62件中 11 - 20件表示
  • 電池

    電池から見た固体高分子形燃料電池

    固体高分子形燃料電池 (PEFC):電解質に水を含む高分子を用いるもの。100℃付近の低温域で使用する電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た放電

    一次電池は、放電と呼ばれる化学エネルギーを電気エネルギーに一方向に変換することのみが一度だけ可能な電池である。一次電池の内、電解質を不織布(セパレーター)に染み込ませるなどの処理をして固体化したものは、一般に乾電池と呼ばれる。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た高分子

    固体高分子形燃料電池 (PEFC):電解質に水を含む高分子を用いるもの。100℃付近の低温域で使用する電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たエネルギー

    電池(でんち)は、何らかのエネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器である。化学反応によって電気を作る「化学電池」と、熱や光といった物理エネルギーから電気を作る「物理電池」の2種類に大別される。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た電力機器

    電池(でんち)は、何らかのエネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器である。化学反応によって電気を作る「化学電池」と、熱や光といった物理エネルギーから電気を作る「物理電池」の2種類に大別される。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た天然ガス

    燃料電池は、メタノールや天然ガス、水素などの燃料から触媒を用いて発電を行う発電装置である。反応に高温を必要とするものが多い。使用する電解質や燃料の種類により以下の5種類に分類される。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たメタノール

    燃料電池は、メタノールや天然ガス、水素などの燃料から触媒を用いて発電を行う発電装置である。反応に高温を必要とするものが多い。使用する電解質や燃料の種類により以下の5種類に分類される。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たエバレディ

    1959年 エバレディ (Eveready)(米国)、アルカリ乾電池を開発。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見た起電力

    化学電池は2つの電極の活物質の電位差によって起電力が生じる。各々の活物質はその物質の濃度や温度などで電極電位が変わるが、標準的な状態での電極電位はそれぞれ一定の値であることが知られている。標準的な状態での電極電位を下表で示す。標準的な状態とは25℃での活量1での値となる。活量が1とは、物質の濃度を示しており、固体と液体はそのまま全量、気体は1気圧であり、溶質はモル濃度が活量にあたる。濃度や温度による電極電位の変動量はネルンストの式によって算出できる。電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電池

    電池から見たクーロン

    電池が供給可能な電力の総量をその電池の「容量」と呼ぶ。基本的に電池の容量は活物質の種類と量に従い、「1グラム当量の物質が析出するのに要する電気量は、物質の種類によらず一定(=ファラデー定数=約96,500 C/mol)である」というファラデーの電気分解の法則によって決まる。電池 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード