359件中 61 - 70件表示
  • 登録修理業者規則

    登録修理業者規則から見た電池電池

    これらのディスプレイ、フレーム、マイク、スピーカー、カメラ、操作ボタン、コネクタ、バイブレータ、電池などの電波の特性に影響を与えないような部分に限られる。登録修理業者規則 フレッシュアイペディアより)

  • LED標識灯

    LED標識灯から見た電池電池

    一般的な製品は点灯部と電池ケースで構成されており、全長は約25〜30cm程度である。点灯部は赤色の透明なプラスチック樹脂で作られており、点灯しない昼間での視認性も高い。点灯部のサイズは約10cm四方程度で形状は一般的には丸に近い形である。LED標識灯 フレッシュアイペディアより)

  • トレードオフ

    トレードオフから見た電池電池

    音や映像のエンコードでは使用する用途による制約も受ける。パソコンによるエンコードでは、品質を重視するかあるいは処理時間を重視するかをアプリケーション開発者もユーザも自由に選択することができ、比較的制約がゆるい。一方、ビデオカメラや放送の送信機器のように実時間以内に必ずエンコードを完了しなければならない用途では、実時間以上にエンコードの時間を増やすことができない。品質と時間の両方をいいところ取りしようとすると、より高い計算能力をもつ処理装置が必要になり、業務用機器のように非常に高価なものになる。また、ビデオカメラでは、高い計算能力をもつ処理装置を使用すると今度は消費電力が大幅に上昇し、これを補うためにバッテリの容量を増やすと今度は重量が増大するといった別の問題も生じ、電源コンセントで使用する据え置き型の機器に比べてさらに厳しい制約を受ける。これらは、時間と品質とは別に、処理性能対コスト、処理性能対消費電力、処理性能対重量のトレードオフの関係にある。このように、使用する目的や条件とさまざまなトレードオフを考慮に入れながら、何を重視しどのようにバランスをとるかを取捨選択していく。トレードオフ フレッシュアイペディアより)

  • 商用電源

    商用電源から見た電池電池

    事業としての電力供給、すなわち商用発電、送電、配電の歴史は、エジソンが1879年に実用的な白熱電球を発明したことに端を発する。当時、一般家庭には電気を使う器具は存在せず、配電事業は行われていなかった。電池は既に存在したが、電灯を点すのに電池を使用するのは繁雑であり、白熱電球による照明を一般に普及させるためには、事業として配電を始める必要があった。商用電源 フレッシュアイペディアより)

  • 直列回路と並列回路

    直列回路と並列回路から見た電池電池

    例えば、2つの豆電球と電池を使った簡単な回路を考えてみよう。電池から伸びた導線が1つの豆電球に接続され、そこから次の豆電球に接続され、最終的に電池に戻るという回路構成は直列回路である。電池から2本の導線が伸びて、それぞれ別の豆電球に繋がり、そこからまた別々に電池に戻る場合、回路構成は並列回路である。直列回路と並列回路 フレッシュアイペディアより)

  • 揮発性メモリ

    揮発性メモリから見た電池電池

    SRAMのようにごくわずかな待機電流(待機電力)で記憶を保持可能な場合(一般に、それが可能なものはデータシートにそのようなモードについて記載がある)、内蔵のキャパシタ and・or 電池によりバッテリーバックアップし、短時間の電源断の場合に、あるいは長期にわたって、記憶を保持させるようなシステムもある。揮発性メモリ フレッシュアイペディアより)

  • DOWAハイテック

    DOWAハイテックから見た電池電池

    DOWAハイテック 株式会社 (どうわハイテック、英文社名:DOWA HIGHTECH CO.,LTD.)は、埼玉県本庄市に本社を置くケミカル品の製造とめっき加工を行うDOWAエレクトロニクスとDOWAメタルテックの関連会社である。電池材料の製造は世界トップシェアを誇る。DOWAハイテック フレッシュアイペディアより)

  • ポリチオフェン

    ポリチオフェンから見た電池電池

    伝導性ポリチオフェン類の利用が計画されたが、商品化はされなかった。可能性のあるアプリケーションに、電界効果トランジスタ、エレクトロルミネセント素子、太陽電池、フォトレジスト、非線形光学素子、電池、ダイオード、そして化学センサーがある。一般に、伝導性ポリマーのアプリケーションには2つのカテゴリーがある。静的アプリケーションは、高分子材料に共通する加工の容易さと材料特性に加え、材料の真性導電率を活用するものである。動的アプリケーションでは、電位の負荷または環境刺激から生じる導電性と光学特性の変化が利用される。ポリチオフェン フレッシュアイペディアより)

  • フレームレス・レーション・ヒーター

    フレームレス・レーション・ヒーターから見た電池電池

    鉄とマグネシウムが食塩水のような電解液のなかで混ざり合うとき、ガルバニ電池となり、電気を発生させることができる。水がヒーターに加えられると、食塩が溶けることで電解液の食塩水となり、鉄とマグネシウムの粒子が小さな電池へと変わる。鉄とマグネシウムの粒子は接触しているため、数千もの小さな電池となり、素早く反応を起こし熱を発生させる。特許保有者はこのプロセスを「Supercorroding Galvanic Cells(超浸食ガルバニ電池)」と名付けた。フレームレス・レーション・ヒーター フレッシュアイペディアより)

  • サーゴ級潜水艦

    サーゴ級潜水艦から見た電池電池

    1936年度に建造されたサーモン級潜水艦の諸性能が、一応アメリカ海軍の望みうるレベルに達したということもあり、1937年度でも引き続いて同型艦6隻が整備されることとなった。その間、潜水艦に必要な各種機器の技術革新は目覚しく、特に多年の懸案であった電池とモーターの進歩が1937年度計画艦に大きく反映される結果となった。サーゴ級潜水艦 フレッシュアイペディアより)

359件中 61 - 70件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード