359件中 51 - 60件表示
  • 耐寒性

    耐寒性から見た電池電池

    耐寒性(たいかんせい)は、動物や植物、材料、さらに機械類や電池(バッテリー)に代表される化学反応などが、どれだけの低温に耐えうるか、またはどれだけの寒さの下でも作動するかを示す尺度。生物の場合は、飼育種または栽培種について使われることが多い。耐寒性 フレッシュアイペディアより)

  • Kaypro

    Kayproから見た電池電池

    Kayproの最初のコンピュータ Kaypro II の構成は、2.5 MHz Zilog Z80 マイクロプロセッサ、RAM 64KiB、片面191KBの5.25インチフロッピーディスクドライブ2台、80桁9インチグリーンCRTである。なお、初期には主プリント基板が既存のコンピュータのものを許可なくコピーしたものだと訴えられたことがある。外装はアルミニウム製。キーボードは着脱可能で、本体に収納するときはディスプレイとフロッピーディスクドライブに蓋をするような形となる。普通の交流電源を使い、電池は装備していない。1984年には簡易グラフィック機能付きの Kaypro II がリリースされている。Kaypro フレッシュアイペディアより)

  • 小鶴線

    小鶴線から見た電池電池

    また、この地域は北山杉や京都大学芦生演習林で知られるように林産資源の豊富な地域であり、山陰本線が殿田駅、次いで和知駅まで開業すると、由良川や桂川をいかだ流しで木材をこれらの駅まで運び、出荷していた。このほかにも箪笥や木炭の製造も盛んであったほか、平時には電池の芯や白熱灯のフィラメントとして、戦時には銃砲弾の弾頭として用いられる、マンガンやタングステンといった希少金属の鉱床がこの地域に広く薄く分布しており、鉱山からの搬出も馬車等で殿田、和知の両駅まで行われていた。小鶴線 フレッシュアイペディアより)

  • アールエフ

    アールエフから見た電池電池

    2001年にカプセル内視鏡として"NORIKA3"を発表。NORIKA3は体内でバッテリーが破損した際の影響を考慮し、本体には動力源を設けず、専用のベストを着用した上でベスト内のコイルからマイクロ波で電力を供給する仕組みが採用されている。2005年には次世代カプセル内視鏡として"Sayaka"を発表。Sayakaはカプセルが二重構造となっており、側面にカメラが付いている内側のカプセルが回転しながら撮影をしていく特徴的な製品とされている。いずれもオリンパスの製品とは違い認可を得ておらず、国内外で臨床試験を行ったのみで市販はされていない。アールエフ フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・クヴァント

    シュテファン・クヴァントから見た電池電池

    BMWのほか、製薬会社のアルタナ(Altana)、電池製造のファルタ(VARTA)などを同族会社として所有・支配しており、ドイツの長者番付100位に名を連ねる同家の人物は8名にも達する。シュテファンのほか、母ヨハンナ・クヴァントと実姉ズザンネ・クラッテンも経済誌フォーブスが発表する世界長者番付の常連である。シュテファン・クヴァント フレッシュアイペディアより)

  • 日本でのリサイクル

    日本でのリサイクルから見た電池電池

    日本では古くから紙のリサイクルが行われているが、ほかにもぼろ布、アルミ缶、スチール缶、ガラス、蛍光灯電池類、ペットボトル、タイヤ、食用油などがリサイクルされている。日本でのリサイクル フレッシュアイペディアより)

  • 電源回路

    電源回路から見た電池電池

    電源回路(でんげんかいろ、英語:power supply)とは、入力電力から必要とされる出力電力を生成する電力回路である。電力変換回路とも呼ばれる。入力から出力の間に変換されるものには、電圧・周波数・力率・波形・直流-単相交流-三相交流などがあり、また入出力の絶縁のために用いられることもある。広義では電池も含めることがある。電源回路 フレッシュアイペディアより)

  • 四式四十糎噴進砲

    四式四十糎噴進砲から見た電池電池

    九六式電気門管による電気発火、または九六式摩擦門管による摩擦発火によって推薬に点火した。電気箱はバッテリーの納められた木製の箱であり、「安全」「点検」「発火」の切替装置が付いていた。発火電流は300ミリアンペアであった。四式四十糎噴進砲 フレッシュアイペディアより)

  • SH-08B

    SH-08Bから見た電池電池

    SH-05Aの事実上の後継機種でファッションブランド「EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)」とのコラボレーションモデル。背面は奥行き感のあるグラデーションを施し、メインディスプレイ下にはブランドロゴが、裏面の電池カバー部分には、EMILIO PUCCIのサインを配している。また内蔵コンテンツにも「EMILIO PUCCI」のテイストが取り入れられており、各ボディカラーごとに最適化された内蔵コンテンツを初期状態でセットするなど、ボディカラーごとの世界観の表現にこだわった。コンテンツのデザインは、EMILIO PUCCIとのビデオアートなどのコラボレーションで実績があるフェリーチェ・リモザーニが担当した。SH-08B フレッシュアイペディアより)

  • EP-101

    EP-101から見た電池電池

    EPSON(当時の諏訪精工舎及び、その子会社の信州精器)により開発され、従来のプリンタの約20分の1のサイズを誇る。電池で作動するほどの省電力であり、これだけ((W)163.5×(D)135×(H)102mm)小型化されているにもかかわらず、構造のシンプルさから高い耐久性と信頼性を持っていたため国内外で高く評価された。EP-101 フレッシュアイペディアより)

359件中 51 - 60件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード