社の担当者は社内の技術研究会で掲示するために模造紙にマジックインキで「量産方法は?」と書き込んだが、その途端自分が握っていたマジックインキを見つめ、自分たちが必要としていた技術が既に実用化されていた事を発見して驚いたとのことである。マジックインキ フレッシュアイペディアより)

  • Kaypro

    Kayproから見た電池電池

    Kayproの最初のコンピュータ Kaypro II の構成は、2.5 MHz Zilog Z80 マイクロプロセッサ、RAM 64KiB、片面191KBの5.25インチフロッピーディスクドライブ2台、80桁9インチグリーンCRTである。なお、初期には主プリント基板が既存のコンピュータのものを許可なくコピーしたものだと訴えられたことがある。外装はアルミニウム製。キーボードは着脱可能で、本体に収納するときはディスプレイとフロッピーディスクドライブに蓋をするような形となる。普通の交流電源を使い、電池は装備していない。1984年には簡易グラフィック機能付きの Kaypro II がリリースされている。Kaypro フレッシュアイペディアより)

  • Casio F91W

    Casio F91Wから見た電池電池

    推奨されている標準電池はCR2016リチウム電池で、一日に20秒のアラームと1秒のライトを使用したと仮定した場合の公称寿命は7年である。ケースの大きさは37.5 x 33.5 x 9.5 mmで重量は20 gになる。ステンレス製の裏蓋に記載されているモデルナンバーは593である。防水機能も設けられており、正面にはWATER RESISTと記載されている。ライトはバックライトではなく、液晶基板の両脇に設けられたLEDにより照らされる。Casio F91W フレッシュアイペディアより)

  • ダンガンレーサー

    ダンガンレーサーから見た電池電池

    スケールは全車1/32に統一されており、車体のイメージは実車のレコードブレイカーやレーシングバイクを模している。動力は単三型乾電池2本でFA-130サイズのモーター1個を動かし、ギヤーの組み合わせにより、後輪を駆動する。非駆動式の前輪は「スキッドホイール」と呼ばれる球体型の車輪となっている。ダンガンレーサー フレッシュアイペディアより)

312件中 31 - 40件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード