前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示
  • アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計

    アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(, ALMA, アルマ)とはチリ・アタカマ砂漠に建設中の、次世代大型電波干渉計である。2002年から建設が始まっており、完成予定は2011年であり運用開始予定は2012年となっている。アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計 フレッシュアイペディアより)

  • グロート・レーバー

    グロート・レーバーから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    グロート・レーバー(Grote Reber, 1911年12月22日 - 2002年12月20日)は、アメリカ合衆国の天文学者。電波天文学のパイオニアである。自作の電波望遠鏡で全天の観測を行い多くの電波源を発見した。グロート・レーバー フレッシュアイペディアより)

  • ハーバード・スミソニアン天体物理学センター

    ハーバード・スミソニアン天体物理学センターから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    CfAはおよそ300名の研究者を擁し、光学望遠鏡、電波望遠鏡、宇宙望遠鏡を用いた天文学研究を行っている。下記に挙げたものがCfAが関与するプロジェクトである。いずれも、世界各地の大学や研究機関との協力のもとに運営されている。ハーバード・スミソニアン天体物理学センター フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・オールト

    ヤン・オールトから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ヤン・ヘンドリック・オールト(Jan Hendrik Oort、1900年4月28日 - 1992年11月5日)は、オランダの天文学者・天体物理学者。まれにオーアトと表記されることもある。恒星の運動を統計的に研究し、銀河系にある恒星が地球から見ていて座方向にある一点を中心に公転していることを示し、さらに電波望遠鏡を用いて銀河系の渦巻き構造を明らかにした。また、長周期彗星の源としてオールトの雲の存在を提唱したことでも知られる。ヤン・オールト フレッシュアイペディアより)

  • 法月惣次郎

    法月惣次郎から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    静岡県焼津市生まれ。鉄工所を経営するかたわら、日本初のパラボラ式電波望遠鏡の製作をはじめとし、約400台の望遠鏡を作った。その多くが天文台、研究所、大学で使用され、日本の天文学を支えた。「日本には、秘密の精密工場があるに違いない」と、世界中の技術者に言わしめた、天体望遠鏡製作の世界的権威であったが、本人は生涯を職人気質で通した。大胆かつ緻密な手法に、世界中の天文学者、技術者からの信頼を得ていた。法月惣次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ベル研究所

    ベル研究所から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ベル研究所の絶頂期には、その施設は当時としては最先端であり、様々な革新的技術(電波望遠鏡、トランジスタ、レーザー、情報理論、UNIXオペレーティングシステム、C言語など)を開発していた。ベル研究所での研究により、これまでに7つのノーベル賞を獲得している。ベル研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 天文台

    天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    天文台の立地条件としては、天体からの微かな光を観測するために、市街地から離れた光害のない暗い場所を選ぶことが絶対条件である。また、晴天率が高いこと、気流が安定していること、広い視界を確保できる地形であることも求められる。そのため、近年の大型望遠鏡を擁する天文台はハワイのマウナケア山頂やチリのアンデス山脈、カナリア諸島などの高山に造られることが多い。電波望遠鏡の場合にも、観測を妨げる電波が少ない山間部や砂漠などが選ばれることが多い。天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 水星

    水星から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    このような高温に晒されながら、水星には氷の存在が確認されている。極に近く深いクレーターの中には太陽光が当たらない永久影となる部分があり、温度が102K以下に保たれている。これは1992年、ゴールドストーン深宇宙通信施設の70m電波望遠鏡と超大型干渉電波望遠鏡群 (VLA)が、水の氷による強いレーダー反射を観測して確認された。この反射現象は他にも原因を考えうるが、天文学者は水の氷が存在する可能性が最も高いと考えている。2012年6月、メッセンジャーが撮影した極地の画像により、氷が存在する可能性が裏付けられたと、ジョン・ボブキンス大学などの研究チームが発表した。この氷の量は10-10kg程度であり、レゴリスが覆うことで昇華から防がれていると考えられる。なお、地球の南極に存在する氷は4 kg、火星の南極には10kg程度の水の氷があると言われる。水星の氷の起源は不明だが、彗星の衝突もしくは水星内部からの放出で生まれたという説が有力である。水星 フレッシュアイペディアより)

  • パラボラアンテナ

    パラボラアンテナから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    放物面反射器の口径については家庭用の1m未満のものから衛星通信用の数十m、電波望遠鏡では100mを超えるものまで用途により多彩である。2009年現在、世界最大のディッシュアンテナはアレシボ天文台の直径1,000フィート(約305m)電波望遠鏡であるがその主鏡は球面であるので正確にはパラボラアンテナではない。通常、球面鏡では点としての焦点を持たないがこのアレシボ電波望遠鏡は第三鏡まで持つグレゴリ型の変型であり主鏡、副鏡、第三鏡の合成により点焦点を持つ。パラボラアンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 月の植民

    月の植民から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    近接するシャクルトンクレーター (116km) に電力と通信手段を提供できる。このクレーターは天体観測に潜在的に貴重である。赤外線観測にとっては非常に低い温度という利点があり、電波望遠鏡にとっても地球の電波干渉から保護されるという利点がある。月の植民 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード