前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 電池

    電池から見たマシュー・カルブレイス・ペリー

    1854年(安政元年) ペリーが2度目の渡日の際、将軍への献上品としてボルタ電池4箱を持ち込んだ。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たルイージ・ガルヴァーニ

    1791年 ルイージ・ガルヴァーニ(イタリア)、ガルバニ電池を発見。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たヨハン・ウィルヘルム・リッター

    1802年 物理学者ヨハン・ウィルヘルム・リッター(ドイツ)、小型一次電池を発明。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たジョルジュ・ルクランシェ

    1866年 ジョルジュ・ルクランシェ(フランス)、ルクランシェ電池(マンガン乾電池の原型)を発明。今までの電池で使われていた電解液をゲル状にしたもので、これが現行使われる乾電池の原型となる。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たトーマス・エジソン

    1900年 トーマス・エジソン(米国)、ニッケル・鉄蓄電池を発明。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たアレッサンドロ・ボルタ

    1800年 アレッサンドロ・ボルタ(イタリア)、ボルタ電池を発明。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た佐久間象山

    1849年(嘉永2年) 佐久間象山がオランダのショメール百科全書を参考にして電信実験の為にダニエル電池を作成1。これが日本初の電池となった。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た屋井先蔵

    1887年(明治20年) 屋井先蔵が乾電池の開発に成功する。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た充電

    二次電池は、放電過程では内部の化学エネルギーが電気エネルギーに変換されるが、放電時とは逆方向に電流を流すことで、電気エネルギーを化学エネルギーに変換して「充電」という蓄積が可能な電池であり、一般には「蓄電池」や「充電式電池」と呼ばれる。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た亜鉛

    グラム当量とは、1mol分の質量、つまり原子量の数に等しい数値を、1つの原子あたり反応に関与する電子の量、つまり原子価で割った値を指す。マンガンの例では、原子量が約54.9であり、電池で用いられる場合には原子価は一般に2価であるので、54.9/2=27.45程度になる。同様に亜鉛では32.7ほどになる。これらのことから、マンガン27.45gや亜鉛32.7gを完全に電気分解すると約96,500クーロンの電荷が生じると計算される。電池 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード