359件中 31 - 40件表示
  • デジモンペンデュラム

    デジモンペンデュラムから見た電池電池

    2002年度に展開したシリーズで、同時期に発売されたディースキャナとリンクする要素も存在した。デジモンのドット絵がデジヴァイスのサイズに変更された。又、前作まで存在した「寿命」が無くなり、成熟期以上のレベルのキャラクターは育成ミスが特定数まで貯まらない限り死亡することがなくなった(本体の電池切れを除く)。デジモンペンデュラム フレッシュアイペディアより)

  • アコースティック・キティー

    アコースティック・キティーから見た電池電池

    この計画で使用されたネコには、小型マイクと電池、さらに尻尾部分にはアンテナが埋め込まれた。また、ネコが注意散漫になること(任務を忘れネズミを追いかけてしまう等)を防ぐため、ネコにはあらかじめ、空腹を感じなくするための手術が施された。訓練・手術等に費やした諸費用は、約1,000万ドルだったといわれている。アコースティック・キティー フレッシュアイペディアより)

  • プリアンプ

    プリアンプから見た電池電池

    この内蔵プリアンプに対して電力を供給する方法としては、電池を内蔵するなどの方法もあるが、現在スタジオ向けなど業務用マイクで主流になっているのは、マイクケーブルを通して電力を供給する方式で、その電源をファンタム(ファントム)電源という。多くのマイクアンプはこのための電源を内蔵している。プリアンプ フレッシュアイペディアより)

  • バッテリー式電動輸送機器

    バッテリー式電動輸送機器から見た電池電池

    完全な電動とプラグインハイブリッドはoff-vehicle charge capable (“OVCC” または pluginable)であり、それが意味するのは、輸送機器が駆動している間、それらのバッテリーは、輸送機器に接続または連結できないoff-vehicleの電気エネルギー源から充電が可能ということである(したがって、それは自律的である)。バッテリー式電動輸送機器 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロボット

    マイクロボットから見た電池電池

    マイクロボット開発の最大の課題の1つとして、非常に限られた電源で動きを実現するという問題がある。小型軽量の電池を使う方法以外に、振動や光エネルギーといった形で周囲からエネルギーを得る方法がある。マイクロボット フレッシュアイペディアより)

  • ギュスターヴ・トルーヴェ

    ギュスターヴ・トルーヴェから見た電池電池

    電動モーターの船外機をつけた電動ボートは1881年5月26日に試験された。5mの長さのボートはセーヌ川で試験され、流れに逆らった時は3.6km/hの速さで、流れに乗った時は、9km/hの速さで航行した。1881年11月に3輪自転車に 0.1馬力のモータを取り付けて走行させ、2次電池を使った最初の電気自動車となった。ギュスターヴ・トルーヴェ フレッシュアイペディアより)

  • P-09A

    P-09Aから見た電池電池

    さらに、電池はP-07Aなどのフルスペック機と同じ800mAhのものとなり、大容量になった。P-09A フレッシュアイペディアより)

  • 数取器

    数取器から見た電池電池

    長い間、機械式のものが主流であったが、近年は電池などを用いる電子式のものも登場している。数取器 フレッシュアイペディアより)

  • 電解液

    電解液から見た電池電池

    電解液 (でんかいえき、Electrolyte Solution) とはイオン性物質を水などの極性溶媒に溶解させて作った、電気伝導性を有する溶液をさす。電解質溶液ともいい、英語ではIonic solutionということもあることから、イオン溶液とも呼ばれることもある。狭義には、電池や電気メッキ槽にいれる電解質水溶液を指す。電解液 フレッシュアイペディアより)

  • 発熱反応

    発熱反応から見た電池電池

    電池の放電(電気エネルギーになる)発熱反応 フレッシュアイペディアより)

359件中 31 - 40件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード