312件中 71 - 80件表示
  • 絶縁抵抗計

    絶縁抵抗計から見た電池電池

    絶縁抵抗計(ぜつえんていこうけい)は電力回路の絶縁抵抗測定試験に使われる保守点検用電気計測器であり、メガーとも呼ばれる、古くは手回し発電機を内蔵するものもあったが、現在では電池で動作する電池式が一般的である。アナログのものとデジタルのものがある。絶縁抵抗計 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン A-1

    キヤノン A-1から見た電池電池

    反面、当時は全電子制御の一眼レフに一種の抵抗感も存在し、「電池が切れたらただの箱」として敬遠するむきもあった。また消費電力が多いことでも有名で、測光・シャッター制御用の高価な4SR44電池が2?3ヶ月で切れてしまうこともあった。キヤノン A-1 フレッシュアイペディアより)

  • グロウラー (潜水艦)

    グロウラー (潜水艦)から見た電池電池

    2月7日未明、グロウラーはの地点で蓄電池の充電を行っていた。その時、1隻の艦船が接近してきた。艦船との距離は約2,000ヤード(約1,800メートル)で、進路は130度の方角であろうと判断される。この艦船は特務艦早埼であり、横須賀からラバウルに向けてただ1隻で航行中であった。グロウラーの方が先に早埼を発見し、その行動をレーダーにより察知していたものの、艦橋にいたギルモア艦長以下の当直見張り員は気づくのが遅れた。グロウラーは体当たりを企図して反転し、全速力でグロウラーめがけて突入してきた早埼を避けるために、ギルモア艦長は咄嗟に取舵一杯を下令したものの、17ノットの速力が出ていたグロウラーは早埼の中央部に衝突。グロウラーの艦首は5メートルにわたって湾曲し、衝突の衝撃により50度も倒れた。早埼からは高角砲と機銃が乱射された。艦橋は血の海と化し当直見張り員のうち将校と水兵の計2名が即死し、残りも全員負傷した。ギルモア艦長は深手の傷を負い艦橋の手すりに辛うじて寄りかかった。ギルモア艦長は、グロウラーを救うために他の負傷した見張り員を即座に艦内に入るよう命令し、自身も入ろうとしたところでさらに撃たれて負傷した。ついに進退窮まったギルモア艦長は、艦内の乗組員に聞こえるように "Take her down." と命令しつつハッチを外側から閉め、ギルモア艦長は一人艦橋に重傷の身を横たえて絶命した。戦死したギルモア艦長には名誉勲章が授与された。これは、潜水艦部隊に対する将兵へのものとしては6例中最初の受章であった。グロウラー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル (潜水艦)

    ブルーギル (潜水艦)から見た電池電池

    4月1日、ブルーギルは最初の哨戒でミンダナオ島、ハルマヘラ島およびパラオ方面に向かった。ブルーギルには、司令部から「パラオとハルマヘラの間が特に重要である」と念を押されていた。4月27日未明、ブルーギルはソンソロール島の近海を哨戒中、レーダーに大小の目標を探知した。当時、軽巡洋艦夕張と駆逐艦夕月がソンソロール島への陸軍兵の輸送作戦に従事していた。ブルーギルはその2隻を探知したのである。ブルーギルは雨中の中を夕張と夕月の予想進路上に向かい潜航して待ち構えたが、気がつけば夕張と夕月はとっくに通り過ぎてしまい、このときは攻撃は失敗した。ブルーギルはソンソロール島に接近し、陸軍兵を揚陸中の夕月を発見。これを攻撃しようと接近中、視界内に夕張が現れた。夕張は夕月が陸軍兵を揚陸中には周囲で警戒していたが、やがて夕月の揚陸作業が終わったのでパラオへ向かおうとしていたところだった。ブルーギルは諸計算を訂正した上で夕張に対し、距離2,400メートルから魚雷を6本発射して、うち1本だけが夕張に命中した。命中したときはちょうど潜望鏡を下げるところで、下げてから爆発音が3つ聞こえた。夕張は丸一日持ちこたえたが、最終的には4月28日午前にの地点で沈没した。攻撃直後、これも揚陸作業に従事していた駆逐艦五月雨が反撃してきたが何も起こらず、逆に夕月に対して魚雷を4本したが命中しなかった。4月28日午後、ブルーギルはの地点で夕月に対して再び魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった。この時も夕月の爆雷攻撃を受けたが、被害はなかった。5月1日夕刻には、のパラオ西方でダバオに向かっていた陸軍輸送船阿蘇山丸(三井船舶、8,811トン)を発見。阿蘇山丸は東松5号船団に加わってパラオを出港していたが、4月27日にトリガー (USS Trigger, SS-237) の雷撃により大破してパラオに引き返し、仮修理を終えてパラオを出てきたところだった。ブルーギルはの地点で魚雷を4本発射し、うち2本が命中したと確認される。爆雷攻撃を避けたのち、翌5月2日朝に浮上して未だ浮いていた阿蘇山丸に対して砲撃を行い、砲撃後約1時間で阿蘇山丸は沈没していった。続いて5月20日、ブルーギルはのモロタイ水道口で陸軍輸送船宮浦丸(日本郵船、1,856トン)を発見し、魚雷を4本発射する。魚雷は2本が宮浦丸に命中し、可燃物を搭載していた宮浦丸は炎上して間もなく沈没した。2日後の5月22日、ブルーギルはの地点で9隻の輸送船団を発見して接近を試みたが護衛艦の爆雷攻撃で避退し、夕方になって浮上したところ、第九五四航空隊機の爆撃を受けて一時艦の動力が止まり、舵を人力で操作しなくてはならなかった。またレーダーや電池も損傷したが、ブルーギルは応急修理の上哨戒を続けた。6月7日、ブルーギルは67日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。ブルーギル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ギュスターヴ・トルーヴェ

    ギュスターヴ・トルーヴェから見た電池電池

    電動モーターの船外機をつけた電動ボートは1881年5月26日に試験された。5mの長さのボートはセーヌ川で試験され、流れに逆らった時は3.6km/hの速さで、流れに乗った時は、9km/hの速さで航行した。1881年11月に3輪自転車に 0.1馬力のモータを取り付けて走行させ、2次電池を使った最初の電気自動車となった。ギュスターヴ・トルーヴェ フレッシュアイペディアより)

  • 硫酸コバルト(II)

    硫酸コバルト(II)から見た電池電池

    他のコバルト塩と同様、ガラスや陶磁器の彩色用顔料となる他、電池や電気めっき、不可視インク原料としての用途もある。ミネラル補給目的で、飼料に添加される。かつては泡の安定を目的としてビールに添加されたり、貧血の治療薬としても用いられた。硫酸コバルト(II) フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル電池

    ダニエル電池から見た電池電池

    ダニエル電池(-でんち)とはジョン・フレデリック・ダニエルが1836年に発明した電池のことで、起電力1.1Vの化学一次電池である。ダニエル電池 フレッシュアイペディアより)

  • 減極剤

    減極剤から見た電池電池

    減極剤(げんきょくざい)は、電池あるいは内において、分極が起こるのを防止する物質である。おもに酸化剤が用いられる理由は、分極が陰極(負極)から陽極(正極)へ流れてきた電子と水素イオンが結びつくことで起きるからで、これを酸化する働きをもつ。二酸化マンガン、過酸化水素水、二クロム酸カリウム、あるいは酸素など。減極剤 フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・ウィーズリー

    アーサー・ウィーズリーから見た電池電池

    アーサー自身は大のマグル贔屓で、マグルが使用する電池やプラグを集めている。ただしマグルに関する知識は一般の魔法使いより多少マシな程度である。魔法省では「マグル保護法」をはじめマグル関係の法律を幾つか制定しているアーサー・ウィーズリー フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドの物質特性

    ダイヤモンドの物質特性から見た電池電池

    宝石職人や宝石学者はダイヤモンドの高い熱伝導性を応用した熱電極プローブを利用して、ダイヤモンドとそのイミテーションを判別している。1組2本のプローブの先端には高純度の銅が取り付けられ、電池式のサーミスタとして成立する。一方のプローブは熱を発生させ、それを他方のプローブが温度を測定している。もし検査対象がダイヤモンドなら、プローブから発せられた熱エネルギーが、もう一つのプローブで温度変化を瞬時に観測でき、時間にしてわずか2、3秒しか要しない。しかし、1998年にダイヤモンドの熱伝導率に近い炭化ケイ素の熱電極プローブが導入され、将来ダイヤモンドと代替する物質として注目されている。ダイヤモンドの物質特性 フレッシュアイペディアより)

312件中 71 - 80件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード