312件中 41 - 50件表示
  • 保証期間

    保証期間から見た電池電池

    製品の部分によって保証する期間が異なる場合がある。たとえば、液晶ディスプレイの保証期間が3年となっていても、パネルおよびバックライトについては1年とただし書きがされていることがある。また、製品付属の電池など、消耗品については保証に含まれないのが普通である。保証期間 フレッシュアイペディアより)

  • 電池パック

    電池パックから見た電池電池

    電池パック(でんちパック)は、電池を取り扱いしやすいように何らかの容器でまとめたもの。バッテリーパックなどとも呼び、ほとんどは、複数の二次電池(充電用電池)で構成されている。電池パック フレッシュアイペディアより)

  • 湿電池

    湿電池から見た電池電池

    湿電池(しつでんち)とは、電解液を液体の状態そのままで使用する電池のこと。近代になり乾電池が主流となるまで一般的に使用されていた電池で、通常は電解液を満たした容器の中に、電極2つ(正極と負極)を浸した形となっている。湿電池 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・ルクランシェ

    ジョルジュ・ルクランシェから見た電池電池

    フランス生まれ。1856年にフランスのグランゼコールの名門校エコール・サントラルに入学し、1860年に卒業する。その後鉄道会社に職を得て、電池の研究を行う。1866年(1867年や1868年とも言われる)に、現在のマンガン乾電池の原形であるルクランシェ電池(Leclanché cell)を発明する。ジョルジュ・ルクランシェ フレッシュアイペディアより)

  • M197機関砲

    M197機関砲から見た電池電池

    M197が実戦配備されたのはAH-1 コブラの配備後であり、登場後すぐに機首下面のユニバーサルターレットに搭載された。また、海兵隊のOV-10ブロンコCOIN機の胴体下面砲塔にも搭載されている。GPU-2/Aガンポッドのベースにもなり、これは当該機関砲と電池、駆動モーター、そして300発のリンクレス弾薬が搭載されている。M197機関砲 フレッシュアイペディアより)

  • マイティフロッグ

    マイティフロッグから見た電池電池

    バッテリーの交換は底面の扉を開けるだけで容易に交換が可能であった。ただし、バッテリーが剥き出しであるため石の多いコースを走るとバッテリーの外装が傷んだ。マイティフロッグ フレッシュアイペディアより)

  • イオン化傾向

    イオン化傾向から見た電池電池

    異なる2種類の金属と電解液とを組み合わせると、電池ができる。このとき、イオン化傾向の大きい方すなわち酸化還元電位がより低い方の金属が負極となり、小さい方すなわち電位が高い方が正極となる。また、2種類の金属のイオン化傾向の差が大きいほど、電池の起電力(取り出せる電圧)は大きくなる。イオン化傾向 フレッシュアイペディアより)

  • 四式四十糎噴進砲

    四式四十糎噴進砲から見た電池電池

    九六式電気門管による電気発火、または九六式摩擦門管による摩擦発火によって推薬に点火した。電気箱はバッテリーの納められた木製の箱であり、「安全」「点検」「発火」の切替装置が付いていた。発火電流は300ミリアンペアであった。四式四十糎噴進砲 フレッシュアイペディアより)

  • グレナディアー (SS-210)

    グレナディアー (SS-210)から見た電池電池

    10月13日、グレナディアーは4回目の哨戒でインドシナ半島方面に向かった。10月29日夜、グレナディアーはトンキン湾口、20時現在の位置に近い、ハイフォンにつながる水路上に機雷を敷設した。11月12日未明、グレナディアーはの地点で輸送船を撃破。直後から護衛艦の反撃を受け、海水が電池を浸して塩素ガスが発生。これを浴びた何名かの乗組員は帰投まで頭痛と吐き気に苦しんだ。11月16日昼ごろ、の地点で次々と煙を発見したグレナディアーは、相手がタンカー1隻を含む6隻の輸送船団である事を確認し、夜に入っての攻撃を決定する。しかし、最終的にはこの輸送船団、サンジャックから馬公に向かっていた第450船団を護衛していた駆逐艦早苗に追い払われた。11月30日の明け方には、のマカッサル海峡で、重巡洋艦と駆逐艦に護衛された龍驤型空母と思われる艦船を発見したものの距離が遠く、グレナディアーは浮上して位置を打電した。12月10日、グレナディアーは58日間の行動を終えてフリーマントルに帰投。艦長がジョン・A・フィッツジェラルド少佐(アナポリス1931年組)に代わった。グレナディアー (SS-210) フレッシュアイペディアより)

  • ポーパス (SS-172)

    ポーパス (SS-172)から見た電池電池

    4月26日、ポーパスは3回目の哨戒で東インド諸島およびセラム島方面に向かった。5月8日午後、ポーパスはアンボン沖で哨戒中の特設駆潜艇第五拓南丸(日本水産、343トン)を発見。夕方、ポーパスは第五拓南丸に向けて魚雷を発射したが回避され、第五拓南丸は反撃に打って出た。第五拓南丸は爆雷を6発投下し、爆発の衝撃でポーパスの鋲を緩め、電池に損傷を与えた。また、発電機も一時停電して操作は人力頼みとなったが、幸いにもこれ以上の被害はなかった。5月10日、ポーパスは5名のパイロットを救助。5月13日から16日にかけてダーウィンに寄港後、真珠湾へ針路を向ける。その後、ポーパスはウェーク島南西方およびポンペイ島近海で、6月5日のミッドウェー海戦で負けて退却してくるであろう2隻の重巡洋艦と2隻の駆逐艦からなる日本艦隊を迎撃するよう命を受けたが、最終的には日本艦隊には遭遇しなかった。6月17日、ポーパスは53日間の行動を終えて真珠湾に帰投。メア・アイランド海軍造船所に回航されて、オーバーホールに入った。その際、攻撃力アップを企図して外装魚雷発射管が装備され、艦橋改修やレーダー設置、エンジン換装なども行われた。ポーパス (SS-172) フレッシュアイペディアより)

312件中 41 - 50件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード