359件中 81 - 90件表示
  • コントロール・ライン

    コントロール・ラインから見た電池電池

    小型で大容量のリチウム電池とブラシレスモータの出現により、電動模型飛行機の性能は大幅に向上した。電池が重いため機体内に積まずに地上から絶縁した操作ラインを通じて機体に電流を送る方法もあるが、細いラインだと充分な電流が送れないし、太くすると重くなって空気抵抗が増すという問題がある。コントロール・ライン フレッシュアイペディアより)

  • A123・システムズ

    A123・システムズから見た電池電池

    A123システムズは、アメリカ合衆国の電池製造メーカー。2012年10月16日にアメリカ連邦倒産法第11章の適用を申請し、事実上、経営破綻した。A123・システムズ フレッシュアイペディアより)

  • 直流

    直流から見た電池電池

    電池や静電気により発生する電気は直流である。直流電流は金属線のような導体を流れるが、半導体や絶縁体をも流れる。また、真空中であっても陰極線として流れる。真空管やトランジスタ、集積回路は直流電圧で動作する。直流 フレッシュアイペディアより)

  • L-04D

    L-04Dから見た電池電池

    前面にある約1.2インチの有機ELディスプレイには、電池残量・電波状態・無線LAN機器の接続台数に加え、当月利用したデータ使用量をグラフで表示し、あらかじめ設定しておいたデータ使用量まであとどれくらい利用できるかがひと目で確認できる。L-04D フレッシュアイペディアより)

  • 本間充

    本間充から見た電池電池

    三洋電機では米国子会社の副社長を任され、経営者としての素地を磨いた。帰国後は電池事業を率い、リチウムイオン二次電池をシェア首位に導く。三洋電機の副社長を務める傍ら、電池工業会会長を務め、ハイブリッド車や電気自動車向けの二次電池に精通。電池部門で勝ち組だった三洋がパナソニックに買収されると、退任し、官製ファンドの産業革新機構傘下でソニー、日立製作所、東芝の中小型液晶部門を統合し、ジャパンディスプレイ(JDI)が発足すると、同時にCOOに就任したセイコーエプソン出身の有賀修二と二人三脚でJDIの航取りを託された。本間充 フレッシュアイペディアより)

  • NLOS-LS

    NLOS-LSから見た電池電池

    このシステムは発射機と移動司令所、そして発射機に内蔵されるミサイルから構成される。発射機本体は縦横共に1.2m程、高さは2m程で重量1.5トン弱の直方体の塊であり、内部には垂直に15本のミサイル・キャニスターと1本のコンピュータ・通信ユニットが隙間なく収められている。地上、船上、車輌上からの発射が想定されており、特に地上での設置後は無線による遠隔操作以外は人手を必要とせずバッテリーが続く限り発射まで放置できる。内部のキャニスターにはそれぞれ1本のPAM(Precision Attack Missile)が収められており、VLS(Vertical Launching System 垂直発射システム) と同様に発射時には垂直に打ち上げられた後でロケット自身の機動によって目標へ向かう。NLOS-LS フレッシュアイペディアより)

  • 資源ごみ

    資源ごみから見た電池電池

    資源ごみ(しげんごみ)は、一般に再資源化が可能なごみの総称。主に缶・ペットボトル・瓶・紙類・電池・金属塊など。資源ごみは特定の業者に持っていくことによって換金できるものもあり(缶・紙類)、ホームレスの生活費稼ぎの一つにもなっているほか、学校や地域コミュニティで持ち込み募金・車椅子寄贈などを行っているところもある。資源ごみ フレッシュアイペディアより)

  • 結束機

    結束機から見た電池電池

    段ボール箱の梱包などには手持ち式のPPバンドの自動梱包機(自動結束機)が利用されており、バンド溶着・バンド切断などの機能部分は電動の製品が多いが、バンドの締め付けは、手動でレバーを動かす製品と、電動もしくはエアで締め付ける製品がある。また電動タイプにはコード式とバッテリー式がある。梱包機を使用する場合のバンド接合は、熱溶着もしくはバイブレーション溶着が主である。結束機 フレッシュアイペディアより)

  • ダンガンレーサー

    ダンガンレーサーから見た電池電池

    スケールは全車1/32に統一されており、車体のイメージは実車のレコードブレイカーやレーシングバイクを模している。動力は単三型乾電池2本でFA-130サイズのモーター1個を動かし、ギヤーの組み合わせにより、後輪を駆動する。非駆動式の前輪は「スキッドホイール」と呼ばれる球体型の車輪となっている。ダンガンレーサー フレッシュアイペディアより)

  • ルイージ・ガルヴァーニ

    ルイージ・ガルヴァーニから見た電池電池

    ボルタはガルヴァーニの実験からさらに研究を進めて電池を発明した。ガルヴァーニの名はガルバニ電池としても残っているが、ガルヴァーニ本人は電気は生体が発するものだと考えており、電池を作ったわけではない。ガルヴァーニ自身は生気論を尊重していたため、電気を生命の基本要素とは見ていなかった。ガルヴァーニは「動物電気」は筋肉内で発生すると信じていた。同時代人のアレッサンドロ・ボルタは逆に「動物電気」を物理的現象と捉え、2つの異なる金属(メス)をカエルの足を通して触れ合わせることにより発生したと考えた。両者で論争が起こり、1800年のボルタ電池の発明でボルタに軍配があがる。ルイージ・ガルヴァーニ フレッシュアイペディアより)

359件中 81 - 90件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード