電波望遠鏡 ニュース&Wiki etc.

電波望遠鏡(でんぱぼうえんきょう、)は、可視光線を集光して天体を観測する光学式の天体望遠鏡に対して、電波を収束させて天体を観測する装置の総称。これを専門に用いる電波天文学という分野がある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「電波望遠鏡」のつながり調べ

  • 宇宙塵

    宇宙塵から見た電波望遠鏡

    宇宙塵の粒子の大きさは、0.01μmから10μm程度であり、塵自体は地上からは全く見えないが、電磁波を吸収もしくは散乱、反射するので、極めて大規模な集合は様々な星雲として視認される。これらの星雲は、他の星の光を遮ったり、赤外線などを吸収散乱するので天体観測の対象となっている。電波望遠鏡などで観測されているほかにも、探査機によって宇宙塵を採取する試みもある。2006年1月15日にはアメリカのNASAがスターダスト探査機を使ってヴィルト第2彗星の宇宙塵を地球に持ち帰ることに世界で初めて成功した。また、ロケットや気球などを飛ばして高層大気中から実際に宇宙塵を採取し、分析する試みも始まっている。(宇宙塵 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ11号

    アポロ11号から見た電波望遠鏡

    アームストロングが足下を確認しながら9段のはしごを下っている間、マイクロフォンは彼の息づかいをはっきりととらえていた。脚の横に設置されている撮影機器のDの形をしたリングを引くと、低速度走査テレビジョンのカメラが始動し、はしごを下りるアームストロングの姿が映し出された。しかしこの映像はテレビ中継の規格には適合しなかったため、本放送では画質が劣る従来型のカメラで撮影された映像が表示されていた。信号はアメリカのゴールドストーン基地が受信していたが、オーストラリアの中継基地が受信していたもののほうがより鮮明だった。数分後、中継基地はより感度が良好な、オーストラリアのパークス天文台の電波望遠鏡に移行された。(アポロ11号 フレッシュアイペディアより)

「電波望遠鏡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「電波望遠鏡」のニューストピックワード