359件中 71 - 80件表示
  • 多機能化

    多機能化から見た電池電池

    デジタルオーディオプレーヤー付きデジタルカメラは、2000年頃に数社から発売されたものの、当時新しい物好きな人々の注目を集めていたデジタルカメラとデジタルオーディオプレーヤーの両市場にあって、オーディオプレーヤーとして使えばカメラで撮影できる空きメモリ領域を圧迫し、デジタルカメラとしてはプレーヤーが搭載されているため、同等の解像度を持つカメラより頭一つ飛び出た格好の価格となってしまい、更には当時は消費電力の大きすぎる携帯機器であった双方の機能を盛り込んだ結果、電池の持ちも悪かった事が悪評を呼び、両市場に食い込めずに姿を消している。多機能化 フレッシュアイペディアより)

  • 電気伝導体

    電気伝導体から見た電池電池

    銅やアルミニウムといった金属導体では、電子が移動可能な荷電粒子となっている(電流を参照)。移動可能な正の電荷としては、格子内の原子で電子が抜けている部分という形態(正孔)や電池の電解液などにイオンの形で存在する場合がある。不導体が電流を通さないのは移動可能な電荷が少ないためである。電気伝導体 フレッシュアイペディアより)

  • QV-10

    QV-10から見た電池電池

    電池を飲む」といわれたほど、電池寿命が短かった(当時のアルカリ乾電池の性能も一つの要因で、ニッケル水素蓄電池を使用することで改善された)。なお、当時ペンタックスなどのカメラメーカーがデジタルカメラ市場に参入した頃は電池持続時間を延ばすべく主にフィルムカメラに使われるCR123Aというリチウム電池とアルカリ乾電池を併用できる方式をとっていた。CR123Aを使わなかった場合、QV-10よりも電池寿命がくるのが早くなってしまう。(約2枚ほど)。QV-10 フレッシュアイペディアより)

  • マジックインキ

    マジックインキから見た電池電池

    『マジックインキ細書き用』のボディには、発売当初より金属製のチューブが使われている。1970年代後半、ある電池メーカーが液漏れ防止のために「継目のない金属容器」を製造する事を試みていたが、当時一般的であった「深絞り」による方法ではあまりに費用が嵩むことが問題になっていた。同社の担当者は社内の技術研究会で掲示するために模造紙にマジックインキで「量産方法は?」と書き込んだが、その途端自分が握っていたマジックインキを見つめ、自分たちが必要としていた技術が既に実用化されていた事を発見して驚いたとのことである。マジックインキ フレッシュアイペディアより)

  • 54式魚雷

    54式魚雷から見た電池電池

    開発にあたっては、当時の情勢を考慮して音響標的と呼称され、保安庁技術研究本部(技研)の主導のもと、大日本帝国海軍時代に魚雷開発に当たっていた三菱重工業長崎造船所を中心に、誘導システムは日本電気(NEC)、また動力用電池や電動機に関連して国内主要メーカーのほとんどが参加しており、1955年3月に試作機が完成した。なお開発にあたっては、ドイツのG7シリーズの音響誘導魚雷がモデルとされたほか、特に誘導システムに関してはアメリカ製のMk.32短魚雷が参考にされたとされている。54式魚雷 フレッシュアイペディアより)

  • Advanced Configuration and Power Interface

    Advanced Configuration and Power Interfaceから見た電池電池

    必要の無いデバイスへの電源供給を停止したり、使用しないときは自動的にスタンバイ(サスペンド)したりすることにより消費電力を抑えられる。これによりノートパソコンではバッテリーの持続時間が飛躍的に長くなった。Advanced Configuration and Power Interface フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備

    防犯装備から見た電池電池

    これらは、防犯機器でも個人が携帯して犯罪などよりの難を逃れるために利用する道具で、持ち歩くことを前提とするため電池などで駆動するものや、動力を必要としない物品である。ただ、中には実質的に一種の武器(武具)とみなされるものもあるため、単純にこれらを大量に持ち歩いていればそれだけ安全という訳でもなく、逆に無用なトラブルを避ける上では、必要十分にして過剰ではない範囲という面も存在する。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

  • アカツキ電光戦記

    アカツキ電光戦記から見た電池電池

    帝国陸軍軍医。大戦中に複製體研究に携わっていたが、アカツキ復活とともに研究の関係者を抹殺し始める。使用している電光服は電光機関ではなく外部バッテリーを使用する初期型のものである。アカツキ電光戦記 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー貯蔵

    エネルギー貯蔵から見た電池電池

    電気を貯蔵する手段としては、まず電池という電気化学装置が開発された。しかし、容量が小さくコストが高いため、発電システムでの利用は今のところ限定的だった。同様の問題の似たような解決策としてはコンデンサがある。1980年代、空調への電力需要増を満たすため、一部の製造業者は慎重に熱エネルギー貯蔵 (TES) を研究した。今日ではごく少数の企業がTESの製造を行っている。熱エネルギー貯蔵のよくある形式は、氷を貯蔵しておいて冷却する方式である。氷は水よりも少ない量でより多くのエネルギーを貯蔵でき、燃料電池やフライホイールより安価である。熱エネルギー貯蔵は日中のピーク電力需要をギガワット単位でシフトさせ、コストもかからず、35カ国以上の3,300以上の建物で使われている。TESは、夜間の安い電力で氷を作って熱エネルギーを貯蔵し、翌日の日中にその建物の空気を冷やすのにその氷を使う。エネルギー貯蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 絶縁抵抗計

    絶縁抵抗計から見た電池電池

    古くは手回し発電機を内蔵するものもあったが、現在では電池で動作する電池式が一般的である。アナログのものとデジタルのものがある。絶縁抵抗計 フレッシュアイペディアより)

359件中 71 - 80件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード